今日のリンク

ユーチューブに警察無線の音声か 警視庁が経緯捜査 – 産経ニュース 警察無線は昭和59年の「グリコ・森永事件」などで犯人側が傍受したことがきっかけとなり、アナログ方式から傍受が困難なデジタル方式に切り替えられた。しかし平成10年に警視庁公安部が摘発した革マル派の「浦安アジト」(千葉県浦安市)で傍受されていたことが発覚するなどし、警察当局は無線装備の改良や運用の改善を続けてきた。
警察無線がユーチューブに投稿(共同通信) – Yahoo!ニュース 警視庁の警察無線の音声が11月、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されていたことが8日、警視庁への取材で分かった。2009年に起きたひき逃げ事件のやりとりで、関係する車のナンバーや所有者の名前などの個人情報が含まれていた。警視庁はサイトを運営するグーグルに依頼し、8日までに削除された。
続きを読む 今日のリンク