今日のリンク

景気後退の予兆か 米で国債「長短金利逆転」現象 投資家の不安呼ぶ – 毎日新聞 米国債市場で、償還(返済)までの期間が長い国債の利回りが、短い国債の利回りを下回る「長短金利逆転(逆イールド)」と呼ばれる現象が起きた。長短金利の接近や逆転は景気後退の予兆とされるため、投資家の不安心理を呼び、株式市場の不安定化につながっている。

English Aya Pod: 英語でトリビア Part1 (リピリス編)
続きを読む 今日のリンク