今日のリンク

人間到る所青山あり(ジンカンイタルトコロセイザンアリ)とは – コトバンク人間(にんげん)到(いた)る所(ところ)青山(せいざん)あり
《幕末の僧、月性(げっしょう)の「清狂遺稿」から》故郷ばかりが骨を埋めるべき土地ではない。大志を抱いて、郷里を出て大いに活動すべきである。→青山(せいざん)

「あみだくじ」実は不公平!?知っている人だけが得をする引き方は(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 一般的に、当たりが見えているあみだくじでは、当たりの真上が、当せん確率が一番高くなるといわれています。逆に当たりの場所から左右に離れていくほど、当せん確率は下がります。当たる確率をグラフに描くと、当たりの場所が一番高い山のようなかたちになるそうです。

ワインがチューハイに負けて迎える「踊り場」(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース 「低価格ワインを単に“安価なアルコール飲料”とみていた層が、より安価な酒類に流れている」(中小輸入業者)。
 その筆頭が、ハイボールやカクテルを含む缶チューハイだ。味の種類が豊富にあり、価格も手頃で飲みやすい。ある大手酒販店のバイヤーは「購買データを見ると、明らかにチューハイへのシフトが進んできている」と話す。

天皇陛下きょう誕生日 声震わせ感謝の思い(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えられた。来年春に退位を控え、平成最後の誕生日会見で、陛下は、今の心境をこみ上げる思いとともに述べられた。
「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」
天皇陛下は、85歳の誕生日にあたっての記者会見で、天皇としてのこれまでを振り返りながら、戦後の日本の道のりとともに、苦難の歴史を歩んだ沖縄や平和への思いを述べられた。また、在位中にたびたび起きた自然災害に対する悲しみ、長く心を寄せてきた「障害者スポーツ」や「日系の人たち」への思いについても、これからの願いを込めて語られた。
そして、共に歩んできた皇后さまと、国民に対して、声を震わせながら感謝の気持ちを伝えられた。

国連分担金で日中逆転 中国2位浮上、日本に逆風(産経新聞) – Yahoo!ニュース 日本は2016~18年に9・68%を負担してきたが、8・56%に低下する。一方、7・92%だった中国は12・01%に上昇する。1位の米国は従来通り、上限の22%を負担する。
 日本は1956年の国連加盟後、経済成長を示す形で分担率を高め、83年に初めて10%を突破。ピークの2000年には20・57%に達したが、経済の低成長を背景に低下していた。

<伝統技術×革新>自給率わずか3%、危機の国産漆 常識破りの機械化で守る(岩手日報) – Yahoo!ニュース 漆の木は通常、種まきから漆かきができる太さに育つまで最低約10年かかる。それを、職人が「カンナ」で少しずつ樹皮に傷をつけ、漆の液を採る。職人は通常、年間で1人当たり300~400本の木を手掛けるが、1本の木から採れる漆はコップ1杯と希少だ。10年以上かけて育てた木は、漆を採り終わると伐採され、計画的に植えなければとても追い付かない。
◇「国産漆を守るため」驚きの発想
 そこで、松沢さんが模索しているのが「機械によって漆を採取する」という画期的な発想だ。
 機械化によって見込まれるメリットは「漆かき作業」の省力化と「漆の木を育てる時間」の短縮の二つ。従来の10年以上と比べて、5年ほどの木でも樹液を採れるようになる。そこには、職人が手作業で採った良質な漆に加えて「少しでも国産漆の割合を増やしたい」という強い願いが込められている。
<伝統技術×革新>自給率わずか3%、危機の国産漆 常識破りの機械化で守る
沖縄工業高専の伊東繁名誉教授が開発した技術を活用し、機械によって漆液の抽出を目指す。現在は自給率3%しかない国産漆の量産を目的としている
 機械は、沖縄工業高専(沖縄県)の伊東繁名誉教授が開発した「衝撃波破砕技術」を活用。木の表面や枝などを衝撃波処理装置により細胞レベルまで細かく砕き、漆液のみを取り出す。
 数年前、同校がこの技術を活用し、岩手県産の果実「北限のゆず」から香りやポリフェノールなどの成分を効率良く抽出する実験を実施。松沢さんが「これを漆かきにも使えないか」と相談を持ちかけ、実証実験がスタートした。
 沖縄県内で実験が進んでおり、すでに漆液の採取が確認されている。今後の課題は水分量を減らすなど質の向上。18年度内の実現を目指して、年明けにも岩手県内に機械を運び込んで検証を進める。軌道に乗れば20年後をめどに、国産の自給率を現状の3%から過半数以上に引き上げることができ、文化財保護にも活用できると見込んでいる。

NORADのサンタ追跡サービスは政府が閉鎖しても継続(TechCrunch Japan) – Yahoo!ニュースこの伝統のすべては、ある新聞に載った広告の中の電話番号の誤植から始まった。その広告の中ではサンタが、「さあ、子どもたち、私に直接電話しなさい、番号を間違えないようにね」と言っていた。1955年の12月24日にある子が電話をしたら、コロラド州コロラドスプリングスにあるCONADのオペレーションセンターにつながった。
その夜、宿直を担当していたのHarry Shoup大佐が、電話に答えた。しかしその夜電話をしたのは、その子だけではなかった。Shoupはオペレーターたちに、サンタクロースの位置を見つけてそれを電話してきたすべての子どもに伝えるよう命じた。そして、その毎年の伝統が始まった。

南青山はそれほど高級か?児相問題で不動産のプロが語る「田町より格下だった青山」(週刊SPA!) – Yahoo!ニュース でも、それをメディアに報道されればされるほど『青山の人たちってあんなに反対するんだ』と、価値を自ら下げていると思います。
価格的にはすぐに影響が出ることはないと思いますが、購入者は『住みたい気持ち』を最優先するので、心理的な流動性という意味では少し(価値下落の)キッカケになるかなと感じます。でも個人的には、虐待されて頼る所がない子供達が『青山に来られたら価値が下がる』と大人たちに反対され、傷ついていると思うのでケアして欲しいです。
  児童相談所に寄せられる相談件数は、富裕層が集まる港区ですら年間1000件近く、全国では年間13万以上もあるのに、社会がその受け皿を拒否するのは悲しいですね」(ようすけ氏)
 DJあかい氏によると、青山ブランドの歴史は浅く、かつては田町のほうが格上だったという。
「青山は、江戸時代でも明治・大正でも街外れの場所で、だからこそ青山霊園みたいなでっかい墓地ができたわけです。青山の地名はこの地に屋敷があった大名からとってるのですが、墓地に青山とはなかなかシャレが効いてますよね(僧月性の、人間到る処青山あり、の言葉でも知られるように「青山(せいざん)」とは墓地を指す)。
 青山の住民が『児童相談所を作るなら田町とかあるのに…』と言いましたが、江戸時代には田町の方が薩摩藩邸などがあり、格式が高かったわけです。勝海舟・西郷隆盛会見の地薩摩藩蔵屋敷は今の三菱自動車本社だし、薩摩藩上屋敷は今のNECとセレスティンホテルで、どれも田町です。

年賀状、年内いつまでに投函すれば元旦に届く? 4月20日にも抽選あり | ハフポスト年賀状の引き受けが、12月15日から全国一斉に始まった。元旦に届けるためには、25日(火)までに投函してほしいと日本郵便は呼びかけている。

27万3000mAhの超大容量ポータブルバッテリー「SOLIFE」、Makuakeで出資募集中。12月27日まで – Engadget 日本版容量が大きいだけに価格もそれなりで、最低出資額は14万8000円から。純正ソーラーパネルがセットになった16万9000円のコースが人気のようです。それでもすでに目標額はクリアしており、2019年2月末までに配送予定となっています。

コメントを残す