今日のリンク

災害大国ニッポン、だからこそ国際水準の「公助」を 難民キャンプ以下の体育館・段ボールの避難所を変える備蓄に – イノウエヨシオ (1/2) 国際的には、災害時や難民などに対応する国際赤十字の基準(ソフィア基準)があり、それを基にして国が備蓄してソフィア基準が順守できる体制をとっている。同じく地震大国のイタリア地震などでは、例えば2009年4月のイタリア中部ラクイラ地震では、約6万人以上が家を失ったが、国の官庁である「市民保護局」が避難所の設営や生活支援を主導し、初動48時間以内に6人用のテント約3000張(1万8000人分)が設置、最終的にはテントは約6000張(3万6000人分)が行きわたったという。しかも、このテントは約10畳の広さで、電化されてエアコン付きである。各地にテント村が形成され、バス・トイレのコンテナも設置される。ただし、このテント村に避難したのは約2万8000人であり、それより多い約3万4000人がホテルでの避難を指示された。もちろん公費による宿泊である。
 アメリカなどでも、宿泊できる移動車両(キャンピングカー)などを大量に輸送して避難所として活用している。
 実は日本での避難所生活は、人口密度の多さと相まって、難民キャンプ以下の劣悪な状況になっているとも言われる。いつまでも体育館に段ボールではダメなのだとはっきりと認識を持ちたい。

大坂、日本人初の4大大会制覇!苛立ちラケット壊したセリーナにストレート完勝(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース テニスの全米オープンは8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20=日清食品)が元世界1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。6―2、6―4のストレート勝ちを収め、日本選手として初の4大大会制覇を果たした。
大坂、セリーナ撃破後に米紙を興奮させたある行動とは? 「リアクションは完璧」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「私はコートに立つことに極限までナーバスになっていたの。みんな知らないかもしれないけれど、セリーナは私のお気に入りの選手なの。彼女と戦うことが私にとって夢がかなったこと。彼女とプレーできたことに感謝しています。勝つことができて、なお良かったです」
「ナオミ・オオサカはマイアミ・オープンでセリーナ・ウィリアムズを倒すと最も偉大なリアクションを見せる」と特集したのは米地元紙「USAトゥデー」だった。
「若きスターは陽気なインタビューで知られているが、ウィリアムズを倒した後も謙虚だった。そして、ツイッターでのリアクションは完璧だった」
 記事では試合終了後、ほどなく大坂が更新したツイッターを紹介。ネット越しに笑顔のセリーナと握手を交わし、健闘を称えあう写真とともに、「Omg」の3文字をつづった。これは「Oh My God」(なんてことなの)の略語。わずか3文字で憧れだった女王との対決の感動を、簡潔に表現した大坂のツイートを「完璧」と評価している。
続きを読む 今日のリンク