今日のリンク

サーバー移転時に2011.5-12と2008.6-12が入ってないことに先ほど気がつき、2012のバックアップから復元してみた。投稿数は、 すべて (3,155) | 公開済み (3,081) | 下書き (1) | 非公開 (73) 。

警察庁、「OpenSSL」のバグを狙ったアクセス増加で警鐘 – インターネットコム警察庁は対策として、まず OpenSSL の利用状況を確認し、可能な限り早く、脆弱性を修正した最新版に切り替えるよう呼びかけている。 また、脆弱性のある状態で、暗号化通信のための「SSL 証明書」を発行していた場合は、それを失効させ、再発行することも促している。

標的型攻撃、脅威の手口 – メールは“危ない”:ITpro 特定の企業や組織を狙った「標的型攻撃」が後を絶たない。攻撃者は、標的とした企業・組織の従業員に対して、ウイルス(マルウエア)を添付したメールを送信。従業員がウイルスを実行すると、PCがウイルスに感染し、攻撃者に乗っ取られてしまう(図1)。そして、攻撃者はウイルスを使って社内ネットワークを調査し、機密情報を見つけて盗み出す。

キシリトールが売れると歯医者さんが儲かるのはなぜ? 訣別、消費者だけを見るマーケティング|マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー|ダイヤモンド・オンライン

 さてどうしたものか。いろいろと調べるうちに、キシリトールを普及させるにあたっては、歯の健康の専門家である歯科医とのコンセンサスが欠かせないと、私は気が付きました。そこで、歯科診療の現場について徹底的に調査を行うことにしたのです。すると、歯科医のマジョリティは、「むし歯の予防が進めば患者が減って、自分たちの仕事も減ってしまうのではないか」と考えていることがわかりました。

 いわく、むし歯治療を必要としている人は、恒常的に人口の1割程度といわれており、残りの9割は、むし歯治療のために歯科に行く必要はありません。また、むし歯を治した人が、その歯の詰め物が取れるなどして次に歯科を訪ねるまでには3~5年ほどかかるそうです。そういう意味では、患者数およびリピート率は決して高くありません。

 一方「予防型」の歯科医は、むし歯を持たない9割の人を相手に仕事をしているのです。よって、そのビジネススタイルは治療メインではなく、むし歯にならないためのチェックアップ業務であり、 「半年に一度は定期検診を」というスタイルで仕事をしているのです。もちろん、こうした定期健診でむし歯や歯周病なども発見できますから、その際は治療も発生します。

私は、「歯科医での定期検診時に測定器でむし歯菌の数を測る」→「キシリトールガムを試してもらう」→「その結果を半年後に再度測定する」というサイクルで来院者を囲い込むビジネスモデルを、キシリトールの本格的国内販売に先駆け、3年がかりで立ち上げたのです。

 これによって、歯科医には、むし歯菌測定で収入を得るという新しいビジネスモデルが生まれましたし、そこで用いる測定器具もキシリトールガムも売れました。さらには、半年後の測定でむし歯菌が減ったことがわかった場合、来院者は、歯の健康が実感できるというわけです。こうして、4者がベネフィットを得る「Win-Win-Win-Win」のモデルが構築されました。こうしたモデルが浸透することで、日本のキシリトール関連製品市場は、その後2000億円超にまで拡大したのです。

「モノやサービスをつくって売る」行為には、リサーチ、開発、デザイン、生産、販売、プロモーションなどさまざまな活動が連携しており、本来は、関連するすべてのステークホルダーを巻き込んでいくことが必要なのです。そして、ステークホルダーたちを巻き込んでいくには、事業に関わるすべての人が幸せになれるストーリーの創造が欠かせません。

これは良い。これを参考にすれば、糖質制限と糖尿病学会の関係をWin-Winにすることができるかもしれない。注目するのは、旧来の虫歯治療歯科医のビジネスモデルとは異なる、新しいビジネスモデルを提唱していることである。たとえばこういうのが一案。
医師のタイプ 従来型糖尿病治療医師 新型健康指導医師
顧客のタイプ 糖尿病患者だけが顧客 糖尿病患者だけでなく糖尿病予備軍を含む健常者も顧客
治療のタイプ インシュリン投与など 投薬だけでなく、糖質制限指導&血糖値コントロール&体脂肪などの体質コントロール

従来型では患者数は糖尿病患者に限定されるが、新型では予備軍を含むので、かなり増えるだろう。
つまり、従来型では、医者だけがWinで患者は悲惨な状況に陥るのが欠点であるが、新型では医師患者がWin-Winとなることを目指す。
医師のWin 高価な治療の報酬*患者数 安価な指導料金*患者数の何倍かの顧客数
患者のWin なし 糖尿病関連疾患の未然防止

20140415追記 糖尿病の総患者数は約237万人 厚生労働省「平成20年 患者調査の概況」より:日本医療・健康情報研究所-調査・統計 を参考にすると、一日で糖尿病で治療される患者数は外来18万8千人と入院2万6200人の合計約20万人/日。糖尿病を否定できない人を含めた予備軍は1320万人+890万人=約2000万人。
ここで、約2000万人が半年に一度受診するなら、開院200日として10万人/日になる。つまり、軽い検診だけの顧客数では現在の半分(10万人)だけになる。これでは、高価な治療薬を継続的に処方する現在の患者(20万人)の方がはるかに大規模で、売り上げも大きいであろう。
ただし、237万人の患者たちは多分長生きしないと想定されるが、軽い検診だけの2000万人は寿命を延ばす可能性が高い。それを、どう計算に入れられるか?
ここでの試算では、まだWin-Winにはなりそうもないので、全体の保険料低減を図る目的で厚生労働省にがんばってもらうしかないかもしれない。
その上に、医薬品業界、砂糖業界、小麦粉業界、お菓子業界、米業界と、どれを見ても屈強の業界が旧モデルの後ろ盾になるとすると、新ビジネスモデルの行く末が明るいと言うにはかなりの努力が必要である。医薬品業界には、血糖値自己測定を一般人に普及させることで、砂糖業界には血糖値を上げない甘味料で、小麦粉業界には小麦に代わるおいしい粉物で、お菓子業界も同様に、米業界には大豆とかの米に代わるもので、寿司、うどん、そば、などの外食産業も代替食品で、それぞれがんばってもらいたいものである。

続きを読む 今日のリンク