今日のリンク

264 インターネット・ガバナンス (その1) « 千秋日記

元来、インターネットは自由でオープンな情報交流を目指して構築され、今日の世界経済の発展に大きく貢献してきたが、一方で、児童ポルノや麻薬取引、マネーロンダリングなど犯罪に絡む影の部分をどう排除するか? あるいは、悪意を持った攻撃、特に特定の政府組織や企業を狙ったサイバーテロを、どのように防ぐか?という課題を持っている。

こうしたセキュリティ確保という課題に関して日本・EU・米国を中心とする先進国と中国・ロシア・アフリカ・アラブという新興国・途上国が対立した立場にある。特に、これまでインターネットには関わってこなかった国連配下の国際電気通信連合(ITU)の2012年12月の会合にて、インターネットセキュリティ確保に向けて国際電気通信規則(ITR)の改正が議論された。これまで、ITUでの規則改定では全員一致が原則だったにも関わらず、先進国と途上国・新興国との激しい対立の中、異例の投票によって改正ITRが成立してしまった。現在、この改正ITRへの署名国は89ヶ国であるが、米国、EU、日本を中心とする先進国55ヵ国は署名を拒否している。この結果、ITUはインターネット・ガバナンスに関して完全に指導力を失ってしまった。

265 インターネット・ガバナンス (その2) « 千秋日記

また、シュミット氏は、今後の戦争は「Cold War」から「Code War」になると言う。冷戦からソフトウエアによる戦争へと向かう、即ちサイバー戦争時代への突入である。これは極めて深刻で、どんなに堅固なセキュリティの壁も、たった150行のプログラムで侵入し、システムを破壊できるのに、それを防ぐためには何千万行のプログラムを書いても完璧に守ることは出来ないという。

総務省|「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会第一次とりまとめ」及び意見募集の結果の公表

WordPress › Custom Field Template « WordPress Plugins
Sitemap Generator Plugin for WordPress · Dagon Design
WordPress › Breadcrumb NavXT « WordPress Plugins
WordPress › Search Everything « WordPress Plugins
WordPress › WP-PageNavi « WordPress Plugins
WordPress Plugins/JSeries » Ktai Style (携帯対応プラグイン)
WordPress › WPtouch Mobile Plugin « WordPress Plugins

続きを読む 今日のリンク