往復歩き二日目

歩き始めてから5分から10分ぐらいで体は温まる。少し汗ばむ位になる。歩いて30分ぐらいで、暑くなるので、最初に羽織っているレインコート上着をとる。ここらが調整がうまくいかない。汗は出ているのだが、寒くもある。
帰りに暗い道を通るので、汗をかくけれど、目立つ色のレインコート上着を脱ぐ気になれない。まだまだ、歩き初心者としては、悩みは多いのでした。

今の季節なら、行きでも歩けるが、春になり、暑くなってくれば大汗をかく訳にもいかず。帰りだけの歩きにせざるを得なくなる。今のうちに歩きを稼ぐことなのかな。

往復フル歩き

良い天気だったので、朝と夕を全部歩いてしまった。両方とも最初からそのつもりで歩き始めたのでは無かったのだけれど、まあ、勢いかな。トータルで約二時間の速歩だから、結構ダイエット効果は期待できると思う。

気がつくと、歩いている人に、それも中年男性に、私がかぶるような
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81289/images/06ss-mc018aa.jpg
ソフトタイプハットをかぶる人がかなり居る。今までは見えていなかっただけなのか、最近増えたのか、どっちだろ。

桜とメジロ

今日は晴れ間が見えたので、桜の様子を見に行きましたが、牡丹町あたりの大横川はまだまだ。そこで清澄通りを北に行くと、清澄庭園の直前でこんな像が座っています。s-p1090693.jpg
採茶庵跡とかで、すぐ横から、芭蕉の俳句を立て札に書いて立ててあるところがあります。

そこを通り過ぎ、清澄庭園の西側が、清澄公園とやらになっているのですが、そこにわずか咲いている花がこれ。s-p1090696.jpg
この花をさかんについばんでいたのが、このメジロです。s-p1090706_edited.jpg

少し西にはこんな、セメント発祥の地とかがあります。s-p1090720.jpg

途中、桜をあきらめて図書館に入って雨宿りなどした後、帰りに、近所のひばり橋のたもとの家の庭にもメジロが、たった一本咲いている桜をついばんでいます。s-p1090745.jpg

実は、この場所で、毎朝ウグイスの声が聞こえるのです。ウグイスがこの場所に居るのは間違いありません。しかし、見えない。そして見つかるのはこのメジロです。そこでウグイスとメジロとで検索しますと、wikipediaでメジロの項で明解でした。以下、引用
ウグイスとの混同

前述のとおり、メジロは梅の花蜜に目がなく、早春には梅の花を求めて集まってくる。また比較的警戒心が緩く、姿を観察しやすい。

いっぽう、梅が咲く頃によく通る声でさえずりはじめるウグイスは警戒心がとても強く、声は聞こえど姿は見せず、薮の中からめったに出てこない。またウグイスは主に虫や木の実などを食べ、花蜜を吸うことはめったにない。
以上、引用。
まあ、かわいいから、どっちも良いです。

シンクライアントのメモリ限界

OSでのメモリ限界は、Windows XPで最大4GBだそうだ、ただしこれは32ビット版の限界で、64ビット版はもっと大きい。しかし、現実のマシンでは2GB程度が多いように見える。
シンクライアントならどうなのか、今日はこの限界が少し見えた。

元々のシンクライアントでは、NECのサイト http://www.nec.co.jp/clsolo2/system.html
で見たとろこによれば、3つの方式があり、それぞれ長短がある。
一つは、仮想PC型。PC環境を仮想化してサーバに格納する形態で、VMwareなど。
* OA用途 * 全業種
* PC1台分を個々のユーザに提供
* リソース最適配分を実現
* 優れた耐障害性でダウンタイムを極小化
* 短時間で移行や新規PC追加が可能

* AP制約(リッチコンテンツ対応)
* 周辺機器(USB)利用制約
* サーバ負荷が高い

もう一つは、ネットブート型。Ardenceなど。OS、APともサーバからロードし、端末のメモリに展開。使用後は自動消去。
* CAD/CG等エンジニアリング
* 設計部門、教育機関等

* AP制約なし
* 周辺機器利用制約なし
* AP追加やパッチ適用が容易
* サーバ負荷が少ない
* 端末のパワーをフル活用

* 高速回線が必要(100M)
* 複数の端末環境ではサーバ管理が煩雑

最後は、画面転送型、SunRayなど。アプリケーション実行をサーバに集約
* Solaris環境への適用
* Linux環境への提供

* ICカードによるモビリティ
* 実績が豊富(Solaris環境)

* Windows環境には不向き(サーバ、ミドルAW追加必要)
* AP制約(リッチコンテンツ対応)
* サーバ負荷が高い

とか、何とSunRayはWindows環境に不向きと明記してある。それと比べるとネットブート型のはエンジニアリングを挙げてあって、そうか、と思われる。それはさておき、
Ardenceでメモリが2GB最大なのだそうで、これがネックになるかもしれないアプリに出会ってしまったのである。何でそんな制限にしてしまったのかな?困ったものだ。

security show 2007に行ってきた

今日は良い天気だったし、午後からビッグサイトに行ってきた。
印象である。
随分とカメラ関係が多い。指紋認証とか顔画像認証とか、一杯出てきた。それぞれ、性能向上は著しい。既に普及の段階に入ったと見て良い。
つまり、単に出来る、というだけでなく、実用上不可欠な事柄が織り込まれて来ているのである。例えばオムロンの顔のことで言えば、写す角度が多少変わっても大丈夫とか、NECなどで顔切り出しが多数を高速で可能とか、である。
しかし、それだけで、これはすごい、と言うのが無い。何となく、要素技術は進みつつあるけれど、統合するのが不足というか、何となく些末なのである。これでは世界に勝てないのではなかろうか。

ビッグサイトの別会場で照明とか建築関係もやっていたのを覗いたのであるが、会場にもよるが、セキュリティショウの会場よりも、はるかに歩き抜けるのが困難なのに気がついた。混み方がもっと多いのである。人の動きの違いもあるかもしれない。随分と立ち止まって話ししているのが多いのだ。セキュリティショウは、モノを見るとか、説明を聞く、列に並ぶ、が多かった。結構違うものだ。

データベースの壊れる時

随分前の話を思い出しました。結構大きなデータベースで、壊れる時にはインデックスが壊れるのです。対策として、バグ取りとかは当然切りがないので、容量アップだけになるのでした。それで当初の容量の倍以上に増強して、やっと少し収まる。でも問題は続くのです。結局は取り替えるしかない。
つい、思い出しました。
大きなベンダーなのですが、ベンダーの担当に女性が混じっていて、困ったことに、こちらの担当(もちろん私ではない)が文句を言った後に廊下でしくしく泣いていたのを思い出しました。かわいそうにね。現場が悪いのではなくて、ベンダーのシステム構想が悪かったのですよ。
そもそもデータベースを適用すべき場面と、そうでない場面があると私は思います。検索、更新、排他制御など、複雑にせざるを得ないケースはデータベース。それ以外の、単純な集積と検索は、簡単なのが良いと思っています。それを何でもかんでもデータベース、というのは良くない。

DVD4つゲット

バスで結構順調に帰ってみると、ぎゃお優待のDVD4つが到着していた。額面で約1万2千円になるのだが、値下がり分は到底カバー出来ていない。おまけに、頼んだものが在庫無くて在庫豊富な代わりのを送ります、とか書いてある。リトル・ランナー、シン・シティ、七人のマッハ、ノエル、の四つ。さて、何だったっけ、それぞれamazon.comの説明から引用。

リトル・ランナー マラソンを通して親子の絆を描いた感動のドラマ。学校では問題児のラルフ。ある日、彼の母親が入院中に昏睡状態に陥る。「奇跡でも起きない限り目覚めない」と医者に宣告されたラルフは奇跡を実現させるため、ボストンマラソン優勝に挑む。

シン・シティ  「キル・ビル」シリーズのクエンティン・タランティーノを特別監督に迎えて描くアクション。犯罪以外には何もない街“シン・シティ”で、絶滅したはずの愛と出会った3人の男たちが、自らの命を賭して悪の権力に立ち向かっていく。特典ディスク付き。

七人のマッハ  「マッハ!」の製作チームがタイ全土から募った本物のトップアスリートを配して贈る痛快アクション。麻薬王を逮捕した国家特殊部隊の刑事が参加したスポーツ慰問団が、麻薬王の解放を求めるゲリラとの抗争に巻き込まれる。

ノエル  クリスマスの夜、小さな奇跡が人々に舞い降りた…。チャズ・パルミンテリ監督のデビュー作品。スーザン・サランドン、ペネロペ・クルスほか出演の温かい愛の奇跡の物語。

とやら、そのうち見ます。

春の嵐

今朝は途中まで歩き、少しだけバス乗車で、1分遅刻してしまった。
帰りは、すごい風なので、バスで帰宅。

戦災資料センターに行った

今日は暖かくて良い天気。自転車でぶらっと戦災資料センターを見に出ました。
途中の木場公園東南の大横川の寒緋桜をもう一度s-p1090635.jpg
一杯のお客さんが見に来ていました。

金曜日の日経で紹介されていた http://www9.ocn.ne.jp/~sensai/
東京大空襲・戦災資料センターですs-p1090644.jpg
純民間でやっているんだそうで、先日新装したんだそうです。
開館のはずの12時頃に行ったのですが、既に何組かのシニア世代の方々が先客でした。
三階が主な資料展示で、生の迫力が伝わってきます。その上の展望コーナーとかは、階段が狭すぎるのでお勧めではありませんし、あまり周囲も見えない。
二階は会議室が主で、一部の展示もありました。たまたま、お父さんが感想文を残されている、という中年男性の方がその感想文を見に訪れているところでした。横の部屋では空襲のビデオを見せてくれるそうで、20分ぐらいですから、とお誘いもあったのですけど、今日は帰りました。

帰りに水辺のカモたちです。s-p1090670.jpgこんなカモが、s-p1090674.jpg潜って魚を探しに行って、結構時間を掛けてから、s-p1090683.jpg
浮かんできます。
魚が居るのかどうか、姿は見えないのですけど。

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越