今日のリンク

米、電子たばこ禁止へ=香りや味付き、ほぼ全て(時事通信) – Yahoo!ニュース 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。


東電、見通しの甘さと経験不足 遅れる停電全面復旧(産経新聞) – Yahoo!ニュース 東電は、北海道電力や九州電力など大手各社に樹木伐採の作業者を含む復旧要員の追加派遣を要請し、復旧を急ぐ。

日傘さす女性は日本だけ!? 中国や韓国など訪日9カ国女性が「使わない」ワケ:イザ! 大原さんによると、日傘はもともと19世紀のフランスで文化として花開いた。フランスの印象派の画家、モネも、日傘の女性を描いている。現代のヨーロッパではどういうわけかその習慣が廃れ、日本で定着している格好だ。ただ、ビーチパラソルや庭に置くガーデンパラソルは大きな市場になっているという。

地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】(更新)ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に発表された。

千葉で公衆電話「7000台」無料利用が可能 使用時の注意点は?NTT東に聞いた(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース 無料で利用できる約7000台のうち、周辺の地域が停電し、電話線から電力も通っておらず、使えなくなっている機械もあるという。担当者は「エリアが停電すると、通信局も影響を同じく受けるが、非常用バッテリーを稼働して、持ちこたえていた。だが今回、想定よりも停電が長引いているので、影響を受けている」と説明。使えるかどうかの電話機の見分け方として、「公衆電話の受話器を上げて、「ツー」という音がしない場合は利用できない」と呼び掛けていた。

CPUからデータの会社へ、インテルが東京五輪にかける期待:日経ビジネス電子版 「インテルはCPUだけでなく、ソフトウエアやアルゴリズムなど様々な技術を持つ。五輪は我々が広げてきたポートフォリオを紹介できる格好の舞台だ」。米インテルでオリンピック・プログラム・オフィス本部長を務めるリック・エチュバリア・セールス&マーケティング統括本部副社長は11日、IOCの最高位スポンサーとして東京五輪に向けて取り組む意味をこう語った。

【小泉進次郎氏初入閣】「進次郎批判の前に、きちんとした検証や読み解きを」内閣改造をめぐる報道に苦言 堀潤氏おそらく、どの自民党の議員より福島に通っているのではないでしょうか。そうやって地元との関係も築いてきた小泉さんが、原発問題という難しい舵取りを迫られる役職に就く。僕は別に小泉さんを推しているわけではありませんが、”進次郎は実績がないくせに”などと言う前に、彼のそういう部分について知っていますか?と言いたいですし、「環境大臣で入閣」という情報が入った瞬間、汚染処理水の話を真正面から取り上げ得るべきではないでしょうか。
 メディアは社会の”合わせ鏡”ですから、”ひでえ報道だな”と感じるということは、その分だけ社会もひどいということです。テレビ局の方やニュースサイト、ニュースアプリの方々と仕事をしていると、皆さん「やっぱり日韓問題のネタは数字が取れるんですよね~」とおっしゃる。それでも、読者や視聴者を信じて、なんとなく「本当かな」「大丈夫なのかな」と不安に思っている事はしっかり検証しましょう、ということではないでしょうか。(11日、談)

米国人記者が驚いた「日本メディア」の談合体質 (1/2)国内の新聞社やテレビ局などで構成される「記者クラブ」は日本独特の制度だ。元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏は「この制度の存在に何度も驚かされてきた。忖度や同調圧力が飛び交う雰囲気のなかで、半ば談合的に記事が生み出されているのではないか」と指摘する——。

【日韓関係悪化】韓国の怒り「パラ五輪メダルが旭日旗を連想」論争が抱える“3つの危うさ” – 辻田 真佐憲 (1/2)旭日旗を明確に定義すべき
「戦犯旗」と名指しされる旭日旗はいつ復活したのか?
「旭日旗=ハーケンクロイツ」は無理筋
日の丸も旭日旗以上に侵略の象徴と目されていた

【台風15号被害】災害時や交通機関混乱時に役立つツイッターを今すぐやるべき。災害対応のために必須ぜひ災害時対応のためにツイッターやってください。

70年を経てなお語り継がれる不思議南機関は旧日本軍(南方軍および第15軍)と意見対立しながらも最後までビルマ独立運動を支援したといわれ、ビルマ政府は81年、鈴木大佐未亡人ら南機関関係者7人にアウンサン勲章を贈っている。旧日本軍の影響はミャンマー国軍に今も色濃く残り、3月の国軍記念日には軍艦マーチが演奏されるほか、日本語の訓練用語も多く使われている。
一方のF機関は1940年、陸軍参謀本部がマレー半島の情報収集を目的に設置。機関長だった藤原岩市少佐(当時)による「F機関-アジア解放を夢みた特務機関長の手記-」(出版社・バジリコ)などによると、日本軍の進撃で取り残されたインド兵などを中心にINAが組織され、シンガポールが陥落した42年2月には、英軍部隊に所属していたインド兵約5万人を前に藤原少佐が大演説を行い、自らの力で自由と独立を戦い取るよう呼び掛け、インド兵に熱狂と感動を呼んだ、とされている。

「日本の収奪はなかった」韓国“禁断のベストセラー”の核心部分(高英起) – 個人 – Yahoo!ニュースこれは、この本が韓国社会の「常識」にとっていかに挑戦的なものであるかを物語ってもいる。確かに、「日帝による土地やコメの収奪はなかった」「強制連行はなかった」「(独島=竹島から)挑発的な施設や観光は撤収すべき」などとする本書の主張に、多くの韓国人はエキサイトせずにはいられないだろう。
だが、李栄薫氏は本の序盤で、同書の意義に関する核心的なことを言っている。韓国の歴史かが事実を誤解したりわい曲したりするのは、「日帝が朝鮮を支配した目的、メカニズム、結果、その歴史的意義を理解できなかった」からだと指摘している。たしかにこれらを理解できなければ、歴史論争がまともなものになるはずがない。韓国メディアがこの点により注目するならば、より生産的な議論が期待できるのだが。

コメントを残す