今日のリンク

「未来世界」と「前近代的世界」に引き裂かれて(『働き方2.0vs4.0』はじめに) (1/2)事実(ファクト)を見るかぎり、日本のサラリーマンはむかしもいまもずっと会社を憎んでおり、過労死するほど働いているもののまったく利益をあげていないのです。

スマホ、PCコネクター タイプCに統一進む カギは独自規格の「iPhone」 – 毎日新聞 スマートフォンやパソコン(PC)と周辺機器を結ぶUSBコネクターで、映像出力や充電など多様な目的に対応できる「タイプC」と呼ばれる規格への統一が進んでいる。規格が統一されれば、さまざまなスマホやPC間で同じコードの使い回しができるなどのメリットがあり、今後、さらに普及が加速しそうだ。
 これまでコネクターは、スマホの充電やデータ転送などができるが、映像・音声の出力ができない「タイプA」、映像や音声の出力はできるが充電ができない「HDMI端子」など多様な規格に分かれてきた。タイプCはアップルやマイクロソフト、ルネサスエレクトロニクスなどが参加する業界団体が2014年に仕様を策定。データの転送速度が速いほか、充電や映像・音声の出力など、多様な目的に対応できるのが特長だ。

日本最強のダンジョン駅はどこ? 3位「渋谷」、2位「新宿」、1位はやっぱり…(全文表示) – Jタウン研究所 – Jタウンネット 福岡県得票の内訳を見ると、1位から順に大阪(梅田)駅、新宿駅、渋谷駅、東京駅がベスト4。この4駅が残りを大きく引き離していて、いわば「4強」という結果に。名古屋駅・横浜駅・池袋駅は得票率ではいずれも5パーセント以下となった。

AM放送やめられるよう民放連が要請へ 本音は…:朝日新聞デジタル ニッポン放送(東京)やMBSラジオ(大阪)などAMラジオ局の大半が現在、都市部や山間部での難聴対策や災害対策の名目で、AMの番組をFMで同時に放送する「FM補完放送(ワイドFM)」をすでに実施している。従来のFM周波数とは異なり、周波数90メガヘルツ超の電波を受信できる端末でないと聞くことができないため、対応機種への買い替えが必要だ。
 関係者によると、AM放送の電波送信所の老朽化に伴う設備更新費が、将来的に経営を圧迫することが予想されることなどから、大半のAM局が比較的費用負担の少ないFM放送への一本化を希望しているという。

新生活 受難の春 “引っ越し難民”が深刻に 年度替わりで人手不足 大手業者は受注停止(上毛新聞) – Yahoo!ニュース 全日本トラック協会(東京)は「引越混雑予想カレンダー」をホームページで公開。23日から4月7日は特に混雑が予想されている。県トラック協会は「ピークの時期の引っ越しを避けてもらうことも必要」と、分散引っ越しへの協力を呼び掛けている。

大音量から耳を守れ ライブ専用の「耳栓」が広がる(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース生の歌や演奏を聴くライブの場で、あえて「耳栓」を装着して楽しむ流れが徐々に広がっている。大音量によって、耳がダメージを受けるのを防ぐためだ。背景には親子でのライブ参加が増えたことなどがある。アーティストグッズとして販売されるケースも増えている。
聴覚保護の動きが広がるのは、親子でのライブ参加が増えたことが1つの要因だ。18年7月にはASIAN KUNG‐FU GENERATIONの後藤正文が自身のブログで、最近はライブ会場で子どもの姿を見る機会が増えたこととともに、聴覚保護を呼びかけた。同時に、耳をカバーするヘッドフォン型のイヤーマフの着用を、入場時の確認事項に盛り込むことなどをアナウンスしている。また、ライブで親子限定の「ファミリー席」を設けることの多い倖田來未やももいろクローバーZなどの公演でも、数年前からイヤーマフの貸し出しを無料で行っている。
こうした聴覚保護の動きは、海外だとすでに一般的なものだ。アメリカ・ミネソタ州ではクラブ、バーなどでの耳栓の無料配布を義務づけており、ヨーロッパでは92dB以上の音が出るコンサート会場で耳栓の配布を推奨。他にも、出せる音量の上限を法律で定めている国もある。人気アーティストの問題提起により、日本でもこの流れは強まることになりそうだ。

「加圧で痩せる」根拠なし シャツ広告で防止命令、消費者庁(共同通信) – Yahoo!ニュース 消費者庁は22日、着るだけで圧力によって体が「痩せる」「筋肉が付く」とうたう男性向けの「加圧シャツ」の広告は科学的根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、販売会社「イッティ」(東京都渋谷区)など9社に再発防止命令を出した。

イチローに失礼な言葉? 「引退おめでとうございます」が話題(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース 「失礼ではないか」と苦言も出る一方、「メジャーの文化をよく分かってる」と理解を示す声も数多い。実際、米大リーグではこれまでも、引退する選手に「おめでとう」の言葉をかけている。

Microsoft、Windows 7の画面に「サポート終了」通知を表示へ(ITmedia エンタープライズ) – Yahoo!ニュース 米Microsoftは3月20日、Windows 7のサポート終了通知に関する更新プログラムを公開した。Windows 7は2020年1月14日でサポートが終了する。以後はたとえ脆弱性が発覚したとしても、Windows 7向けの修正プログラムは配信されない。

「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 「Googleマップから林道、細い路地、バス停が消えた」「建造物の情報が古くなった」「道路の形や名称、地形がおかしい」──そんな報告が3月21日夜からネット上で相次いでいる。実際に日本国内の地図が以前から変わっている他、一部の道路が欠損していたり、建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在している。

新潟県の子どもはなぜ虫歯が少ないのか?(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース 日本小児歯科学会理事長で神奈川歯科大教授の木本茂成さんに地域間格差の理由を尋ねると、「所得の差の影響が大きいようです。社会経済的状況と親の歯科衛生の知識や習慣に一定の相関関係があることが様々な研究からわかっています」。
新潟県の小学校でのフッ素洗口実施率89%、全国は19%

リアス線、被災地163キロつなぐ 「復興進んでいる」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 東日本大震災で被災した岩手県沿岸を走る三陸鉄道リアス線が23日、開業した。北の久慈(くじ)駅(久慈市)から南の盛(さかり)駅(大船渡市)まで総延長は163キロで第三セクターとしては国内最長。このうち宮古―釜石間は運休が続いていた区間で、震災から8年を経て鉄路が復活した。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  尿路結石と糖質制限食。結論です。
現段階では、勿論断定はできませんが、
尿路結石の増加も精製された糖質の過剰摂取の影響が一因である可能性があります。
特に炭水化物の質が、ブドウ糖ミニスパイクを起こしやすいものほど問題と思います。
あとは、運動不足も一定、関与していると思われます。

「青春ストーリーを、大人が勝手に作っている」坊主文化や球数制限で揺れる高校野球、慶應高の監督が指摘 | ハフポスト「選手だけでなく、指導者や周りにいる大人、みんなで変わっていく必要がある」

パチプロ業界の今と昔 2000年代初頭は大学生でも新車購入、1000万円プレイヤーもいた昔からパチンコユーザーは、9割がお金を失い、残り1割だけがなんとか儲けるという図式の上に成り立っている。そのわずかな勝ち組のことを、パチプロとか、スロプロなんて呼んでいる。そしてこのプロ連中って、今と昔とでは全く置かれている環境が異なっている。一言でいえば、実に苦境に立たされているのである。(文:松本ミゾレ)

地図から消えた湖、気候変動と開発で干上がった避暑地 チリ 写真32枚 国際ニュース:AFPBB News【3月22日 AFP】チリの首都サンティアゴのアクレオ湖(Lake Aculeo)が消滅した。かつては週末の行楽地としてにぎわっていたが、今では最後に残っていた草を食べに来たのであろう牛や馬の骨が、ひび割れた大地に散らばっている。
 かつては6メートルもの深さがあった湖は2011年から水位が下がり始め、2018年5月までに完全に干上がった。
 複数の理由があるが、気候変動が大きな要因となっている。地元の人も専門家も、降雨量の大幅な減少を指摘する。だが、農業用水が大量に必要となったことや、湖畔の開発なども要因として挙げられる。
 チリ中部の平均年間降水量は、1980年代は350ミリ近かったが、2018年までに半減した。地球温暖化のせいでこの減少傾向は今後も続くと、科学者らは予測する。

コメントを残す