今日のリンク

12ステップのプログラム – Wikipedia12ステップ・プログラム(Twelve-step program)とは、嗜癖(アディクション)、強迫性障害、その他行動問題からの回復のための、ガイドライン方針のリストである。これはアルコホーリクス・アノニマス(AA)による1939年の著書、Alcoholics Anonymous: The Story of How More Than One Hundred Men Have Recovered from Alcoholism(通称ビックブック)[1]において、アルコール依存症からの回復手法として示された[2]。現在では様々な組織がAAのこの手法を取り入れている。
アメリカ心理学会は、このプロセスを以下に要約している[2]
自身のアルコール依存、嗜癖、強迫性障害をセルフコントロールできないことを認めた。
自身には、ハイヤーパワーが与えられていることを認めた。
スポンサー(経験豊富なメンバー)の助けを借りて、過去の過ちを見直した。
それらの過ちを修正しようとした
新しい行動規範を持ち、新しい人生を学んだ
同じようなアルコール依存、嗜癖、強迫性障害を持つ人々を助けようとした

ピエール瀧「薬物問題」の一考察〜日本は世界から10年遅れている…(原田 隆之) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)1 薬物依存は「脳の病気」である
2 処罰には再犯抑止効果がなく、治療にこそ効果がある
このような流れを受けて、2016年の国連総会は、10年前とは打って変わり、次のような決議を取りまとめるに至った。
1 薬物プログラム、対策、政策の文脈において、すべての個人の人権と尊厳の保護と尊重を促進すること
2 すべての人々、家族、社会の健康、福祉、幸福を促進し、効果的、包括的、科学的なエビデンスに基づく治療、予防、ケア、回復、リハビリテーション、社会への再統合に向けての努力をすること
どの国も薬物使用と薬物密造・密売などは厳密に区別をしており、後者に対しては、厳しい罰が加えられる。これは西洋諸国でも同じであり、この両者を混同してはならない。
もう1つよくある誤解は、非犯罪化(多くは非刑罰化)と合法化を混同してしまうことである。大麻については、合法化する国がいくつかある。
しかし、ほとんどの国でなされているのは、非刑罰化である。国連条約でも違法薬物は大麻も含め、法律で規制すべきであるとされているし、その使用は犯罪であることには変わりがない。
国連決議が求めているのは、刑罰に効果がない以上、刑罰に代わって治療などの方法で対処しようと言っているにすぎない。

13年ぶりに新しい地図記号 「自然災害伝承碑」掲載へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 国土地理院は15日、新しく「自然災害伝承碑」の地図記号をつくり、掲載することを決めた。新しい地図記号ができるのは、2006年の「風車」と「老人ホーム」以来13年ぶり。6月からウェブ版、9月からは紙の地図に反映される見通し。

50M走で骨折、片足で立てず…子どもの体に何が?(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース しかし、擦り傷などの小さなけがを嫌い、体を使った遊びをさせないようにすると、先述のように、子どもたちは骨が弱くなったり、体がうまく使えなかったりするなど、体の成長に影響が出てしまう可能性があります。ささいなことで大きなけがを負ってしまうことにもなりかねません。幼少期の子どもたちに「ワクワクドキドキ」するような、全身を使った遊びを体験させることが大切なのです。

アポ電強殺、実行犯入れ替えか 当日、長野でも窃盗関与疑い(産経新聞) – Yahoo!ニュース 捜査関係者によると、2月1日に発生した笹塚の事件も実行犯は3人組で、防犯カメラの画像を解析した結果、3人とは別の人物の存在を確認。現場に残された少なくとも1人分の足跡は江東区の事件とほぼ一致しており、メンバーを一部入れ替えていたとみられる。

「迷惑をかけた」の半分以上は:日経ビジネス電子版 つまり、
 「迷惑をかけた」
 と、タレントさんが謝罪する時の具体的な
 「迷惑」
 のうちの半分以上は、メディアが自作しているということだ。なにしろ彼らは、騒動が鎮火しそうになる度に新たな燃料を投下して、コンテンツの延命化を図っている。
 違法薬物への入り口を塞ぐ意味で貢献しているのだとしても、薬物からの出口というのか、依存症に陥った人間を更生に導く意味では、現状のメディア・スクラムは、逆効果しかもたらしていない。
 違法の薬物に手を出して、それをどうしてもやめることができずに、いずれ発覚したらすべてを失うことをよく理解しているのに、それでもやっぱり常習的に使用することを断念できずにいたのは、意志が弱いとか見通しが甘いとか、そういう話ではない。
 病気だったということだ。
 病気だということの意味は、自力では治せないということでもあれば、自分を責めても仕方がないということでもあれば、治療法については他人の力を借りなければならないということでもある。
 依存症患者が陥りがちなループから逃れることがまず最初の課題だということでもある。

「日本人のパチンコ離れ」はなぜ起きた? 騒音に副流煙……新規客の取り込みに失敗したホールの怠慢起きるべくして起きた事態参加人口が増えなくなった業界に先はない。パチンコという大衆娯楽はもう斜陽もいいところだ。インチキみたいな演出で投資を煽るマシンだらけで、耳を悪くする騒音とヤニ臭さに溢れ、競馬や競艇ほど儲かる目もない。と来ればもうパチンコは今の時代には割の合わないギャンブルでしかない。見向きされなくなっても仕方がないのだ。

コメントを残す