今日のリンク

東京都心は2週間も雨雪なし インフルエンザの流行拡大に注意(ウェザーニュース) – Yahoo!ニュース



【三井美奈の国際情報ファイル】2019年、EUは瓦解の年? ポピュリズムが崩す安定(1/3ページ) – 産経ニュース 独仏両輪に代わり、EUで新たなダイナミズムが生まれるなら希望はある。問題はドイツに限らず、どの国でも小党分立に歯止めがかからないこと。議会で安定多数を確保できる勢力がなくなり、欧州統合どころか国内統合に苦慮しているのが現実だ。

「絶対に電話しないで」神奈川で架空請求はがき相談急増 – 毎日新聞18年度上半期、前年度の5.5倍
 「法務省管轄支局」など公的機関を装ったはがきを郵送し、訴訟をちらつかせて金をだまし取ろうとする架空請求が神奈川県内で急増している。2018年度上半期だけで8355件の相談が県内の消費生活センターなどに寄せられた。前年度同期の1518件と比べると約5.5倍も増加し、県は「このようなはがきが届いても絶対に連絡先に電話せず、消費生活センターに相談してほしい」と注意喚起している。

イオンに韓国産のイチゴが販売!ネット騒然! | 秒刊SUNDAY日本で開発されたいちごやぶどうの高級品種が、韓国や中国で無断栽培されているということは多くの人に知られている事実です。さらに、日本の品種を基にして勝手に新品種を開発し、アジア各国へ輸出をしているようです(産経新聞)。韓国産のいちご””雪香”が帯広市のイオンで販売されていたことがわかり、この件に関する多くのツイートがネット上を賑わせています。

EUで横行するウナギの大規模密輸、中国や日本の食卓へ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News【12月2日 AFP】近絶滅種に指定されているヨーロッパウナギ(学名:Anguilla anguilla)が、毎年欧州から密輸され、中国や日本の食卓に上っている。その額は数千億円以上に達しており、自然保護活動家からは「野生動物に対する地上最大の危機だ」との声が上がっている。

「老化抑制」物質の仕組み解明 (朝日新聞デジタル) – auヘッドライン 老化の抑制に重要な役割を果たす「ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)」という物質が、細胞内に取り込まれる仕組みを、米ワシントン大の今井真一郎教授(老化学)らの研究グループがマウスを使った実験で突き止めた。加齢に伴う病気の仕組みの解明や治療法の開発につながりそうだ。英専門誌ネイチャーメタボリズムに8日、論文を発表する。
若返り薬「NMN」が、超高齢化の日本を救う:日経ビジネスオンライン 「若返りの薬」として知られるニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)──。マウス実験で糖尿病に劇的な治療効果を上げたとして、米ワシントン大(ミズーリ州)の今井眞一郎教授が報告し、一般に知られるようになった物質だ。

欧州サッカー界を席巻する“知の解放”:日経ビジネスオンライン「オープン化」はスポーツ界でもキーワードに
“秘伝のたれ”の囲い込みやめる
「戦術カメラ」の映像をサッカーコミュニティに公開
データで変革の動きが乏しい日本

韓国はレミングの群れだ:日経ビジネスオンライン 「レーダー照射事件」で日本が韓国を徹底的に追い詰めているのも「韓国が仮想敵になりつつある」との認識があずかっています。

ゴーン前会長「無実だ」(共同通信) – Yahoo!ニュース 私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたなどとして、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は8日、東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで「容疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。日産に損害を与えていない。人生の20年を日産の復活にささげてきた。無実だ。不当に勾留されている」と主張した。

図柄ナンバーは公選法違反? 取得の寄付で抵触恐れ、議員が困惑(京都新聞) – Yahoo!ニュース 各地の名所などをあしらった自動車用「図柄入りナンバープレート」を巡り、滋賀県内の地方議員がやきもきしている。マイカーに取り付けて郷土愛をアピールできる絶好の機会だが、見栄えのいいカラー版を取得する際に必要な寄付をすると公職選挙法に抵触する恐れがあるためだ。県議からは「率先して滋賀の魅力を発信すべき立場なのに」と戸惑いの声が漏れている。

ソフトバンク、米投資縮小へ(共同通信) – Yahoo!ニュース 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)電子版は7日、ソフトバンクグループが米共有オフィス運営のベンチャー企業、ウィーワークへの投資計画を当初の160億ドル(約1兆7千億円)から約20億ドルに縮小したと報じた。8日にも発表する。関係者の話として伝えた。

日通、非正規社員の賃金引き上げへ 正社員と同水準に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 物流大手の日本通運(東京)は4月1日から、非正社員の賃金を引き上げ、同じ条件で働く正社員の水準に合わせる方針を固めた。正社員と非正社員の待遇差の解消をめざし、2020年4月から働き方改革関連法で求められる「同一労働同一賃金」を先取りする形で、ほかの企業の判断に影響する可能性がある。

北方4島、日露で賠償請求放棄案…日本が提起へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース 日本政府は、ロシアとの平和条約交渉で、北方4島に関する賠償などの請求権を互いに放棄するよう提起する方針を固めた。平和条約と同時に、請求権放棄を定めた協定を締結する案が浮上している。戦後、自らの土地に住めない状態を強いられた日本人の元島民らには、日本政府が補償する方向で検討している。

イスラム教を「中国化」 党が指導、5カ年計画を推進(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 中国で、社会主義の価値観に合わせてイスラム教を「中国化」する5カ年計画が進められることになった。習近平(シーチンピン)指導部の意向を受けた中国イスラム教協会が計画をつくり、各地に伝達した。近く概要を公表する見通しだ。7日付の環球時報(英語版)が伝えた。

東欧革命30年 強権政治が台頭、EUと溝深める(産経新聞) – Yahoo!ニュース 【ベルリン=宮下日出男】旧ソ連圏の東欧諸国で1989年に共産党独裁体制が相次ぎ倒れた革命から今年で30年。各国は民主化の道を歩んできたが、近年は強権政治の台頭など過去の取り組みを後退させるような動きが目立ち、欧州連合(EU)とも対立する。東西の亀裂をどう克服するか。EUには試練だ。

アマゾン、時価総額首位に=マイクロソフト抜く(時事通信) – Yahoo!ニュース 【ニューヨーク時事】米アマゾン・ドット・コムの時価総額が7日、約7970億ドル(約87兆円)に達し、米マイクロソフト(約7840億ドル)を抜いて初めて世界首位に立った。
 3位には米グーグルの親会社アルファベット(約7450億ドル)が続き、米IT大手が上位を占める。アマゾンやマイクロソフトと首位争いを繰り広げてきた米アップルは、業績予想を下方修正したことが響き、約7020億ドルと4位に沈んだ。 

男性専門の「尿失禁」外来を開設 関西医科大、日本で初(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 関西医科大学(大阪府枚方市)は7日、前立腺がんの手術後に起きる男性の尿漏れを専門に診る「男性尿失禁外来」を開設したと発表した。関西医大によると、こうした専門外来は日本の医療機関で初めてという。

蔵王の樹氷見られなくなるかも…害虫で枯死拡大(読売新聞) – Yahoo!ニュース 山形県の冬の名物として知られる蔵王の樹氷が、見られなくなるかもしれない。枝や葉に氷雪をつける針葉樹アオモリトドマツに害虫被害が広がっているためだ。山頂付近はほぼ立ち枯れの状態で、麓に向かって枯死が拡大。雪の重みで枝が落ちたり、幹が折れたりすれば、樹氷ができなくなる。国は2019年度から植林を始めるが、関係者は「自然の芸術の再生は容易ではない」と危惧している。
 樹氷は、日本海側からの風で運ばれた雪雲の中の水滴が、蔵王連峰のアオモリトドマツに繰り返し着氷し、降雪と相まって成長していく。1月下旬から2月にかけて最も大きくなり、「スノーモンスター」とも呼ばれる。
 東北森林管理局によると、16年夏、体長3ミリほどの甲虫・キクイムシによる食害を初めて確認。蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅南側区域(標高1500~1660メートル付近)で、調査木60本のうち45本が食い荒らされていることが判明した。今年度には被害が60本全てに及び、標高1420メートル付近にも拡大。上空からの調査で、山頂駅周辺では調査木にとどまらず、ほぼすべての木の立ち枯れが確認された。

錦織圭、メドベージェフ破り3年ぶりにツアー優勝。テニス・ブリスベン国際 | ハフポスト過去の対戦成績は1勝1敗だった。

血圧測定機能付きスマートウォッチ「HeartGuide」。オムロンヘルスケアが499ドルで発売 – Engadget 日本版旅行や出張が多い人には良さそう
米国では1月8日(現地時間)から499ドル(約5万4000円)で発売されます。ECGと違い、手首式の血圧計は日本でも広く販売されており、日本で発売される可能性も期待できそうです。

充電不要なスマートウォッチ「Matrix PowerWatch 2」は体温に加えて光でも発電 – Engadget 日本版GPSと心拍センサも追加されました

コメントを残す