今日のリンク

トーバルズ氏が語るLinux、プログラマー、オープンソース開発–Open Source Summit – ZDNet Japan Torvalds氏は、ほかにも多くの話題に言及した。例えば、量子コンピューティングについては、「私はまったく信じていない。あれは絶対に成功しないと思う。もし私が間違っていたとしても、それが証明されたときには私が死んでからずっと後のことだろう。ただし私は、いろんなことで間違ったことを言っていると思われている」と語った。
 一方で、同氏の見方では、人工知能(AI)はようやく軌道に乗ったと考えている。「ニューラルネットワークは非常に興味深い。初期のAIはうさんくさかったが、今ではニューラルネットワークは使えることが分かった」と同氏は言う。
 Torvalds氏は将来、Linuxとオープンソースソフトウェアはますます重要になるとみている。ムーアの法則が限界に来ているとされる中、ソフトウェアの改善で、より強力なプログラムを求める声に対応していく必要があるという。

デジタル遺品はネット投資に注意 放置で損失拡大も(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース 中身が見えないだけに、放置されがちなデジタル機器。伝えたいことは、やはり紙に残すのが一番だ。特にスマホは、業者でもロック解除が難しいので、パスワードは必ず書き残そう。投資や有料サービスなど、解約が必要なサービスもリストアップしておこう。「日本デジタル終活協会」では、デジタル終活の方法やエンディングノートの書き方を教えてくれる。

<北海道震度7>企業の自家発電 道内電力の14%下支え(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 経済産業省によると、10日時点の道内の電力供給力は約346万キロワット。このうち企業の自家発電設備が50万キロワットと約14%を占めており、電力供給の貴重な下支え役となっている。【横山三加子】

関空めぐる権利関係複雑 防災、復旧のネックにも(産経新聞) – Yahoo!ニュース 関西国際空港と、関空島と対岸を結ぶ連絡橋は、所有者や運営者が複数の企業・団体にまたがっているのが特徴だ。関空の民間への運営権売却(平成28年)や道路公団民営化(17年)が背景にあり、複雑な権利関係が迅速な復旧や今後の防災対策工事のネックになりかねない。全国の公共施設では、インフラ施設の運営権を民間事業者に売却する「コンセッション方式」が進むが、その弱点が顕在化した形となった。

大坂なおみがかわいそう 米メディア「全米テニスがしたことは恥ずべきこと」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース 同紙の別の記事は「ウィリアムズの自己崩壊」と表現。表彰式で泣き続けた大坂にとって「覇者として純粋な喜びの瞬間であるべきだった」と指摘した。ニューヨーク・デイリーニューズ紙も「セリーナのラケット(破壊行為)が大坂を祝福すべき時を奪った」との記事で、主審に謝罪を迫ったセリーナに対し「謝罪を受けるに値するのは大坂だ」と断罪した。ニューヨーク・タイムズ紙は「涙に染められた大勝利」の見出しで「怒りとブーイングと涙が大坂なおみの素晴らしい勝利を曇らせた」と解説した。

個人データを活用する「情報銀行」の実現へ、日立・東京海上日動・日本郵便らが実証実験(MONEYzine) – Yahoo!ニュース 現在、このような課題を解決する仕組みとして「情報銀行」の検討が進んでいる。情報銀行とは、個人あるいは事業者が保有する個人データを、本人の同意の下で安全に収集・管理・提供する仕組み。本人が情報銀行のシステム上でデータを提供する事業者を選ぶとともに、本人があらかじめ指定した条件などに基づいて情報銀行が事業者へデータ提供を行う。事業者は、受け取ったデータを活用して個人のニーズに合ったサービスを提供することができる。

NHKに聞く“ニュース速報”の意義、自然災害続く日本で「命を守るために必要な情報を」(オリコン) – Yahoo!ニュース 西日本を襲った豪雨の教訓から、いち早く情報を得て、正しい避難行動をとることの重要性が見直された現在。テレビやアプリなどで知ることのできるニュース速報は、これからも強い味方になってくれるだろう。

なぜ巨大プラットフォームへの信頼が失われたか:日経ビジネスオンライン でも、信頼というものに意味がなくなったわけではありません。ボッツマンは、第一段階のローカルな信頼、第二段階の制度への信頼を経て、今は「分散された信頼」の時代が来ていると言っています。かつて上から下へ流れ、中央集権的だった信頼が、横に向かって水平に流れるようになった。信頼の崩壊ではなく、信頼の分散化が進行している最中なのです。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法
男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法 | 江部 康二 |本 | 通販 | Amazon肥満、メタボを解消し、
糖尿病はじめ生活習慣病、がん、脳梗塞、心筋梗塞、アルツハイマー病
……などを予防して健康100歳に。
「3人のオヤジのストーリー」を通してスッキリわかる
“究極の健康食”の知識と実践法。

海洋汚染で本当に脅威となっているのはプラスチックではなく「タバコのフィルター」 – GIGAZINE世界中で毎年作られているタバコの総数は5兆6000億本で、その3分の2(約3兆7000億本)は無責任に投棄されています。そのタバコの大部分がフィルターにセルロースアセテートと呼ばれるプラスチックを使用しており、これを自然界で分解するには10年以上の年月がかかるとのこと。
使い捨てストローやビニール袋の使用が段階的に禁止される – GIGAZINE2019年から、台湾ではファーストフードチェーンなどで店内でのプラスチック製の使い捨てストローを提供することが禁止されます。さらに、2020年以降は無料のプラスチック製ストローがすべての飲食店で使用禁止となり、2025年には持ち帰り用のプラスチック製ストローにはお金を支払わなければいけなくなり、2030年には完全に使用禁止となります。
また、2020年には台湾で広く使用されている無料のプラスチック製ショッピングバッグ・使い捨て容器・使い捨て器具などを小売店で提供することが禁止され、2025年には使用するのに追加で手数料を支払うことが義務づけられ、2030年には完全に使用禁止となります。

<台風21号>関空沖でタンカー9隻漂流 連絡橋衝突時(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 5管などによると、宝運丸は4日午後1時40分ごろ衝突。当時、周辺で停泊する約50隻のうち、9隻がいかりを下ろしたまま流される「走錨(そうびょう)」状態だったとされ、5管は船舶電話でそれぞれに注意喚起していた。宝運丸以外の8隻は事故につながらなかった。

コメントを残す