今日のリンク

大坂の全米Vを海外メディアはどう報じたか「新スター誕生」「才能輝き」(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
【杉山愛の目】セリーナをイラつかせた大坂の実力(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース
セリーナが大坂との全米OP決勝で激怒した審判の罰則判断に批判の声!(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
海外報道も大坂のS・ウィリアムズ撃破に注目「ヒンギスに並ぶ」「臆さず」 | THE PAGE(ザ・ページ)
大坂なおみ ブーイング後の涙の会見動画が反響…世界に超高速拡散(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース
大坂なおみ、ブーイングを拍手に変えた言葉の力「みんなが彼女を応援したことを知っています。こんな終わり方ですいません。試合を見てくれてありがとう。本当にありがとう」と涙をこぼしながら語った。ニューヨークの観客はブーイングをやめ、新しいチャンピオンに拍手を贈った。
大坂なおみ「私が大好きなセリーナのまま」 優勝後の一問一答で想いを語る
大坂なおみ、優勝して食べたいものは「抹茶アイス」、行きたい場所は「原宿」優勝しても天然すぎる大坂なおみは変わらない
USオープン ウィリアムズ=大坂 ドラマにみるマイノリティ女性選手の葛藤と連帯I’m sorry it had to end like this.は「このような終わり方になったことは残念です」であって、謝罪ではない。(sorryという単語が出てくると謝罪だと思うのは間違い。たとえば親しい人を亡くした人に、I’m so sorryというのは普通のことで、悲しみやシンパシーや遺憾の意を表現するのにもsorryは使われる。)テニスの試合の報道でもこのようなことがあるのだから、国際情勢についての報道でどれだけこうしたことがあるのかと思うと、恐ろしい気持ちになる。

朝市・温泉・動物園も客まばら 北海道地震、観光に打撃(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 地震発生後、北海道内の観光地からは客足が遠のき、大型イベントが中止や延期になっている。秋の行楽シーズンで、地震の影響がいつまで続くのか心配する声が出ている。

12年連続も?日本人がイグ・ノーベル賞に輝く理由(読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース 本家のノーベル賞が「科学史を塗り替える大発見や大発明を最初に行った人物」の顕彰に努めているとすれば、イグ・ノーベル賞は「その人以外には誰も目を向けず、世に出ることはなかったと思われる研究をした人」に光を当てている。その意味では、科学の魅力を伝えるいい機会であることは間違いない。そして、イグ・ノーベル賞に見られる笑いやユーモアは社会の豊かさの証しでもあるだろう。

「やってられない」工藤会、組抜け続出 細る資金力 壊滅作戦4年(西日本新聞) – Yahoo!ニュース

ママ語を使う防災講座が若いお母さんに大人気!:日経ビジネスオンライン 「天地動乱のいま、人はある日突然被災者になる」その時のために「防災」でも「減災」でもなく「備える」こと、つまり『備災』がいま必要なことなのだ、と渡辺氏は全国で訴えている。2年前にかもんさんから「備災という言葉を使って良いですか?」の問いかけに「よろこんで使ってください」と言った。

新旧の中国が混在 実態は「United States of China」 また、今や本家シリコンバレーの研究開発は事実上、ほとんど深センでやらざるを得なくなっている。なぜなら、斬新なアイデアを考えついても、シリコンバレーにはそれを形にできる部品もスキルもないからだ。
◆“カエル跳び”で進化
 かたや深センでは、世界最大の電気街「華強北」や部品業者が集積して電子部品のサプライチェーンを形成し、あらゆる電子部品を調達して試作品を半日で作ることができる。だから、パソコン、スマートフォン、ドローン、ロボット、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)・複合現実(MR)などの分野で新しいものを研究開発するとなったら、世界でも深センしかないという状況になっているのだ。
 現に、2016年の中国人留学生の出国者数は約54万人で、帰国者数は約43万人。かつてはアメリカなどの留学先にとどまる若者が多かったが、近年は帰国して祖国のために働く「ウミガメ派」が増加している。そういう人たちが一獲千金を目指して続々と起業しているのだ。
 一方、古い中国は東北三省や四川省などが、アメリカのラストベルト(錆びついた工業地帯)と同様に新しい産業が生まれず、古い製造業が低迷してもがいている。たとえば、中国には鉄鋼メーカーが100社くらいあるが、国内需要が大幅に冷え込んで、もはやつぶすか統合するしかないという窮地に追い込まれている。しかし、その大半が国有会社や共産党の地方組織と癒着している会社なので、つぶすにつぶせないのである。これを整理・始末するのは非常に大変だと思う。

約60時間を非常用電源設備で乗り切った石狩データセンターの奇跡(アスキー) – Yahoo!ニュース 2018年9月6日に北海道を襲った震災により、停電状態に陥ったさくらインターネットの石狩データセンターに対し、9月8日ようやく電力供給が再開された。想定を超えた約60時間を非常用電源設備で乗り切り、インフラ事業者としての矜持を見せた石狩データセンターの「奇跡」について、改めてきちんと説明していきたいと思う。

コメントを残す