今日のリンク

概算要求、続く“借金依存” 「平成」最後の19年度、30年間で1.6倍に(SankeiBiz) – Yahoo!ニュース平成最後の概算要求総額は、過去最大の102兆円台後半になる見通しとなった。元年度に当たる1989年度の要求額は約64兆円で、この間に1.6倍にまで膨れ上がった計算だ。国の歳出改革は待ったなしの状況だが、来年10月の消費税増税に備えた景気対策が概算要求とは別に上乗せされるなど、歳出拡大圧力は強まっている。年末の編成に向け財務省がどこまで切り込めるか、真価が問われそうだ。

モー暑で牛が「夏バテ」 給食再開で牛乳が不足する恐れ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 記録的な猛暑で牛が「夏バテ」して搾乳量が減り、本州より南で牛乳が不足する懸念が出ている。9月には全国的に学校給食が再開して需要が増える。乳牛の数が減り続けている影響も大きい。余力のある北海道と本州を結ぶ生乳運搬船「ほくれん丸」が、綱渡りの供給を支えている。

関門海峡歩いて渡れる海底トンネル、相当な維持費がかかっても無料のワケ(乗りものニュース) – Yahoo!ニュース 一般的に車道のトンネルには、長さや交通方式などによって非常口や緊急避難通路を設置する決まりとなっていますが、戦前に建設が始まった関門国道トンネルにはそれがありません。そこで大規模な火災などが発生し車道トンネルから避難するような際に人道トンネルが使われることがあります。全長約3.4kmの車道トンネルには、数か所に非常口があり、海底部については、緊急時にはクルマをトンネル内に置いたまま人だけが、人道トンネルに降りて避難する仕組みになっています。すなわち、関門国道トンネルにおける車道と人道は一体として管理されているものであり、相当な維持費がかかる人道トンネルだけを見た収支ではなく、それは車道と合わせて考えるべき数字ということになります。ちなみに1973(昭和48)年には(車道、人道あわせたトンネル全体としての)建設費を償還しており、人の通行についてはその前年の1972(昭和47)年から無料化されています。

電車のパンタグラフ「ひし形」が「く」の字に コストだけではない普及の理由 | 乗りものニュース- (2) ちなみに、シングルアーム式パンタグラフ自体は1950年代にフランスのメーカーが開発し、欧州では早くから普及していました。日本でシングルアーム式パンタグラフを搭載した車両が多数登場するようになったのは1990年代に入ってから。これはフランスのメーカーが持っていたシングルアーム式パンタグラフの特許が1980年代後半に切れ、日本のメーカーが製造しやすくなったことも背景にあるようです。

<アジア大会>悲願の金のさくらジャパン 五輪へ夢広がる(毎日新聞) – Yahoo!ニュース ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、ホッケー女子の決勝が行われ、世界ランキング14位の日本は同9位のインドを2-1で降して、悲願の初優勝を果たした。

アジア大会:なでしこジャパン 防戦一方も勝利譲らず – 毎日新聞 試合終了の笛が鳴ると、雨でずぶぬれの選手は安堵の表情で抱き合った。サッカー女子の「なでしこジャパン」が4月のアジア・カップに続く、今年二つ目のタイトル。決勝は中国に防戦一方ながら終了間際に均衡を破り、勝利だけは譲らなかった。内容に不満は残ったが「少ないチャンスをあの時間でものにして勝利をもぎとったのは、勝ちたいという気持ち以外の何物でもない」と高倉監督は選手をたたえた。

EUはサマータイム「廃止目指す」 欧州委トップが表明 意見公募も8割超が「廃止」(産経新聞) – Yahoo!ニュース 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)が採用中のサマータイム(夏時間)制度の是非をめぐり、EUのユンケル欧州委員長は31日、独公共テレビZDFとのインタビューで制度の廃止を目指す意向を表明した。欧州委が域内市民らを対象に行った意見公募で、圧倒的な多数が廃止を支持したとされることを受けた判断。

コカイン115キロ、横浜港で押収 過去最大規模(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 税関によると、コンテナ船は8月上旬に入港し、船長が不審な荷物に気づき、税関に通報した。調べたところ、ラップで包むなどして約1キロずつ小分けにされたコカイン約115キロが見つかったという。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  酸化ストレスは老化や万病の元。<酸化ストレスのリスクを少なくする「糖質制限食」>

「未来日本」政治塾、日本版ネウボラのまち明石へ! (1/2) 明石市を「子どもを核とするまちづくり」によって抜本的につくり変えたのが、泉房穂市長(55歳)です。弁護士出身で、同じ民主党で私と衆議院当選同期、同世代。泉市長は、国政を一期で勇退の後、平成22年に明石市市長に当選され、現在2期目です。「全ての子どもを、まちのみんなで、本気で応援」する。なぜなら「子どもは『まちの未来』」だから、と言い切る泉市長のヴィジョンはじつに明快です。

触れずに操る「浮遊する球体」 バンダイが10月に発売 – ITmedia NEWS バンダイは8月20日、手をかざして前後左右に操る“浮遊する球体”おもちゃ「エアロノヴァ」を発表した。4つのプロペラで浮遊し、センサーが手を検知して逆方向に移動する。10月13日に全国の玩具店、百貨店や量販店の玩具売場などで発売予定。価格は5400円(税別)。

コメントを残す