今日のリンク

精読『吉本興業百五年史』 「わろてんか」には描かれない“お笑い王朝史” ~「百五年史」で消えた人物とは?~ – 笹山 敬輔 (1/2) また、創業家に関する記述においても、「民主化」の痕跡が見て取れる。それは、正之助の負の部分についても触れられていることだ。さすがに「通史」の部分には書かれていないが、「特別寄稿」として西岡研介が「興行とアンダーグラウンド」という一文を寄せている。西岡は、吉本の「お家騒動」を取材した『襲撃 中田カウスの1000日戦争』を著したジャーナリストだ。著書によると、兵庫県警の内部資料の中には、正之助のことが「山口組準構成員」と記されているという。さすがに『百五年史』にそこまでの記述はないが、せいの時代から山口組との付き合いがあったことや、戦後も正之助と山口組三代目の関係が続いていたことが記されている。

テレ東Pが明かす「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の裏側 映せないモノも発見 – ライブドアニューステレビ東京の伊藤隆行Pが2日の番組で、「池の水ぜんぶ抜く」の裏側を語った
水を抜いた際に、テレビでは映せないものも出てくることがあるそう
「結構多いのが、おとなのオモチャ」だと打ち明けた

名刀、砂浜から誕生 鎌高生徒が6年かけ試行錯誤 古来手法「たたら製鉄」で  (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース 県立鎌倉高校(鎌倉市七里ガ浜)の科学研究会が、鎌倉の砂鉄から鉄をつくり出す方法を6年かけて確立した。昔ながらの「たたら製鉄」と呼ばれる手法を用いて、代々の生徒たちが試行錯誤を重ねた挑戦。この鎌倉産の鉄を使って県内の刀工と研師の手で短刀が完成し、新年に展示される。

米ユーチューバー、青木ケ原で自殺者撮影 非難受け謝罪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News ポールさんは声明で、うつと自殺の問題への啓発になればと考えていたが、手法が誤っていたと謝罪した。

カローラ、19年にも3ナンバーに 安全重視で大型化:経済:中日新聞(CHUNICHI Web)関係者によると、19年にも発売する12代目カローラは、ハイブリッド車(HV)「プリウス」と同様のプラットフォーム(基本骨格)を採用。プリウスの車幅は1・76メートルで、12代目カローラも車幅が1・7メートルを超え、プリウスと同じ3ナンバーになる。

血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームは、血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発した。実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになり、5年後にヒトでの臨床研究を目指すという。

年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準現役世代6713万人の保険料収入は37兆6000億円。これに対して、年金受給の高齢者は3991万人で給付総額は53兆4000億円(いずれも2014年)。保険料収入よりも給付額が上回っている状態だ。給付額の不足分は、国庫(税金)から補塡し、さらに保険料の一部を「年金積立金」として保有して、一部を運用しながら切り崩している。

BBC「イギリスの労働生産性が低すぎてヤバイ」 ※左端の国に注目 | netgeek最新の調査では日本の労働生産性はG7の中でずっと最下位。

「製薬会社」が米国を滅ぼす鎮痛剤「オピオイド危機」の現実:大西睦子 | 記事 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト 確かに現在のオピオイド危機は、米国史上、薬物過剰摂取による最多の死亡数を記録していますが、同じように薬物が社会に蔓延したことがこれまでにも何度かありました。過去2世紀において、麻薬の過剰摂取が問題になる際は、製薬会社や医師による薬物の販売促進がきっかけになっています。そして、後になって危険な依存性が判明する、ということも共通しています。

コメントを残す