今日のリンク

日本酒、ビール、ワイン… 糖質が一番低いのはどれ?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE 低糖質であり、血圧を下げたり腸内環境を整えたりする効果も期待できるとなれば、健康が気になる人にワインが人気なのも納得ですね。

Linuxの扱いはWindows Serverとほぼ同格:日経ビジネスオンライン 「ユーザー企業の『クラウドジャーニー』(クラウドへの移行)を支えるためには、WindowsだけでなくLinuxに対しても、ファーストクラスのエクスペリエンス(体験)を提供する必要がある」(Zander氏)。そう考える現在のMicrosoftにおいては、Linuxの扱いはWindows Serverと「同格」にまで高まったと言えそうだ。

“権力志向型”小池さんが率いる組織の運命は?:日経ビジネスオンライン 権力者の中には「専門家の意見を聞く」プロセスを意思決定の場に組み込む者がいるが、この手法を好む権力者は社会を混乱させるリスクが高いとされている。
 米国の心理学者のフィリップ・テトロックは、1980年代と1990年代に、数百人の専門家(政治家、政治学者、評論家など)を選び、ソ連崩壊、湾岸戦争、日本の不動産バブル、カナダのケベック州独立問題などの主要な出来事を予想させた。
 その結果、専門家の予想正解率は、偶然の一致より低かった。特に自分の予測に、自信を持っている専門家と、メディアに登場する回数が多い専門家の、予想正解率が極めて悪かった。また、専門家が、「絶対に起こらない」と予測した事象でも、そのうちの15%が実際に起こったという(著書『専門家の政治判断(expert political judgment)』)。
 さらに、1つの分野にだけ精通した専門家ほど、予想が当たらない傾向が高く、経験を重ねるたびに、予測精度が悪くなったのである。ところが困ったことに、どんなに予測が外れても、彼らは決して認めず、自己を正当化した。

なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか? | 世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」 | ダイヤモンド・オンライン しかし、それをただ鑑賞するだけで終わることが多く、それはまるでわからない外国語の映画を字幕なしに観ているのと同じだと言えるでしょう。欧米の美術館を訪れた方なら目撃したこともあるかもしれませんが、欧米では小さな子どもたちでさえ学芸員や引率する先生に教わりながら美術品を鑑賞します。自分勝手に鑑賞するだけでは、当然、学べる点が少ないからです。
 拙著『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』では、一人でも多くの方に、馴染みのない美術史を身につけてもらえるよう、西洋美術史約2500年分のうち必要最低限の知識を1冊に凝縮しました。ただの美術品の説明ではなく、背景にある歴史や事件、文化・価値観など、「教養」としての美術史が学べるように心して記したつもりです。
Amazon.co.jp: 世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」 eBook: 木村 泰司: Kindleストア

「ハラール認証」ってなに? イスラム教徒へのおもてなし、どうする「日本人がすべきことは、ハラール認証の取得よりも、まずは食品の材料表示の英語化です。国土交通省は観光地などの道路案内標識の英語表示を進めていますが、もう少し贅沢を言えば、日本人が他の外国並みに英語が話せるようになることでしょう」と持論を展開した。

「月は大気に覆われていた」NASA が驚くべき発表 専門誌に論文が掲載された。研究チームは、マグマが固まってできた月面の黒っぽい「海」と呼ばれる領域について、アポロ計画で採取した試料データや、月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」の最新の観測結果などから、噴出したガスの組成や量などを推計。火山活動が最も盛んだった約35億年前には、一酸化炭素や水蒸気などからなる大気が、最大100キロの厚さで表面を覆っていたと結論づけた。大気は現在の地球の約100分の1だが、現在の火星より濃かったという。

日本政府、ノーベル平和賞にコメント出さず 外務省幹部「立場違う」と戸惑い 日本政府は、核兵器禁止条約の採択に貢献した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞の報を複雑な思いで受け止めている。核廃絶へ向けた意義を認める一方、核・ミサイルの脅威を高める北朝鮮に触れ「遠く離れた国と、現実の脅威と向き合っている我々とでは立場が違う」ととまどいを見せる外務省幹部も。首相官邸と同省は受賞を受けてのコメントを出さなかった。

米ラスベガス銃撃事件、SWAT部隊はどうやって犯人を見つけたのか? (エスクァイア) – Yahoo!ニュース そして犯人の居場所が見つかったのは、部屋の火災警報器が銃からの煙に反応して作動したからだった…。この点についてラスベガス警察の元警部補ランディ・サットンは、CBSの番組『This Morning』のなかで次のように説明していた。「犯人が使った全自動小銃から大量の煙が発生し、それで煙探知機が作動したことで犯人の居場所がわかった。銃口の発火が手がかりになったわけではなかった」
 パドックのいる部屋を突き止めたSWATの隊員らは、爆発物を使って部屋のドアを吹き飛ばし、内部に踏み込んだ。CNNは、その瞬間を録音した音声を公表していた。

海外旅行で得する外貨支払い「3つの裏技」 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース デビットカード払いに対応しているのはソニー銀行(米ドルなど全10外国通貨)、住信SBIネット銀行(米ドルのみ)などです。この2社では、外貨預金をする際に米ドルだと、それぞれ1ドル当たり15銭、4銭の手数料がかかりますが、たとえば1ドル=115円のときに旅行に出掛ける際、1ドル=110円台のときに外貨預金していた分でお買い物ができれば、やはりお得といえるでしょう。残高から支払う際の手数料は、ソニー銀行の場合、無料です。

コメントを残す