今日のリンク

「海の魚は5年で枯渇」養殖あるのみ:日経ビジネスオンライン近大ナマズ産みの親、有路昌彦教授に聞く
 多くの人は水産資源が減少タームに入ると、横ばいになってゆっくり減るとイメージしますが、実際はある時点から放物線的にポンと落ちます。恐らく多くの魚種はあと5年ぐらいで枯渇すると考えています。
 世界的には2050年までに、養殖水産物を現在に比べ3000万トン増やす必要があるとされています。サーモンをあれだけ養殖しているノルウェーの輸出量が140万トン。チリが100万トン。3000万トンがいかに途方もない数字か良く分かると思います。冗談抜きで無理だと思います。でも、頑張るほかにはありません。
長い道のりですね。魚の養殖は人類の食糧供給を支えるカギとなっていますね。
有路:ええ、かなり重要な役割が求められています。これまで動物性たんぱく質では、鶏肉しか安定的に低価格で供給できるものがありませんでした。1kgの肉を作るのに何kgの飼料が必要かを表す飼料要求率という指標があります。1kgの肉を作るのに飼料が3kg必要だった場合の飼料要求率は3となります。鶏肉の数値は3~4。豚肉が4~6、牛肉は15程度です。これに対し、養殖魚の飼料要求率は2~3と効率的に生育することが可能です。今後の動物性たんぱく質の供給元は、魚とニワトリが主役になるはずです。
有路:養殖魚の必要性が世界的に高まることは、日本にとってラッキーな状況です。餌と人工種苗という養殖の中心的な技術は世界最高レベルにあります。さらに、自然環境も優れています。暖流の黒潮が日本列島を北上し、寒流も流れている。ホタテやサケの生育に適した冷たい海域から、マグロが泳ぐ暖かい海域まで日本にはあります。
有路:ノルウェーはかつて、都市部経済に対して地方経済は明らかに足を引っ張っていました。そのため養殖業を振興し、ローカル経済を自立させるよう国が戦略を取りました。サーモンの輸出推進も国策です。いまでは養殖業はかなり収益性の高い産業です。ノルウェーの養殖作業オペレーターは平均年収が1300万円と言われています。養殖業で地方部が自立し、都市部の負担を下げました。日本も同じ事ができるのではと思っています。

全米ライフル協会、連射装置の規制勧告 ベガス銃乱射で異例の声明 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】(更新)米ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で、凶器のライフルに連射を可能にする装置が取り付けられていたことを受け、米国最大の銃ロビー団体「全米ライフル協会(NRA)」は5日、こうした装置に「追加の規制」を課すべきだと表明した。銃規制に強く反対してきたNRAとしては異例の見解だ。

ノーベル文学賞:カズオ・イシグロさん 長崎出身の日系人 – 毎日新聞 スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を長崎県出身の日系英国人で作家のカズオ・イシグロさん(62)に授与すると発表した。授賞理由は「偉大な感情の力をもつ小説で、我々の世界とのつながりの感覚が不確かなものでしかないという、底知れない淵を明らかにした」などとした。イシグロさんはロンドンで会見し「世界が不安定な状況の中で、小さな形でも平和に貢献できればうれしい」と語った。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。
カズオ・イシグロ – Wikipediaカズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 – )は、長崎県出身の日系イギリス人作家である。1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞した。ロンドン在住。2017年にノーベル文学賞受賞。

日本人腎臓弱い「塩分とりすぎ、肥満注意」 日豪チーム (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 日本人の腎機能が弱いのは、体格、腎臓ともに小さいためとみられる。塩分の多い食事でより負担がかかる。神崎さんは「ネフロンの数は出生時に決まっている。近年増加傾向の低体重で生まれる赤ちゃんが特に心配だ。生活習慣に気をつけ、腎機能を継続的に調べる必要がある」と言う。(杉本崇)

「スポーツ電動自転車」が買い? 人気が急拡大:日経ビジネスオンライン さらに世界最大規模の自転車部品メーカーである日本のシマノは、海外で電動アシスト自転車ユニットの販売をすでに開始しており、今後は日本での展開も期待される。このように、2017年は日本でもスポーツタイプの電動アシスト自転車の人気が広がっていくことが予想される。

ミソジニー – Wikipediaミソジニー (英: misogyny) とは、女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視の事である。女嫌い(おんなぎらい)、女性嫌悪(じょせいけんお)、女性蔑視(じょせいべっし)などともいう。ギリシア語の μισος misos (嫌悪、憎しみ)と γυνε gune(女性)から由来し、女性、女性らしさを嫌悪する人物をミソジニスト(misogynist)と呼ぶ。
対義語には、「女性や女らしさに対する愛好」を意味するフィロジニー(英: philogyny)と、「男性や男らしさに対する嫌悪」を意味するミサンドリー(英: misandry)の二つがある。

ホルモン医学からみた政治家に向くタイプとは?:日経ビジネスオンライン 要するに男性ホルモンの値が高く、性欲が強い人のほうが、ボランティアや弱者を助ける気持ちが強いことが分かったということだ。これを考えると今井議員や山尾議員が、一方では弱者のために戦い、一方では不倫(と決まったわけではないが)をしたとしても、それは矛盾ではなく、自然だということになる。
 これがすべて男性ホルモン欠乏の影響とは言わないが、人が考えている以上に、その影響が大きいのかもしれない。弱者やアジア人に厳しいネット右翼の人間に中年童貞が多いことを「ルポ中年童貞」で中村淳彦氏が指摘しているが、これも無関係でないかもしれない。
 実は、日本は男性ホルモン欠乏になりやすい素地が重なっている。ニュースワイド番組のトップニュースがすべて不倫問題になるような、過度ともいえる性道徳観。先進国で唯一ポルノが解禁されていない四角四面の政治と警察。カロリー摂取がむしろ世界最低レベルなのにやまないダイエット熱、睡眠時間の短さ、ストレスの多さ(栄養不足も睡眠不足もストレスも男性ホルモンの敵だ)。
 ただ、個人レベルで思い当たる人がいれば、ポルノサイトなど性をタブー視せず、肉類を十分に取り、必要な休養を取ったほうが男性ホルモンが維持されて、サバイバルにつながるのは確かなことだろう。

乱射事件が起きると銃が飛ぶように売れる米国社会「真の怖さ」 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン ここがアメリカ人と日本人の決定的な考え方の違いである。日本人はついつい「全体で見て一番良い解決策を探る」ことを考えがちである。銃を突きつけ返して交渉すれば、強盗は降参して逃げ出すかもしれない。そうなれば誰も傷つかないから、まずはそういった解決策を優先してしまう。
 アメリカ人は違う。「自分にとって一番確実で良い解決策をとる」のである。相手が銃を持ち出した時点で、撃たれて殺されるリスクが目の前にある。自分が撃てばそのリスクが消える。だから撃つのだ。
 もちろん撃てば相手を殺すことになるかもしれないし、その後正当防衛か過剰防衛かを巡って面倒な裁判に巻き込まれる可能性もあるだろう。でも裁判で殺されることはない。だから撃つ。それがアメリカ人の考え方だ。

都民ファーストの会・音喜多駿氏らが離党届 「ブラックボックスそのもの」と小池知事らを批判上田令子氏は「政調会長に『質問してはいけない』と言われた」と執行部を非難した。

糖質制限ブームもここまで来た! すためしどんどんが「めし抜き」メニューを販売中!! これって単なる○○じゃない? | ロケットニュース24ただの肉野菜炒めではないのか?

ナチュラルに「貴重品を預かって頂けますか?」トラベル英会話「Could you keep my valuables ?」
旅行中のトラブル!「トイレの水が止まりません」を英語で言える!?「The toilet won’t stop running」
タクシー運転手に英語で何と言う?海外旅行時に知っててお得“Where to?”と聞かれたら、“Can you take me to どこどこ.”
降りる時は“Here’s fine.”
支払いの時は”Keep the change.”や”Cawn I have 2 dollars back?”
この程度で大丈夫です。

コメントを残す