今日のリンク

しきい値なしのモデルとリスク受容の課題 – 中西準子帰還時5mSv/年であれば、ウエザリングなども考慮すれば約6万人がこの条件を満たす。原発事故以前のこの地域の人口の約7割に相当する。また、がれきの仮置き場を確保できれば、時間的にも1年以内に完成するし、当初予算の中で可能となる。

続きを読む 今日のリンク