今日のリンク

<ベネッセ>情報流出で進研ゼミ信用失墜 新社長多難な船出 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース
ベネッセが顧客情報漏洩を発表 最大2070万件流出も (産経新聞) – Yahoo!ニュース 通信教育大手のベネッセホールディングスは9日、通信教育の顧客情報が外部に漏洩していることを確認したと発表した。最大2070万件を収容するデータベース(DB)の個人情報すべてが漏洩している可能性もあり、すでに760万件の流出が確認されるなど、大規模な事態となっている。東京都内で会見した原田泳幸会長兼社長は「再発防止と、情報の拡散防止に真摯に取り組む」と謝罪した。
ベネッセ情報流出で捜査開始=不正競争防止法違反容疑―被害相談受理・警視庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース ベネッセホールディングスなどによると、顧客情報が流出したデータベースは同社傘下の情報処理会社「シンフォーム」(岡山市)が運用、管理していた。社内調査の結果から、グループ社員以外でこのデータベースへのアクセス権限を持つ何者かが、流出に関与した可能性が高いという。 
ベネッセ個人情報流出 グループ社員以外の犯行か 副会長ら引責辞任の意向 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
ジャストシステムが流用 大量漏洩したベネッセの顧客情報
ベネッセから最大2070万件のデータ流出。盗んだヤツも買った会社も罪にならない?「窃盗や横領は,あくまで「物」(有体物)の故意の持ち出しの場合だけ成立します。たとえば社内の従業員が第三者にメールで情報送信したり、自分のDVDにデータを焼いて持ち出したりした場合(情報窃盗/情報横領といいます)には,窃盗罪も横領罪も成立しません。ですので持ち出しを指示した者は窃盗/横領の教唆犯になりませんし、持ち出した情報をそれと知って買い受けた者も,盗品譲り受け罪になりません。ただ,情報窃盗・情報横領の場合でも、営業秘密に該当する顧客情報の漏洩行為は、不正競争防止法によって刑事罰が加えられます。」
しかし、いままで何度も事件が起きたのに、個人情報の持ち出しが窃盗罪も横領罪にも適用されないというのはおかしすぎる。これじゃ持ち出して何千万か稼いだらクビになってもペイするではないか。対応する法律を速攻で作るべき。もっともサイバーセキュリティ法案さえひとりの爺さんの無意味な反対でまだ通ってない日本の国会。あまりにリテラシーの低い議員ばかりで頭がくらくらします。
ジャストがストップ安、ベネッセHD個人情報流出との関連性が市場でうわさに(モーニングスター) – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス
ベネッセの顧客情報漏洩に思う「大きな勘違い」

その1
被疑者はグループ社員ではない。
しかし、実際に漏洩した企業は、社員であっても、外部委託企業であっても、管理責任が生じることは「誰にでも」わかることです。

その2
グループ関係者でなければ誰?
外部委託企業以外にあるのでしょうか? 外部企業で扱う情報でも、内部で扱う情報と同様か、それ以上の管理体制が求められます。

その3
洩れたデータはどうなるの?
確かに洩れた情報だけで言えば、保護者と子供の「氏名・住所・電話番号・生年月日」になるようですが、それらの情報を預かる企業としての発言にしては最悪です。洩れた情報の回収が限りなく完璧にできるのであれば、これもOKと思いますが、まず不可能です。

台風8号 鹿児島に上陸 全国的に大雨警戒 (ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース

ドクター江部の糖尿病徒然日記  俳優の唐沢寿明さんが、糖質制限食で減量成功唐沢寿明、「面白いように体重が落ちる」肉体改造法を明かす
続きを読む 今日のリンク