今日のリンク

野党、「桜を見る会」招待者名簿の廃棄に反発 内閣府は釈明「保存は1年未満」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府がまとめた招待者名簿が会の直後に廃棄されたことへの反発を、野党が強めている。内閣府は「保存期間1年未満の文書だった」とするが、総務省などは同様の文書を「保存期間10年未満」として扱っていると説明。野党は、安倍晋三首相の後援会関係者が多数参加した「公私混同疑惑」と位置づけて追及しつつ、森友・加計問題などで指摘された公文書管理のあり方も問う構えだ。【野間口陽、東久保逸夫】


台風保険金で損保収益低下 支払額2兆円超と想定(共同通信) – Yahoo!ニュース 米格付け会社のS&Pグローバル・レーティングは11日、9月に発生した台風15号と10月の台風19号による日本の損害保険会社の保険金支払額に関する試算を発表した。支払額が全体で2兆円を超える可能性があり、損保各社の収益性低下の要因になるとしている。

【報ステ】記述式問題と正答例 事前に採点業者に(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース 来年度から始まる『大学入試共通テスト』では、国語と数学に記述式の問題が導入され、民間業者が採点を行うことになっているが、試験の実施前にその民間業者に問題や正答例が知らされる仕組みになっていることがわかった。問題などが漏洩する懸念に対し、文部科学省の幹部は「守秘義務が課せられた人間だけが知ると理解している」「公平な採点をするために採点基準をすり合わせる必要がある」とコメントしている。

政府、ソマリア沖海賊対処で海自派遣を1年間延長(産経新聞) – Yahoo!ニュース 政府は12日の閣議で、19日に期限を迎えるアフリカ東部ソマリア沖アデン湾における海上自衛隊の海賊対処行動を、来年11月19日までの1年間延長することを決めた。引き続き護衛艦1隻とP3C哨戒機2機が、各国と共同でアデン湾で活動する。

デモ制圧へ強硬姿勢鮮明 当局、学生ら287人を逮捕 交通妨害と衝突続く・香港(時事通信) – Yahoo!ニュース 香港当局はその後、民主派の立法会(議会)議員を一斉に逮捕した。デモ隊の一部が暴徒化する一方で、11日には警官が丸腰のデモ参加者に発砲したほか、大学構内にまで踏み込んだりと、治安当局が実力行使に乗り出す基準は目に見えて下がっている。 

豪東部州、森林火災で「非常事態」 最大都市に火の手迫る(時事通信) – Yahoo!ニュース 【シドニー時事】オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州は11日、大規模な森林火災が同国最大都市シドニーにも及ぶ可能性があるなどとして「非常事態」を宣言した。

大量死ウイルスが拡大、北極の海氷減少で? 研究(ナショナル ジオグラフィック日本版) – Yahoo!ニュース 海氷が縮小すると、北極圏に新しい移動ルートができて、海洋哺乳類が大西洋から太平洋へと到達しやすくなる。また、より遠くまで食物を探しに行く必要に迫られた動物は、大きなストレスを受け、免疫系が弱くなって、病気にかかりやすくなるとゴールドスタイン氏は指摘する。

大量の“災害ごみ”の処理は 宮城・丸森町 台風19号被害から1カ月(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース丸森町によると、町が抱える災害ごみは、およそ1万9,000トンにのぼるとみられていて、この量は、町の年間ごみの排出量の6年分以上にあたる量。

2カ月で10万部『反日種族主義』、韓国人著者たちの受難 日本統治時代についての韓国における新たな見解 – 崔 碩栄 (ジャーナリスト)韓国は左派右派の対立が激しい国だ。相手陣営がなにかを言えばどうにかして揚げ足を取り、言いがかりをつける。おそらく韓国の左派、右派のメディアを長い間観察してきた日本の韓国ウォッチャーにとっては周知の事実だろう。しかし、その韓国でたまに左派右派の意見がキレイに一致することがある。その中の代表的なものが、韓国という「国家」もしくは韓民族という「民族」といった集団において「不都合な事実」であったり「隠しておきたい事実」に触れられたりしたとき、である。『反日種族主義』はまさにここに該当したのだ。
『反日種族主義』の著者たちもまた過去に社会的バッシング、ブーイングを受けた経験がある。それでも著者たちは各自の専門分野において、多くの資料、データを基に導き出した答えを堂々と発表した。これは韓国社会に深く根付いた常識に対する挑戦であり、その勇気に対し読者たちは拍手を送ったのである。
この本の著者たちは、本を刊行するにあたって、新聞に全面広告を出した。韓国の歴史学界や慰安婦支援団体に対し「隠れずに堂々と論戦に応じよ」と挑戦状ともいえるような文面で、公開討論を提議した。だが公開討論に応じる団体や研究者は1人も出てこなかった。結局、彼らは朴裕河教授『帝国に慰安婦』騒動の時と同様に怒りをぶちまけ、悪態をつき、そして高額の訴訟を起こすことで持って応えたのである。
韓国の反対派たちが、無視、嫌がらせ、訴訟という形で応えたこの本に対し、日本の読者たちがどんなふうに応えるのか……楽しみである。

行きすぎたマスコミの薬物報道は変化したのか ガイドライン発表から約3年で見えた課題〈薬物報道ガイドライン〉
【望ましいこと】
▼薬物依存症の当事者、治療中の患者、支援者およびその家族や子供などが、報道から強い影響を受けることを意識すること
▼依存症については、逮捕される犯罪という印象だけでなく、医療機関や相談機関を利用することで回復可能な病気であるという事実を伝えること
▼相談窓口を紹介し、警察や病院以外の「出口」が複数あることを伝えること
▼友人・知人・家族がまず専門機関に相談することが重要であることを強調すること
▼「犯罪からの更生」という文脈だけでなく、「病気からの回復」という文脈で取り扱うこと
▼薬物依存症に詳しい専門家の意見を取り上げること
▼依存症の危険性、および回復という道を伝えるため、回復した当事者の発言を紹介すること
▼依存症の背景には、貧困や虐待など、社会的な問題が根深く関わっていることを伝えること
【避けるべきこと】
▼「白い粉」や「注射器」といったイメージカットを用いないこと
▼薬物への興味を煽る結果になるような報道を行わないこと
▼「人間やめますか」のように、依存症患者の人格を否定するような表現は用いないこと
▼薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと
▼逮捕された著名人が薬物依存に陥った理由を憶測し、転落や堕落の結果薬物を使用したという取り上げ方をしないこと
▼「がっかりした」「反省してほしい」といった街録・関係者談話などを使わないこと
▼ヘリを飛ばして車を追う、家族を追いまわす、回復途上にある当事者を隠し撮りするなどの過剰報道を行わないこと
▼「薬物使用疑惑」をスクープとして取り扱わないこと
▼家族の支えで回復するかのような、美談に仕立て上げないこと

森田県知事の“なんもしない”政治スタイル。登庁して3分で帰ることも… | 日刊SPA!「自民党千葉県連としては、選挙に強く、政策に無知な森田知事は言いなりになってくれるので、使い勝手がいいと考えてきた。だがここにきて、県連が少子化担当相も経験した猪口邦子参院議員の擁立に動いているという噂や、全国最年少の31歳で政令市市長に当選し、現在3期目を務める熊谷俊人千葉市長待望論も浮上しています。

コメントを残す