今日のリンク

日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」 – 久保田 るり子 李栄薫 (1/2) この本は、日本のいわゆる左派とか進歩的知識人に反省を促す意味もあります。いままで慰安婦、徴用工の問題は、日本の左派と韓国の左派が連携してきました。それは結果的に両国の関係を悪化させる役割しかなかったのです。左派は連携しますね、日本の左派は政治的です。彼らの説は日韓関係を悪化させるのに非常に役に立ちました。
 予想通り激しい反発がありますが、それは当然のことだと思います。自分の文化の弱点とか、恥ずかしい点をそのまま指摘したのです。しかし私は、韓国人がそれを乗り越えなければならない、それは先進的な市民とか自由人になるために、世界人になるために必要なことだと思っているのです。
歴史の真実とはなにか?韓国は確証バイアスから抜け出せるだろうか?
なかなか難しいだろう。
自分の間違いを認めるよりも、「あいつが悪い」と責任転嫁する方が楽なのだ。
反日運動は、責任転嫁することで自己を正当化する手段にもなっている。
と、隣国のことも心配だが、日本もいろいろと危うい状況にある。
最近の世相は、内集団バイアスのように思える。

続きを読む 今日のリンク