今日のリンク

武蔵小杉のタワマン浸水被害 マンション市場に与える影響は 今回、マンションデベロッパーの業界も、既存のタワマンの管理組合幹部の方々も、大きな教訓を得たと思う。それは、「何としても地下への浸水を許してはいけない」ということだ。もし電気室が冠水すればそのタワマンが停電状態に陥り、復旧には多大な困難と時間を要することが明らかになったのだ。
 今後開発されるタワマンは、この教訓を踏まえて堅固なシャッターを備えたうえで、「特別警戒警報が発令された場合は、シャッターを一切開かない」といった運用法も整備されることになるだろう。空間に余裕がある建物なら、シャッターを二重に設置することも考えられる。そうすれば、完全に締め切らなくても浸水は防げる。
 既存のマンションで地下駐車場のある物件は、現状のシャッターの強化が図られるはずだ。それが不可能なら、土嚢などの補助を手厚くするしかない。


中国、日本側へ配慮見えず…北大教授の拘束を強行 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン 中国・北京で9月上旬頃、北海道大学の40歳代の日本人男性教授が拘束された問題で、男性を拘束したのは中国の国家安全当局であることが、複数の日本政府関係者への取材でわかった。男性は当局からスパイ活動などの疑いをかけられたとみられる。

ナイキ厚底マラソンシューズを国際陸連が調査へ 規制の可能性も 欧米メディア報道/スポーツ/デイリースポーツ online ESPNは「キプチョゲ、コスゲイの偉業によりシューズテクノロジーへの懸念が高まっている」と見出しで報じ、「より厳しい規則に繋がる可能性がある」と規制に発展する可能性に触れた。BBCによると、ナイキを使用していないアスリートグループがIAAFに対して不満を訴え、IAAF内で問題を検討するためのワーキンググループが設立されたという。両メディアともIAAFの「いくつかの技術がスポーツの価値とは相容れないサポートをアスリートに提供しているのは明らかだ。IAAFの課題は新技術の開発と使用の促進と、普遍性、公平性の維持との間で適切なバランスの技術的ルールを見出すこと」というコメントを掲載した。

芸能人が拡散する「血液クレンジング」に批判殺到 「ニセ医学」「誇大宣伝」指摘も(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース各地の消費生活センターにも契約トラブルや「効果がない」と訴える声が寄せられており、専門家は「十分なエビデンスがあるとは言い難く、誇大宣伝だと考えます」と指摘している。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

ジム不要!めきめき体力がつく「ウォーキング」の新常識、教えます!(能勢 博) | ブルーバックス | 講談社(1/4)本書のテーマは加齢による体力低下と加齢性疾患発症メカニズム、そしてそれらの予防方法について「インターバル速歩」を中心に運動(スポーツ)生理学の立場から述べたものだ。しかし、読者がそれにとどまらず、ヒトとは何か、超高齢社会とはどうあるべきか、というところまで思いを馳せていただければ著者として望外の喜びである。
ウォーキングの科学 10歳若返る、本当に効果的な歩き方 (ブルーバックス) | 能勢博 | 科学・テクノロジー | Kindleストア | Amazon豊富な科学的エビデンスから、持久力、筋力の向上をもたらす歩き方、時間、頻度が導き出された!さらに、血圧、血糖値、コレステロールなどの生活習慣病指標を下げ、うつ病、認知症、がんなど、さまざまな病気に影響を与える炎症反応を抑える可能性や、不眠や関節痛の改善につながること、骨年齢の若返りも確認されている。忙しい人でも、運動嫌いの人でも、膝や腰が痛くても、リハビリ中でも応用できる、画期的な歩き方を徹底解説。生理学の研究から明らかになった、いつものウォーキングを劇的に変えるメソッド。

チョコ、来秋から値上げ? =産地国が貧困対策で割増金(時事通信) – Yahoo!ニュース 原料となるカカオ豆の2大産地国が、豆農家の貧困対策として、輸出の際に大幅な割増金を課す新制度を打ち出したためだ。日本の業界では「消費者にコスト負担してもらえるだろうか」などと動揺が広がっている。

浄水場被害、断水長期化の懸念=浸水想定区域にも立地-台風19号(時事通信) – Yahoo!ニュース 水道水は浄水場で浄化された後、配水場に送られ、各家庭や事業所に届けられる。浄水場から複数の配水場に届けることが一般的なため、1カ所の浄水場が機能を失うと、広範囲で断水が発生する。水没による電気系統の異常、泥水をかぶることによる故障が起きれば、機器の交換や修理が必要となり、復旧までの時間も長引く。

「報道されない被災地」田園調布に大量の“高級災害ゴミ” 都市開発で“隠された”地名の意味(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース 想定外の被害に見舞われた田園調布だが、この周辺が地元だという『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏は「東急沿線は開発されてたかだか100年くらいで、田園調布のこの辺りも元々の地名は「沼部」と呼ばれていたと言われている。「田園調布」は開発後に付けられた地名で、もともとの地名が土地の特徴を表していることが、大きな災害で改めてわかった。(浸水した)武蔵小杉などもこの数十年で一気に開発されて、メディアやディベロッパーがある種のブランドとして売り出すと、元の地形や土地の歴史が見えづらくなっていることを思い知らされた」と話す。

千葉の海に大量の災害ごみ 川崎から?ゴルフ禁止看板も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 千葉県富津市の富津岬付近の砂浜や海上に、大量の災害ごみがあふれている。神奈川県川崎市や東京都八王子市などの地名が入ったごみもあり、東京湾を越えて流れ着いたとみられる。地元の漁師らが撤去にあたっているが、先は見通せていない。

「浸水リスク」不動産業者に説明義務なし 台風19号で浮かび上がった課題(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース土地に関するトラブルに詳しい秋野卓生弁護士は「浸水ハザードマップについて説明することは業界常識となっている」と話します。

ラグビー日本代表は「日当1万円」で十分なのか (1/2)ラグビーW杯で4連勝中の日本代表。その日当は約1万円だ。一方、強豪のイングランド代表は1試合当たり2万5000ポンド(約350万円)が支払われているという。金銭的な見返りは望めないにもかかわらず、なぜ日本代表は死力を尽くすのか。著書『国境を越えたスクラム ラグビー日本代表になった外国人選手たち』(中央公論新社)』が話題のノンフィクションライター・山川徹氏が解説する――。

「元徴用工の個人請求権までを完全否定するのは間違い」橋下徹が指摘する“落とし穴”とは? 橋下徹・舛添要一の2人が日韓対立の本質を分析した! – 「文藝春秋」編集部 なぜかと言えば、法的な論理では、政府どうしの約束事によって、政府とは法的には別主体である国民個人の請求権を消滅させることはできないからです。だって、日本とアメリカの両政府が僕の知らないところで勝手に話し合いをして「橋下の権利をなくすことにする」なんて決められたら、たまったものじゃないですよね。元徴用工の方々が裁判を起こして、自身の請求権を主張するというのは、ある意味、当然の権利なのです。つまり日韓請求権協定は、基本的には政府同士の請求権を消滅させるものでした。

コメントを残す