今日のリンク

食物アレルギー食物アレルギー予防プログラム
当院では,安全に食べさせて,しかもアレルギーを防ぐように低年齢からの食物アレルゲンの少量負荷をお勧めしています.
乳児期に起こってくる食物アレルギーの原因は、家庭内に多く存在する食物です。赤ちゃんの周りに食物が散らばっているけど、まだ赤ちゃんに食べてないという状況が食物アレルギーを作るわけです。
原因としては卵、小麦、牛乳(粉ミルク)、ピーナッツ、大豆(きな粉)が90%以上を占めます。そこで、これらの食物を早期から安全に食べられるような工夫が必要となります。

続きを読む 今日のリンク