今日のリンク

武蔵小杉のタワマン浸水被害 マンション市場に与える影響は 今回、マンションデベロッパーの業界も、既存のタワマンの管理組合幹部の方々も、大きな教訓を得たと思う。それは、「何としても地下への浸水を許してはいけない」ということだ。もし電気室が冠水すればそのタワマンが停電状態に陥り、復旧には多大な困難と時間を要することが明らかになったのだ。
 今後開発されるタワマンは、この教訓を踏まえて堅固なシャッターを備えたうえで、「特別警戒警報が発令された場合は、シャッターを一切開かない」といった運用法も整備されることになるだろう。空間に余裕がある建物なら、シャッターを二重に設置することも考えられる。そうすれば、完全に締め切らなくても浸水は防げる。
 既存のマンションで地下駐車場のある物件は、現状のシャッターの強化が図られるはずだ。それが不可能なら、土嚢などの補助を手厚くするしかない。

続きを読む 今日のリンク