今日のリンク

警官襲撃、男を大阪・箕面市内で逮捕(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 大阪府吹田市の吹田署千里山交番の前で、警察官が包丁で刺されて拳銃を奪われた事件で、府警は17日、逃走していた住居不定、職業不詳・飯森裕次郎容疑者(33)を箕面市内で発見して身柄を確保し、強盗殺人未遂容疑で逮捕した。
逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース
拳銃強奪 1発使われた可能性 | 2019/6/17(月) 7:26 – Yahoo!ニュース
拳銃強奪から30分後に破裂音 | 2019/6/17(月) 9:33 – Yahoo!ニュース


「飛来物」「吸着爆弾」謎深まる=タンカー攻撃、真相解明困難(時事通信) – Yahoo!ニュース 【カイロ時事】飛来物で被弾したのか、それとも何者かが仕掛けた爆弾か-

73歳にして絵本作家デビュー!その正体は伝説的怪奇漫画家・日野日出志だった(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 可愛らしくも怪奇なタッチで描かれた妖怪たちが登場する絵本『ようかい でるでるばあ!!』(彩図社)が6月27日に発売される。イラストを担当したのは、これが絵本デビュー作となる73歳の“大型新人”、その名も日野日出志。『蔵六の奇病』(1970)、『地獄変』(1982)、『赤い蛇』(1983)などで昭和世代の子供たちを心底震え上がらせた怪奇漫画界の巨匠だ。しかもこの絵本が約15年ぶりの新作となる。日本のみならず、海外にも熱狂的ファンを持ち、監督としてもカルトホラー『ギニーピッグ2 血肉の華』(1985)、『マンホールの中の人魚』(1988)を世に放った人物が、今なぜ幼児向け絵本なのか?話を聞いた。

老後報告書拒否は「問題」71% 公的年金に不信63%、共同調査(共同通信) – Yahoo!ニュース 共同通信社が15、16両日に実施した全国電話世論調査によると、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り、麻生太郎金融担当相の受け取り拒否表明は「問題だ」とした回答が71.3%に上った。「問題ではない」は19.1%。公的年金制度について問うと、信頼できないと答えた人が63.8%を占めた。信頼できるは28.2%にとどまった。

医療現場でいま「やさしい日本語」が必要とされる理由(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース外国人患者「先生の言葉が分からない」
明日から実践できるのが「やさしい日本語」
患者、そして医療通訳の語学レベルもバラバラ

G20会合、プラごみ削減で合意 初の国際枠組み構築(共同通信) – Yahoo!ニュース 長野県軽井沢町で開かれた20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合は16日、海のプラスチックごみ対策の国際枠組み構築に合意し、閉幕した。各国が削減に自主的に取り組み、内容を定期的に報告して対策を共有することで海の汚染低減を図る。海のプラごみ対策に特化した国際的な枠組みができたのは初めて。削減の数値目標は盛り込まれず、実効性の確保が課題になる。

ビットコイン、100万円突破。約1年1ヶ月ぶり(CoinDesk Japan) – Yahoo!ニュース

ファーウェイにロシア政府が助け船? Android代替スマホOSの提供を打診か – Engadget 日本版ファーウェイにとっては販路獲得、ロシアにとっては“東側開発のスマホ”の獲得というメリット

吉川ひなの、タモリ、福山雅治も「洗わない」!? このブームを予見していたのは意外にも… | citrus(シトラス)……と、「全責任持って自己流でやっていることなので、おすすめもしないし」の記述を添えながら明かしたという。炎上を避ける、なかなかにクレバーな“但し書き”だと思う。が、今日の論点はそこじゃない。話を続けよう。

キレる老人、事故る老人が続出!定年で解放された後の心構え(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース 最初に試みたのが、本連載第16回で紹介したアンガ―マネジメントでした。怒りがこみ上げて、正論をぶつけたくなったら「6秒間我慢」を実践してみました。
 自分が怒る瞬間を認知するという、認知行動療法も生活に取り入れました。
 また、少し変わったところでは、貧乏ゆすりを我慢しなくなりました。これはインターネット情報だったのですが、貧乏ゆすりには意外にもリラックス効果があるそうです。周囲の方々には若干不快な思いをおかけしますが、怒鳴りつけられるよりはましであるとお許しください。
 重要なことは怒りの沸点を高くすること、ダムがすぐに決壊しないように、心に余裕を作ることです。

コメントを残す