今日のリンク

都税 クレジットカードお支払サイト

「ここにいてはダメ」と言い切った江戸川区の水害ハザードマップの真意 | 日経 xTECH(クロステック) 東京都江戸川区は2019年5月20日、11年ぶりに改訂した水害のハザードマップを公開した。洪水や高潮による被害を「最大で10m以上の深い浸水」「1~2週間以上浸水が続く」と明言。表紙の地図には「ここにいてはダメです」と記し、住民に浸水の恐れがない域外への避難を促した。水害の危険性を包み隠さず伝えた江戸川区の決断は、インターネットなどで議論を巻き起こしている。ハザードマップを監修した東京大学大学院情報学環の片田敏孝特任教授は、「議論を巻き起こすことが目的だった」と語る。10年以上前から東京東部低地帯に位置する江東5区(江戸川区、足立区、葛飾区、墨田区、江東区)の広域避難を訴えてきた片田特任教授の意図はどこにあるのか。日経 xTECHがその真意をインタビューした。
「ここにいてはダメ」江戸川区の水害ハザードマップが直球すぎて話題…担当者に聞いた(FNN.jpプライムオンライン) – Yahoo!ニュースちなみに、ハザードマップには、非常持ち出し袋に入れるものなどの情報や、連絡先・避難先など書いて使うページなど、災害時に役立つ内容が満載となっていて、江戸川区の全戸に配布しているほか、区役所や各事務所で配布しているそうだ。
災害時などに、自分は大丈夫と思ってしまう「正常性バイアス」が取りあげられることがあるが、こうしたハザードマップなどで、自分が住む地域の防災に対する意識や理解を深めておき、最悪のケースを想定して置くことは大事だ。
江戸川区水害ハザードマップ 江戸川区ホームページ

認知症の原因は「口の中にいる細菌」かもしれない | 健康 | ダイヤモンド・オンライン 「歯の健康」というと虫歯の予防に関心が行きがちだが、最近は口腔内の細菌叢が全身の健康に影響する可能性が指摘されている。

続きを読む 今日のリンク