今日のリンク

「テクノロジーナショナリズム」はサイバー攻撃者を利するだけ。透明性向上による信頼関係の再構築を | 広告企画 | ダイヤモンド・オンライン「国家間の対立が深まり、協力関係が失われれば、国境を越えて暗躍するサイバー犯罪者を利することになる」。そう警鐘を鳴らすのは、世界中の政府や民間企業に高度なセキュリティソリューションを提供するKaspersky Lab(以下、カスペルスキー)パブリックアフェアーズ担当バイスプレジデントのアントン・シンガリョーフ氏だ。同社は、各国の政府機関や企業がセキュリティソリューション企業に対して抱く疑念を払しょくするため、ユーザーから収集した脅威に関するデータを処理する施設をスイスに移転し、加えて製品のソースコードを規制当局に公開するなど、透明性向上への取り組みを開始した。その経緯と、取り組みの進捗状況について聞いた。

森友ごみ写真「深さ意識せず撮影」と業者説明 野党視察(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、野党の国会議員が17日、通常国会を前に大阪府内で現地調査を実施した。野党は大幅値引きの根拠となった地中ごみの写真に疑義があると追及しており、国有地に小学校舎を建てた施工業者から経緯を聞き取った。野党側は業者が「ごみの深さを意識して撮影していない」と説明したとし、「値引きの根拠は崩れた」と述べた。

勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題で、不正なデータを補正するために必要な基礎資料のうち、2004~11年分が紛失や廃棄されていたことが判明した。同省が17日の総務省統計委員会で明らかにした。統計委員会の西村清彦委員長は統計として成立しない可能性に言及。厚労省は引き続き資料を探す方針だが、政府の基幹統計に穴が開く異例の事態に発展する可能性が出てきた。【大久保昂、神足俊輔】

郵便局でバイトした山口組組員を逮捕 生活苦からファストフードで働く組員は笑顔で新人指導も…〈dot.〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース 愛知県警は1月、六代目山口組の暴力団組員の男(60)が組員であることを隠し、郵便局でアルバイトし、報酬を得たとして詐欺容疑で逮捕した。

英原発建設中断の日立、推進派・中西会長の警鐘(日経ビジネス) – Yahoo!ニュース 中西氏は「国民が支持しないものは動かせない」と断言。「安全審査を通り、さあ動かそうとしても自治体がノーと言えば動かせない。再稼働の必要性を仮に自治体の長が説いても、原発を動かすと次の選挙で落ちる。こういう仕組みに入ってしまった」と続ける。

錦織「勝てたのが不思議なぐらい」勝利瞬間動けず(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース今年から採用された最終セットの6オールゲームからの10点先取タイブレークも初体験した。勝利後のオンコート・インタビューでは「どっちが勝ってもおかしくなかった。残り1球で負けていたかも。勝てたのが不思議なぐらい。最後はリターンに集中した」。勝利の瞬間、思わずコートに座り込み、両手と両膝をついて、数秒、動けなかった。59本のエースを食らったが、「60本(実数は59本)のエースは、僕が1年で打つ数」と言って笑わせた。

携帯「分離プラン」義務化 総務省が緊急提言(産経新聞) – Yahoo!ニュース総務省は17日、携帯電話料金の引き下げを議論する有識者会議を開き、端末購入代金と毎月の通信料金を完全に分離する「分離プラン」を事業者に義務付けるなどの緊急提言をとりまとめた。3月にも電気通信事業法の改正案を通常国会に提出し、早ければ夏にも分離プランを義務づける方針。販売代理店には届け出制を導入し、不適切な行為があった場合に業務改善命令を出せるようにする。

「ヤバい足立区」に異変?住民が満足する深い理由(読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース 定住によって生まれる家族や地域住民の深いつながりが、見守りや助け合い、支え合いにつながる。この環境は、高齢者にとっても心強い味方になる。つまり、高齢者が住みやすい街は、子育てしやすい街でもある、といえるのではないだろうか。

日本人はなぜ誰にでも「文系」「理系」のレッテルを貼るのか | 週末はこれを読め! from HONZ | ダイヤモンド・オンライン 日本の高校生の多くは、文系か理系かの二択を突きつけられる。本書を読んで、よりよい選択ができるようになるかは読み手次第だが、知らないうちに染み付いた常識を疑い、文系・理系のバイアスを外すことはできるだろう。必要なときに、必要なことを学ぶジャスト・イン・タイム学習の格好の素材だ。
文系と理系はなぜ分かれたのか (星海社新書) | 隠岐 さや香 |本 | 通販 | Amazon

実物大ガンダム、工事代を水増しか バンダイ元社員を2人逮捕 | ハフポスト容疑者らは水増し分として約1000万円を受け取った疑いがある。

全長100km・総工費3兆円という世界最大の粒子加速器の建設プロジェクトをCERNが発表 – GIGAZINEスイスにあるLarge Hadron Collider(LHC、大型ハドロン衝突型加速器)は全長およそ27kmもあり、記事作成時点で世界最大の円形衝突型加速器として知られています。2019年1月、ヨーロッパ原子核研究機構(CERN)はLHCのおよそ4倍もの大きさのある超巨大衝突型加速器「Future Circular Collider(FCC、未来円形衝突型加速器)」の建設プロジェクトの概要を発表しました。全長100kmの加速器を完成させるまでにかかる総費用はおよそ3兆円で、すべての施設が稼働するのは2050年代後半とされています。

コメントを残す