今日のリンク

<カンボジア総選挙>米国が批判「民主主義の大きな後退」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは29日、カンボジアで与党・人民党が圧勝した下院選について「カンボジアの民主主義の大きな後退」とする声明を発表した。最大野党・救国党が解党に追い込まれ、対抗勢力が事実上不在の中で実施された選挙を「自由でも公正でもなく、カンボジアの民意を反映していない」と厳しく批判した。
カンボジア総選挙:中国は歓迎「国際社会は手助けを」 – 毎日新聞
カンボジア総選挙:EU、民主主義回復促す 経済制裁も – 毎日新聞


がん「余命宣告」でトラブル 医師の見積もる「余命」は、当てにならない? つまり考えてみると、余命を聞くのはあくまで手段であり、本質的に重要なのは「残された時間で、したいことが出来るかどうか」なのかもしれません。
 それを実現するために大事なのは、いざというときに「期間」を聞くだけでなく、その時間で「何をしたいのか?何が気になっているのか?」を担当の医療者に率直に伝えることです。
 そうすれば単なる目安の「余命期間」だけでなく「そういう願いがあるのであれば、こんな手段がある」「こんな治療のほうが良いかもしれない」という専門家ならではのアイデアをもらえるはずです。
 逆に言えば、そういう伝え方をしたにもかかわらず真摯に対応してくれない医療者に関しては、「信頼をするに当たらない」と考えても良いのかもしれません。

ラジオ業界のビジネスモデル 今回は、ラジオ業界のビジネスモデルについて色々書いてみました。次に生まれるのはどんなビジネスモデルなのでしょう?しかし、冒頭にも書きましたが、空席が目立つイベントが増えた昨今、早く次を生み出さないと、業界の未来は暗いような気がします。私自身も、次の手を色々考えていかなくてはと考える、今日この頃です。

壮大なる無責任体制は大日本帝国から何も変わっていない – 7月30日のツイート豊洲市場、専門家会議は「安全性が確保された」と報告。10月11日に開場予定である。ポピュリズムの波に洗われた結果、当初より2年も遅れた。時間とカネの大きな無駄使い。最高責任者も、そのデマゴギーを煽った者たちも誰も責任を取らない。壮大なる無責任体制は大日本帝国から何も変わっていない。

案件詳細2019/09/20東京都 ボランティア応募
戻る
ステータス
応募
落選

コメントを残す