今日のリンク

「夏の甲子園」強行で思い出す、亡霊のような日本企業の“精神主義” ~経済ジャーナリストからの提言~ – 大西 康之 日本の半導体産業の礎を築いた元シャープ副社長の佐々木正氏は、終戦直後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の命令で、真空管の製造技術を学ぶため米ウエスタン・エレクトリックの工場を訪れた。すると派手な化粧をした女子工員たちがガムを噛み、ペチャクチャとおしゃべりしながら真空管を組み立てていた。佐々木氏は戦時中、自分が責任者だった神戸工業(現デンソー)の工場で働いていた女学生たちの真剣な姿を思い出し「こんなだらしない国に日本は負けたのか」と歯噛みした。
 しばらく作業を見ていると、おしゃべりをしていた女子工員がボルトを一つ取り落とした。
(そらみたことか。真剣にやらんからだ)
 佐々木氏は腹のなかでそう思った。しかし、次に見た光景に驚愕した。女子工員が落としたボルトはコロコロと床を転がって、生産ラインの振り出しのボルト入れの箱に戻ったのだ。女子工員は落としたボルトを拾おうとせず、相変わらずおしゃべりをしながら作業を続けているが、組み立てラインのスピードが落ちることはない。
(これに負けたのか!)
「誰しも失敗はする」という前提で効率を上げる合理主義と、不可能を気合いで乗り切ろうとする精神主義。我々は先の戦争でその違いをまざまざと見せつけられたはずなのに、真夏の甲子園では亡霊のように「心頭滅却すれば火もまた涼し」の精神主義が顔を出す。
 選手と観客の安全を守り、悪しき精神主義から脱却するため、この際「夏の甲子園」をすっぱりやめるのも一案だと思うのだが、いかがだろう。


なぜ「安倍1強」を崩せなかった?「野党内抗争」立憲&国民の“こじらせ国会”(FNN PRIME) – Yahoo!ニュース「弱すぎた野党」 成果で見れば野党の”完敗”

人の流れをAIが学習 警視庁、隅田川花火で実証実験(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 29日に順延された第41回隅田川花火大会。多くの人出が見込まれるこの日、警視庁はカメラの映像から、人数計測や移動予測を行う新システムの実証実験を行う。将来的には、異常事態や不審物を察知してテロを未然に防ぐ技術として期待されている。

iPS再生医療、パーキンソン病患者で治験へ 京大が国内初(京都新聞) – Yahoo!ニュース iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者へ移植する再生医療の治験を京都大が始めることが29日、関係者への取材で分かった。近く参加患者を募り始める。iPS細胞を使った再生医療では目の病気「加齢黄斑変性」について患者対象の臨床研究が行われているが、保険適用を見据え厳格な基準で実施する治験は国内で初めて。

<秋田竿燈まつり>原点回帰へ過度な「継ぎ竹」使用自粛 高さと安全バランス考慮(河北新報) – Yahoo!ニュース 秋田市で8月3~6日に開かれる「秋田竿燈まつり」で、竿燈本体の親竹の下に竹を足す「継ぎ竹」が高さ競争になっているとして、関係者が使い過ぎを控えるよう呼び掛けている。継いだ竹が折れて見物客が負傷した昨年の事故を受け、在り方を見直した。「より高く上げたい」という差し手の意欲にも心配りしつつ安全性を高め、稲穂に見立てた竿燈の妙技で豊作を祈る祭りの原点に立ち返る。

<銀行業界>「キャッシュレス化を主導」の大いなる勘違い(毎日新聞) – Yahoo!ニュース つまり、現金決済王国の日本で、なぜか世界に類を見ない「銀行主導によるキャッシュレス決済」というムードが高まっているわけだ。鉄道会社や大手量販店などにも、そのムードに首をかしげる向きは少なくない。「野球場から最も遠い人たちが野球をしようとしている」と、ある有力私鉄企業の幹部は冷笑している。

スマホにマイナンバーカード機能搭載…法改正へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース 政府は、マイナンバーカードに内蔵されている公的な電子証明書を、スマートフォンにも搭載することができるよう制度を見直す方針だ。インターネットでの買い物や銀行取引などが、より安全で簡単になる。来年の通常国会に関連法案を提出する。

計画停電、東京23区も…「不公平」との声受け(読売新聞) – Yahoo!ニュース 計画停電とは、対象地域や日時を事前に予告した上で、順次、強制的に停電させる仕組みだ。震災直後の11年3月14~28日に首都圏を中心に実施された際には、信号機が止まるなどして大きな影響が出た。
 当時、23区については、電力を止めると国の行政機能が著しく低下するなどと判断され、計画停電の対象外だった。しかし震災から7年余りが経過し、企業などで非常用電源の整備が進んだことや、一部地域だけ除外するのは不公平との声が上がっていたことから、ルールを見直した。

命名権表記、施設の場所分かる? 地名付かない例や是非論争も (京都新聞) – Yahoo!ニュース 球場、競技場はネーミングライツ表記ではどこにあるのか分からない。わかさスタジアムが西京極球場のことなのが最近、やっと分かった。何県何市の施設なのか表記してほしいー。京都市左京区の83歳の男性から、こんな意見が寄せられた。

もはや瀕死……?「日の丸家電」復活の日は来る?(読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース 各社とも、10年後に海外のメーカーなどに勝っているかもしれないし、負けて家電から撤退しているかもしれない。しかし現在、日本の家電メーカーに共通するのは「座して死を待つ」のではなく、戦略を熟考しつつ、海外メーカーに勝とうとする「気骨」を見せていることだ。

9月21日を認知症の日 公明が法案(産経新聞) – Yahoo!ニュース 公明党が議員立法としてまとめた「認知症施策推進基本法案」の原案が29日、分かった。9月を認知症月間、同月21日を「認知症の日」にして認知症に関する国民の理解を深めさせることや、認知症対策の責務は国、自治体だけでなく、国民にもあると明記した。公明党は自民党の協力を得て、秋に予定される臨時国会への提出を目指す。

2年前に買った家が浸水 河川氾濫リスクは説明義務なし(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 岡山県宅地建物取引業協会の大森明彦副会長は「ハザードマップの配布に取り組んでいるが、法的な縛りはなく対応に差は出てしまう」と話す。「浸水で亡くなった方も多く、今後、重要事項に加えることも必要かもしれない」。宅建業法を所管する国土交通省によると、今のところ浸水リスクを加える検討はしていないという。(野中良祐)

余命宣告トラブル 医師から「1年」、それから5年…仕事や財産手放し困惑(西日本新聞) – Yahoo!ニュース 「余命1年もないと医師に宣告されながら、5年たっても生きています」。難治性血液がんの成人T細胞白血病(ATL)と診断された男性から、西日本新聞の特命取材班に悲痛な声が届いた。死を受け入れ、仕事や財産などの整理も済ませたという。「何も手元に残していない。どう生きていけば…」。そもそも余命宣告とは-。

ええ! 心筋梗塞や脳卒中でも意外と生き延びる?:日経ビジネスオンライン「人生100年時代」に持つべき最も重要なものは

ドクター江部の糖尿病徒然日記  決定版! スグやせ! 糖質オフのラクうまレシピ150 。ナツメ社 (6/14)。刊行。
決定版! スグやせ! 糖質オフのラクうまレシピ150 | 江部康二, 金丸絵里加 |本 | 通販 | Amazon

ラクして、今すぐやせたい人必見! 糖質オフの進化形「卵やせ」 | ダ・ヴィンチニュースいつものメニューがぐんと糖質オフに。卵をご飯がわり活用!
Amazon.co.jp: 卵やせ eBook: 今野 裕之, 主婦の友社: Kindleストア

「高齢者は粗食が良い」は間違い むしろ老化が進む怖れも│NEWSポストセブン

断糖ダイエットで17kg減量した精神科医が警告する“炭水化物の麻薬作用” | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する なんと! 炭水化物には麻薬作用があるのだ。依存性も高く、炭水化物を食べれば食べるほど、“また糖質を体内に取り込みたい!”という気持ちに脳内のβ-エンドルフィンがさせてしまうという。これが糖質制限のダイエット法が継続できない大きな理由のひとつだったのだ。

打ち水では間に合わぬ アスファルトでは「かえって暑くなる」と小池都知事に疑問 : J-CASTニュース 実際、過去には、アスファルトに打ち水をする効果に疑問符が付くケースも出ている。岐阜県多治見市で、当時の国内最高気温の40.9度を記録した2007年から、散水車による打ち水が市内の大通りなどで行われた。ところが、読売新聞の10年8月4日付記事によると、「湯気が立ちこめ、さらに暑くなる」と市民から苦情が出るなどして、この年で打ち水が中止になっていた。

落ちたら死ぬ? 最短187メートル?夏休みに解き明かしたい「国道の謎」 – 土屋礼央のじっくり聞くと (1/3)今田:かわいそうな国道がいるんです。三宮から神戸港までの174号線。それまで三宮寄りを通っていた国道2号線が神戸港寄りにバイパスができて掛け替えになった時に、もともと900メートルだった道が、700メートルも短縮されて「お前の財産、こんだけね」と187.1メートルだけ残されたんです。

【マンハッタン】、アマゾンエフェクト!世界で最も高い店舗家賃で知られる5番街にも? こういった現象を巻き起こしているのはアマゾンエフェクトだ。アマゾンなどEコマースを利用する消費者が増えたことで、ショッピングセンターや店に行かなくなり、大手チェーンでは店舗閉鎖に追い込まれている。全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、第2四半期(4月〜6月期)のモール空室率は8.6%となった。8.6%の空室率は2012年第4四半期以来、約6年ぶりの高さだ。前期の8.4%から0.2ポイント上昇し、8.1%だった前年同期から0.5ポイントも上昇している。近隣型ショッピングセンターのストリップセンターでも空室率は10.2%となり、4年ぶりの高水準となっている。

「子宮頸がんで人は殆ど死なない」のか?さて、生涯死亡リスク339人に1人を「子宮頸がんで人は殆ど死なない」と解釈した方がいたのには驚いた。日本全体で年間におおむね3000人が死亡している疾患だよ?

「港区バブル」にはこれから乗っても遅くない更に日比谷線の虎ノ門駅や山手線の新駅、各所のビルや道路の建設工事が新興国のように進み、都心のインフラ整備による価値の向上は止まりません。

コメントを残す