今日のリンク

Amazonの顔認識システム、米議員28名を犯罪者として「検出」。人種によって認識にバラつき – Engadget 日本版すでにいくつかの法的執行機関がRekognitionを導入しているとされるものの、例えば同様の顔認識技術を運用している英国の警察では、あまりに誤認識が多いため手動で誤りがないかを確認している状態と伝えられます。


佐川急便を名乗るスパムが急増、SMSから偽サイトに誘導 自動でプリペイドカードを買わされるなどの被害も(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース佐川を名乗るSMS(ショートメール)には「配送物は下記よりご確認ください」「再配達ご希望でしたら、こちらから日時設定をお願い致します」といった文面と共に、偽サイトへのリンク(多くの場合「sagawa.○○」といったURL)がセットになっており、サイトにアクセスすると詐欺アプリ(マルウェア)のインストールを勧めてくる手口。偽サイトは本物の公式サイト同様に有名俳優の写真が使われており、一見しただけでは詐欺サイトだと分かりません。

<多摩5人死亡火災>断熱材引火、昨年にも 都内の別工事で(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 同社によると、昨年6月の倉庫解体現場で起きた火災後、「火気を使う作業時は、付近の可燃物を撤去する」など6項目の安全規定を設けていた。しかし、火災は繰り返され、飯村俊章・同社首都圏建築支店長は「深く反省している。規定を徹底してきたが、何かが足りなかった」と話した。【花牟礼紀仁】

マナー違反で水上バイク閉め出し 彦根の琵琶湖岸、異例措置(京都新聞) – Yahoo!ニュース 県と市は地元自治会から2016年に要望を受け、対策を検討。マナー改善をレジャー客に求める活動を続けたが、効果が薄かったことから、試験的な利用制限に踏み切った。徒歩での立ち入りや、琵琶湖から水上バイクで立ち寄ることは可能という。

産出ガス、日本に運べず 国が800億円出資、液化頓挫(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース エネルギーの安定確保のため、独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が出資し、海外で開発したガス田について会計検査院が調べたところ、ガスを産出したにもかかわらず、国内に運ぶめどが立たない場所があることがわかった。天然ガスを船で輸送するには液化天然ガス(LNG)に加工しなければならないが、加工施設が建設できないという。

知らなかった!相続税はこうすれば戻ってくるらしい(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース 「相続税を専門としていない税理士が作成した相続税の申告書には往々にして誤りが発見されることがあります。非課税の財産を計上していたり、財産からマイナス出来るものを引いていなかったり……という初歩的なものから、土地の過大評価までさまざまです。

コメントを残す