今日のリンク

最新閲覧ソフト、官庁HPに警告=通信暗号化へ順次対応―総務省など(時事通信) – Yahoo!ニュース クローム最新版は、閲覧者が送受信する情報を暗号化していないホームページについて警告する仕組みだ。暗号化されているものはアドレスが「https」で始まるが、各官庁は「http」になっており、警告が表示されたとみられる。情報セキュリティー会社によると、民間のサイトでも同様の現象が起こる可能性がある。

<皆既月食>28日未明から早朝に 火星と月食の共演も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 満月が地球の影に隠れる「皆既月食」が28日未明から早朝にかけ、北海道を除く国内のほとんどの地域で起こる。今週末にかけ台風12号が日本列島に接近するが、運よく晴れた地域では、地球に最接近中の火星と月食のランデブーが見られる。


<東京五輪・パラ>「授業避けて」国通知、ボランティア促す(毎日新聞) – Yahoo!ニュース スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

野菜 8月盆まで品薄も 猛暑に長雨 葉物や結球類不良(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース 7月に入って品薄となり値上がりした野菜相場が、需要期の8月の月遅れ盆まで高値を維持するとの見方が強まってきた。関東以西の猛暑、北日本の長雨といった天候の異変で、ホウレンソウなどの葉物やキャベツといった結球物、ダイコンなどの根菜類を中心に生育不良となっており、出荷量の大幅な回復が見込みにくい。さらに週末に台風が本州に接近すれば、「今後の出回りに影響を与える」(市場関係者)。今後の取引が不安定になる恐れが出ている。

文科省 幹部汚職事件 2つの事件に同じ男関与(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース谷口容疑者は、文科省の前局長・佐野 太被告(59)が、東京医科大に支援事業で便宜を図る見返りに、息子を不正に入学させた罪で逮捕・起訴された事件で、受託収賄ほう助の罪で起訴されていて、さらに、今回の逮捕で、川端容疑者との接点も明るみに出た形。

“忍者不足”騒動 米ラジオが釈明 「間違い」認める(ホウドウキョク) – Yahoo!ニュース誤った情報拡散のきっかけとなったアメリカのラジオ局が、間違いを認めた。

スマホ「4年縛り」au見直しへ、条件廃止検討(読売新聞) – Yahoo!ニュース 携帯大手KDDI(au)は、スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」と呼ばれるプランについて、見直す方針を固めた。スマホを実質半額で買う際に課している、プランへの再加入の条件を廃止する方向で検討している。公正取引委員会が、利用者を不当に囲い込む問題行為だ、との見方を示したことに対応する。

ビル火災で5人死亡 「電気消えうまく避難できず」(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース 26日午後2時前に出火したビル火災は、約9時間後の午後10時40分ごろに消し止められました。この火災では、50代の男性作業員2人を含む5人が死亡して約40人がけがをしました。その後の捜査関係者への取材で、現場の作業員が「火災後に建物内の電気が消え、うまく避難できなかった」などと話していることが分かりました。電気が消えたため、出口に作業員が殺到してスムーズな避難ができなかったとみられています。警視庁は、業務上過失致死傷の疑いも視野に安全管理について調べる方針です。

「夏休みなのに閑散として…」風評被害に悩む世界遺産 宮島(テレビ新広島) – Yahoo!ニュース豪雨災害の大きな被害が出ていないにもかかわらず、観光客が激減している宮島では、8月に開催予定だった花火大会の中止も決まるなど、観光面で大きな打撃を受けています。

杉田水脈氏と民意の絶望的な関係:日経ビジネスオンライン 私が絶望しているのは、彼女の主張が代表的な民意であるような国で自分が暮らしている、そのことに対してだ。

小火器の国内生産は必要か (1/2)むしろ小火器調達の目的は、これらの会社に税金をばら撒くこと、調達自体が目的化しているといっても過言ではない。火器メーカーを再編統合し、生産を効率化すべきだ。それができないのであれば、一旦小火器の調達は外国製に切り替えるべきだ。

原発に代わる巨大エネルギー源、「黒潮発電」が実用化へ (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 実験では秒速1.5メートルの流速で100キロワットを発電した。実用段階では回転翼の直径が約4倍の直径40メートルとなり、2千キロワットを発電する計画。約30キロ四方の海に600機設置すれば、新型の原子炉1基分の出力(120万キロワット)に匹敵する。
 欧州では1日に約2回起こる潮の干満を利用する潮流発電も実用化しつつあるが、発電の時間は限られる。一方、黒潮は常に絶大な量の水が陸岸近くをおおむね一定の方向と速度で流れている。世界的にもメキシコ湾流が大西洋に出る米国フロリダ半島沖と日本東岸しかないほどの好適地で、日本にとっては天の恵み。黒潮発電が本格化すれば、英国にとっての北海油田と似た価値を持つかもしれない。

コメントを残す