今日のリンク

「逃げるしかない」中米3国でギャング集団横行 治安悪化に貧困、政府無策も一因(産経新聞) – Yahoo!ニュース トランプ米政権が中米諸国からの不法移民を問題視する中、これらの国の人々が祖国を後にする大きな理由として挙げられているのが、「マラス」と呼ばれるギャング集団による治安悪化だ。エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラの3カ国は状況が深刻で、人権団体からは「政府が何もしないため、逃げるしかない」との指摘も出ている。(ロサンゼルス 住井亨介)


火星大接近 15年ぶり火星大接近 ピークは31日、赤い輝き肉眼でもはっきり(産経新聞) – Yahoo!ニュース 火星は31日夜、南東の空の低い位置にあり、深夜にかけて上昇し南へ移動する。最も離れて見える時期に比べて約80倍も明るい。観測条件がよければ、小さな望遠鏡でも表面の模様を見ることができる。

五輪混雑回避の切り札、「テレワーク」浸透に壁(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース明日から国民運動、中小「適した仕事ない」73%
 総務省によると、17年にテレワークを導入している企業の56.4%は、働く場所や時間にとらわれずにノートパソコンや携帯情報端末を使って業務を遂行するモバイルワークを活用している。以下、自宅で仕事をする在宅勤務が29.9%、都心の本社に行かずに郊外の事務所で働くサテライトオフィスが12.1%だった。

通販の配達「玄関前置くだけ」来春から本格開始(読売新聞) – Yahoo!ニュース このサービスでは、受け取り側が在宅か不在かを確認せず、配達員が玄関のドアノブに商品が入った袋を掛けたり、宅配ボックスに入れたりすると、配達を終えたことになる。受け取り側が企業からメールなどで商品の発送を知らせる連絡を受けた後、この方法による配達か、在宅中に配達をしてもらう従来通りの方法かいずれかを選択する。

泣き寝入りしない セクハラ・パワハラに保険で備え(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース 「ハラスメント」に備えた保険商品がにわかに注目を集めてきた。相手が嫌がり不快に感じる行為を指す言葉で、毎日顔を合わせる仕事場でトラブルが生じやすい。訴訟に発展しても、被害を訴えられた側に自覚がない例が少なくない。泣き寝入りしがちな被害者を助ける保険が登場する一方で、雇用トラブルに備えて保険に加入する企業も増えている。

東条首相、開戦前夜「勝った」…対面の高官メモ(読売新聞) – Yahoo!ニュース 日米開戦前日の1941年12月7日夜、東条英機首相が政府高官に開戦について語った内容が、メモとして残っていることがわかった。東条はこの日昼、開戦当日の予定を昭和天皇に説明したことにも言及。戦争に反対していた天皇が開戦を決意し、軍が一致して行動する状況になったことで「すでに勝った」と発言するなど、太平洋戦争に突入する前夜に高揚する東条の胸中を初めて伝える貴重な史料だ。

「ここまでの土砂想定外」被災浄水場、8割が危険区域に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 西日本豪雨の影響で、岡山、島根、愛媛3県の浄水場14カ所が被災し、うち11カ所が土砂災害や洪水の危険の高い区域にあったことがわかった。災害から2週間が経ったいまも復旧していない地域があり、生活再建の妨げになっている。

「幸せな国」発言と持てる者の自己責任論:日経ビジネスオンライン 確かに、自分が必死で頑張って、頑張って、頑張って、権力やカネ、地位など物理的、社会的なリソースを手に入れれば、「俺は頑張った。親が貧困だろうと関係ない」「今の所得に不満なら自分ががんばって自分の価値をあげればいい」……そう思いたくなる気持ちもわかる。
 が、その壁を超えられたのは果たして「自分だけ」の力だったのだろうか?
そっとリソースを提供してくれる環境があったのではないのか?
 自己責任論が世間に蔓延するようになって久しい。
が、最近のそれは、たまたま「持てる者」になった人が、その「たまたま」という偶然を自分のプライドとして、自分のテリトリー外の人を石ころのように扱っている気がして……。

英准教授「不寛容ではオウム問題は解決しない」:日経ビジネスオンライン 私は研究目的で彼らと対話をするので、彼らについて審判を下すようなことはしません。他の社会同様、日本でも、異質なものに対しての寛容性や、それを容認する姿勢の欠如は問題です。

「ミライトワ」「ソメイティ」の由来は?東京オリパラのマスコット名が決定組織委によると、「ミライトワ」は、「未来」と「永遠」という言葉を掛けわせた。「素晴らしい未来を永遠に」という願いを込めた。「ソメイティ」は、桜を代表する「ソメイヨシノ」と力強いという意味の「so might」から生まれた。桜を愛でる日本の心とパラリンピックアスリートの素晴らしさを印象づける狙いがある。

水俣病伝え30年、歴史考証館改修へ ネットで資金募る 水俣病を世に知らせた、石牟礼道子さんの「苦海浄土」の直筆原稿を展示している水俣病歴史考証館(熊本県水俣市)が、改修の準備を進めている。開館30年の節目に老朽化した施設をリニューアルし、貴重な資料の展示・保存環境を向上させる。一般財団法人水俣病センター相思社が6月からインターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。

首都大がまた「都立大」に…名称変更の可能性も : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 首都大学東京(本部・東京都八王子市)が、「都立大学」に戻すことも含め、名称変更について検討を始めた。すでに同大のホームページに、検討開始を知らせる学生向けの文書を掲示している。

「スポーツドリンクも学校持ち込み禁止」で物議… 熱中症対策、本当に飲むべきものは何? – FNN.jpプライムオンライン小学校では「ペットボトルはNGで水筒でなくてはならない」といったルールがあったり、また、水やお茶以外を飲むことで給食できちんと計算されている栄養バランスが崩れる可能性があり、栄養指導の面でも「甘い飲み物禁止」ということになっているのではないか、ということだ。
さらに、砂糖の入った飲み物をこぼしてしまうと、学校の芝などを傷めることも考えられている、という。

安住紳一郎アナ 殺害予告受けていた 衝撃告白に人気女子アナも絶句― スポニチ Sponichi Annex 芸能 「私はむしろそのクレームの傾向を集計して、どういう心の動きになるかを20年ぐらい調査し続けてる」とし、春先と、夏場にクレーム数が増えるという“調査結果”を報告。続けて「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。最近、殺害予告とかは警察に届けると、結構な問題になりますけど、私、20年間ずっと、殺害予告をいただいてますからね」と打ち明けた。

東京五輪、猛暑OK?マラソンは過去30年で最も過酷か – ライブドアニュース マラソンは30分早めて午前7時開始となったが、東京大学の横張真教授(都市工学)は「根本的な問題解決にはなっていない」と指摘する。横張教授は16年8月、当時想定されていたマラソンコースを2週間計測。過去約30年の夏季五輪の中で最も過酷な大会になる可能性を示す結果が出たという。コース中盤から気温は35度を超え、皇居付近は日差しを遮る場所もない。選手だけでなく沿道の子どもやお年寄りも極めて危険な状態に陥る可能性があるという。

「過去の遺物」ポケベルの今 “第2の人生”防災ラジオへの転身ってどういうこと?(文春オンライン) – Yahoo!ニュース
東京テレメッセージ株式会社|FAQQ1.
東京テレメッセージ株式会社は、主に何をしている会社ですか。
A.
電気通信事業者として、280MHzページャ事業を行っております。サービス内容については事業概要ページをご覧ください。

コメントを残す