今日のリンク

異常死の9割解剖されず… 石原さとみ熱演で分かった日本の「アンナチュラル」 (デイリー新潮) – Yahoo!ニュース「法医学に対する国の考えは死人に出すお金はないということなのでしょう。解剖すれば、生きている人がよりよく生きることができるはずなのに、その発想が役人や多くの政治家に欠如している。給与も臨床医に較べればはるかに安いことも影響しています。国にはドラマに登場するUDIラボのような独立機関としての『研究所』を作ってほしい。このドラマが注目され、こうした実態に少しでも警鐘を鳴らしてくれるように願っています」(同)

英語で「FAXが紙詰まりで使えません」修理の人に説明する時などにたいていの場合は、
「The fax machine is jammed. 」
と言う風に伝えれば、
「Oh, let me fix it. 」という風に、
「少し直しますね」
と言って
直してもらえると思うので、

受動喫煙対策“大幅後退”で了承、焦点は“喫煙可の面積”(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース 自民党内で意見が真っ二つに割れていた受動喫煙対策の法案が22日、ようやく決着しました。焦点は、「例外」として喫煙を認める飲食店の「面積」。当初の案からは大幅に後退するものとなりました。

船内からカメムシ、日本の輸送船を入港拒否 NZ (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース輸入車業界の業界団体幹部によれば、3隻の船は日本の新車・中古車を1万台以上輸送していた。農業や生態系を守るために、自動車産業にしわ寄せがいった形だ。輸入車業界に30年近く関わっている同幹部も、今回ほど深刻な状況は初めてだという。

ベネズエラ、国民平均11キロの体重減=経済破綻で深刻な食料難 (時事通信) – Yahoo!ニュース 調査は20~65歳の6168人を対象に実施。87%が貧困にあえいでおり、6割以上がここ3カ月、空腹のあまり目を覚ましたことがあると訴えた。また、約25%が1日2食以下で過ごしていると回答した。 

“フリマアプリ”トラブル相談5年で20倍(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース
国民生活センターによると、インターネット上で個人同士が商品などを取引できる「メルカリ」や「ラクマ」などのフリーマーケットアプリやサイトに関する相談は、今年度3330件に上り、この5年で20倍近くに急増している。

<ウィキ>「エンゲル係数」ページ凍結で編集不能 その訳は (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 一定のルールのもとで誰でも自由に編集できるインターネット百科事典「ウィキペディア」で、生活水準を測る指標の一つとしてなじみ深い「エンゲル係数」のページが凍結され、編集できない状態となっている。投稿履歴をたどると、係数上昇の理由について安倍晋三首相が国会で答弁した直後、これに合わせて内容を改変しようとする側と阻止を試みる側の“編集合戦”が過熱していた。【和田浩幸】

HIV終息に7500億円=国連合同エイズ計画 (時事通信) – Yahoo!ニュース UNAIDSによると、16年度末時点のHIV感染者総数は3670万人。30年までにHIV感染者全員が、他者を感染させない程度にまで治療されていることを目標としている。 

突然噴火の草津白根山 実は前触れあった(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース大場教授によると、去年頃から過去何度も噴火してきた「湯釜」の地下では、マグマからの火山ガスの流れがふさがれ、地震の回数が減った一方、今回噴火した「鏡池周辺」の地下に、行き場を失った火山ガスが集中したという。その結果、地震の回数が増えて震源も浅くなり、これが噴火の「前触れ」だったとみられている。

樹氷に落書き容疑、ミャンマー人を逮捕「彼女のために」 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 十和田八幡平国立公園に指定されている青森市の八甲田山系の樹氷に落書きをしたとして、青森県警は22日、ミャンマー国籍の飲食店従業員の男(29)=東京都新宿区=を威力業務妨害容疑で逮捕し、発表した。

司令官たちの戦争、僕らの働き方改革:日経ビジネスオンライン 大切なのは、現政権を動かしている思想と当代一流の人気コメディアンの価値観が一致しているのは、必ずしも癒着とか迎合とかではなくて、彼らのアタマの中にある考えは、われら現代の日本人の主流をなすど真ん中の思想であるということだ。
 ということは、これは、正しいとか間違っているとか、そういう話ではない。
 われわれは、善し悪しはともかくとして、こういう時代に立ち至っているのだ。

韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4% 2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

なぜ“不適切データ”で議論が進むのか、東大先端研 助教「政治家の理解、官僚のデータ分析力に課題」 一方で、官僚機構にも問題があると指摘。「トップの官僚は、東大の法学部から大量に出てくる。法学部の学生たちは、法律の基礎的な部分はしっかり学び優秀な人たちは多いが、統計やデータをどう扱うかに関しては基礎的な知識が足りない。ただ、それは致し方ないことで、エビデンスのある政策形成にどうコミットしていくのか、大きな枠組みで対応していくのかが課題」と述べた。

コメントを残す