今日のリンク

イベント詳細|公園へ行こう!第15回日比谷公園ガーデニングショー2017の開催

カンボジア パリ和平協定から26年 カンボジアの人権団体創立者が来日「民主主義を取り戻さなければ過去の過ちを繰り返す」「日本政府やEUの支援を得て、2017年に行われた地方選挙は、有権者登録や投開票のプロセスにおいて、
以前より改善され透明性は高まりました。激しい暴力的活動も選挙期間中には報告されませんでした」
しかし、現在、カンボジアで次々と起きている出来事は、複数政党制を基本とする自由な民主主義を麻痺させ、2018年の総選挙を危うくしています」

1+2+3が24になる? iOS11の電卓、実用に問題あり (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース 普通に使う程度の速さの入力でもこの現象が起きてしまうため、実用に問題があると行っても過言ではありません。早期にアップデートでの修正が望まれます。

格闘技通じて感染する水虫菌…頭や体部に寄生、毛が生えなくなるおそれも (読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース 国内の感染者数は、全国規模の調査がなく不明だ。都内の大学柔道部選手への検診では、昨年度は953人中、感染者は74人。陽性率は約8%で、過去5年間で最も高かった。こうした傾向から全体的に増加しているとみられる。

明石市の市場火災 15時間後のけさ消火(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース 25日夕方、兵庫県明石市にある木造の大蔵市場で起きた火災は、15時間にわたり、夜通し消火活動が行われ、26日午前6時45分ごろにようやく消し止められた。

<LED交換事業>苦戦 目標の1割どまり 都、PR強化へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 家庭で使っている白熱電球をLED電球に無償交換する都の省エネ促進事業が苦戦している。小池百合子知事の肝いりで7月に始まったが、約3カ月の交換実績は目標の約1割。都は交換できる店を追加募集するなどPRに腐心している。

長男の専門学校進学を理由に生活保護減額…母親が不服申し立て (読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース女性は長男が大きくなった後は事務などの仕事をしてきたが、収入は不安定で、生活保護を受け続けた。しかし、守口市は3月、長男の進学を理由に母子2人分支給していた生活費を女性分のみと決定。生活費の支給基準は月約14万円から約8万円に減額された。特別児童扶養手当なども別に受け取っているため、実際に支給される保護費は多くても月数万円という。

「オープンソース」こそがデジタル化の主役:日経ビジネスオンライン企業経営者が注目すべきOSS技術は?
ホワイトハースト:(アプリケーションの仮想化技術である)「コンテナ」とそれを支える「Docker(ドッカー)」だ。迅速にシステムを開発するための技術で、独立機関の調査でも時間を3~4割削減できるという。浮いた時間を他に回せば、新しいアプリケーションの投入などを迅速化できる。企業がデジタル変革を進めるうえで、コスト削減や時間の節約といった効果は非常に大きい。コンテナという新技術と向き合うことで、企業の姿勢変革にもつながるはずだ。

私が機内のドクターコールに応じたときの話:日経ビジネスオンライン 最後に申し上げておきますが、飛行機の中で医者は無力です。長時間のフライトの際は、体調管理にお気をつけて。

豊洲市場移転問題についての総括 -政治的判断の過ちと今後について- (1/2)つまり、「最終的な政策判断は頭の中にしかない」という旨を述べた小池知事の「AI発言」が許容されるのであれば、石原・浜渦両氏の決定もまた、政策決定なので「頭の中で」あるいは「水面下で」決めて問題ないとして、許容されるべきだという考え方が成立します。

この情報化の時代に、民主主義が対応できてないのはもったいなくないか – 山本一郎 (1/2) みんなが事情を知れば、全体の公益になるべき政策が、事業の都合や思い込みの強い反対派の大きい声に遮断され、待機児童がこれだけいるにも関わらず保育園・幼稚園の建設で地域住民の反対の大声に晒されて開園が見送られるというようなある種の「コンセンサスのミス」は、いまの民主主義のあり方では軌道修正に時間がかかりすぎるのではないか、と思うのです。

アップル、iPhoneの顔認証精度引き下げとのBBG報道を否定アップルは発表文書で、iPhoneXは予定通り11月3日に発売すると説明。「FaceIDの質と精度は変わっていない。顔認証システムを搭載したiPhoneのロックが顔の誤認識によって他人に解除される確率は引き続き100万分の1だ」とした。

安倍首相は「小池サマサマ」〜田原総一朗インタビュー

歴史家・加来耕三「小池百合子は関ケ原の戦いに敗れた総大将・毛利輝元だ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 安倍首相は東軍の大将・徳川家康です。実は関ケ原の戦いは西軍側の武将らの裏切りという“敵失”であっさり決着がついてしまった。その上、手柄を立てたのは福島正則ら徳川方についた豊臣家の武将ばかりで、戦後もしばらくは家康の全国支配が確立しなかった。今回の勝利は小池氏の“敵失”が大きく、安倍首相が国民に信任されたとは言いづらい。国政には課題が山積み。圧勝したが後が大変、という状況ではないでしょうか。(構成/本誌・小泉耕平)

コメントを残す