今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】植物vs.ヒトの全人類史、刊行2割の「冒険家遺伝子」が今、開始する
糖質からの独立戦争
炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】~植物vs.ヒトの全人類史~ (光文社新書) | 夏井 睦 | 美容・ダイエット | Kindleストア | Amazon


TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!「問題の構成を知る」
「解き方を知る」
「悩まないと自分に言い聞かせる」

WPA2の脆弱性「KRACKs」公開、多数のWi-Fi機器に影響の恐れ – ZDNet Japan Vanhoef氏の見解では、HTTPSやVPNなど別の手段でも、この脆弱性を悪用する攻撃に対して十分な保護にはなりづらいという。現状でユーザーは、WPA2を介したWi-Fiの利用を慎重に行い、メーカーからパッチが提供されれば、速やかに適用すべきとしている。また今回、WPA2の危険性が指摘されたからといって、既にクラッキングが可能なWEPなど古い認証方式を利用すべきではないともアドバイスしている。

悲惨な「東名高速死亡事故」似た経験をした犯罪心理のプロが思うこと(原田 隆之) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)カナダの犯罪心理学者、アンドリュースとボンタによれば、主な危険因子は8つあり、それは過去の反社会的行動歴(ルール違反)、反社会的交友、反社会的パーソナリティ、反社会的態度、学校・職場での問題、家族の問題、薬物乱用(アルコールを含む)、余暇の不健全な活用である。これらを称して「セントラル・エイト」と呼ぶ。
具体的には、自己中心性を抑えて共感性を育てる共感性訓練、怒りや攻撃性のコントロール、暴力に頼らないで自己主張したり問題解決したりするためのスキル訓練、周囲の人間と円滑な関係を維持するための対人スキル、敵意を抱きやすい認知傾向の修正、法や社会に対するゆがんだ認知の修正など、行うべき「治療」はたくさんある。
そして、近年の犯罪心理学や臨床心理学は、こうした治療方法も格段に進歩し、効果を上げている。
治療効果のエビデンスとしては、最も権威のある犯罪心理学の教科書として世界中で読まれている前述のアンドリュースとボンタの『犯罪行動の心理学』では、適切な治療によって再犯率が約10〜30%低下することが紹介されている。
Amazon.co.jp: 入門 犯罪心理学 (ちくま新書) eBook: 原田隆之: Kindleストア近年、犯罪心理学は目覚ましい発展を遂げた。無批判に信奉されてきた精神分析をはじめ実証性を欠いた方法が淘汰され、過去の犯罪心理学と訣別した。科学的な方法論を適用し、ビッグデータにもとづくメタ分析を行い、認知行動療法等の知見を援用することによって、犯罪の防止や抑制に大きな効果を発揮する。本書は、これまで日本にはほとんど紹介されてこなかった「新しい犯罪心理学」の到達点を総覧する。東京拘置所や国連薬物犯罪事務所などで様々な犯罪者と濃密に関わった経験ももつ著者が、殺人、窈盗、薬物犯罪、性犯罪などが生じるメカニズムを解説し、犯罪者のこころの深奥にせまる。

衆院選「期日前投票を」 沖縄県選管、台風接近で異例の呼び掛け (沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース 総務省などによると、国政選挙では第1回(1947年)、第7回(65年)、第10回(74年)の参院選で、それぞれ長野県飯田市、熊本県の五木村と旧坂本村、三重県伊勢市で大災害に見舞われ、投票日を後にずらしたことがある。県内では14年の豊見城市長選が台風の影響で延長となった。県選管は「当日の状況をみて判断するが、安全のため検討しておく必要はある」としている。

動物写真家・岩合光昭が教える「猫に嫌われないコツ」とは? (オリコン) – Yahoo!ニュース【岩合光昭】僕が言えるのは、愛されるコツではなく、“嫌われないコツ”ですね。まず、自分の要求を考えないことです。写真を撮るとき、つい「こういう写真を撮りたい」とか「可愛い仕草を撮りたい」と思ってしまう。でも、それは猫の意志じゃない。撮る方の意志なんです。どこの国だったか、猫と10何年一緒に暮らしている人が、「猫を一度も抱いたことがない」と言っていました。「どうしてですか?」と聞くと、「猫の意志を確認したら、私は抱かれたくないと猫が言ったから」と(笑)。でも、それこそがその猫とその飼い主さんとの、とても親密で、自然な関係性だと思うのです。

「監視社会」として先進国の先を行く中国:日経ビジネスオンライン 広東省深圳市や江蘇省南京市、山東省済南市などでは、顔認証技術を使い、信号を無視して交差点を渡る歩行者を撮影し、大型のディスプレーに映し出す仕組みが登場した。中国政府は公共安全の技術を使って、国民のマナー向上にまでつなげようと考えているようだ。ここまで来ると監視社会を感じさせるが、こうしたことができるのは社会主義国の中国だからこそだろうか。

安倍政権が「選挙で大勝」するというので近畿財務局長はますます森友問題をうやむやにしようとしていることが明らかになった。 (1/2)

【読書感想】 グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (1/2)しかしながら、この本を読むと、実名・顔出しでの「告発者」や「被害者」に対して、英語圏では日本のようなバッシングではなく、共感や賞賛の声が集まることが多いそうなのです。
問題なのはその実名を知った読者・視聴者の反応であって、日本のメディアが「匿名報道」に向かわざるをえないのは、そういうネガティブな世間の反応のせいだとも言えるのです。
Amazon.co.jp: グローバル・ジャーナリズム-国際スクープの舞台裏 (岩波新書) eBook: 澤 康臣: Kindleストア

コメントを残す