今日のリンク

自民「9条改正」案、秋に提示か 衆院選の堅調報道受け (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 自民、公明両党で300議席をうかがう――朝日新聞をはじめ報道各社が実施した衆院選の情勢調査結果が出た。自民党内では結果を受け、秋に臨時国会を召集し、党として憲法9条の改正原案を示す案が早くも浮上。安倍晋三首相も選挙後の改憲議論を見据え、布石を打ち始めた。
「与党で絶対安定多数」が目標=自民幹部【17衆院選】 (時事通信) – Yahoo!ニュース 自民党の萩生田光一幹事長代行は16日のBS日テレの番組で、衆院選の目標議席について「絶対安定多数は欲しいのが正直なところだ」と述べ、自民、公明の与党で261議席の確保を目指す考えを示した。絶対安定多数は常任委員長ポストを占め、かつ委員数でも野党を上回る議席数。安倍晋三首相は、与党で過半数(233議席)を勝敗ラインに掲げている。


豊洲移転 来年9~10月メドに調整(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース 東京都は16日、築地市場から豊洲市場への移転時期について、来年9月から10月をメドとして業界団体との調整に入ると発表した。豊洲市場に盛り土がなかったことへの追加の対策工事が来年7月末に完了することや、衛生面の理由で夏場を避けることなどからこの時期になったという。

WPA2の脆弱性「パッチで対応可能」 Wi-Fi標準化団体が見解 (ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 脆弱性は、ベルギーのマシー・ヴァンホフ氏(ルーヴェン・カトリック大学)が複数発見したもの(コードネーム:KRACKs)。WPA2プロトコルの暗号鍵管理にいくつかの脆弱性があり、「key reinstallation attacks」と呼ばれる手法で悪用が可能という。
 Wi-Fi Allianceは、脆弱性が報告されてから直ちに対応に取り組み、加盟するメンバー企業が使用できる脆弱性検出ツールを提供、メーカー側にも必要なパッチを迅速に提供できるよう呼び掛けているという。ユーザーには使用しているデバイスで最新のアップデートを順次適用するように促している。
 現時点で、今回の脆弱性が悪用されている証拠はないとしている。

中性子星の合体で重力波 米欧が初検出 日本も追跡観測で貢献、金の起源か (産経新聞) – Yahoo!ニュース 非常に重い中性子星という星が合体して生じた重力波を初めて検出したと米欧の観測チームが16日、発表した。日本など各国が望遠鏡で追跡観測し、金などの重い元素はこの合体現象で生まれた可能性が高いことを突き止めた。重力波と光の両方で天体を捉えたのは世界初で、天文学の新時代を開く画期的な成果だ。

「仏壇に報告できない判決」 警官が被害者を犯人と誤認も「違法性なし」に遺族無念 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 秋田市で平成22年、弁護士の津谷裕貴(つや・ひろたか)さん=当時(55)=が自宅で男に刺殺されたのは、警察官が津谷さんを犯人と間違えて取り押さえたためだとして、遺族が秋田県と男に計約2億2300万円の国家賠償と損害賠償を求めた訴訟で、県への賠償請求を棄却した16日の秋田地裁判決。遺族らは記者会見で無念を語った。

ジジイ問題に“大ジジイ”が答える?!:日経ビジネスオンライン河合:いったん真ん中に入った人は自分の既得権益を守るために、自分よりも下の大学や、年齢の若い人、あるいは女性を排除しますよね。特に「自分にとって脅威だ」と感じると、とことんバカにする。自分が手に入れた“ブランド”を絶対に放したくない。勝ち組の下っ端でもいいからぶら下がっていたいと。それが結局は、組織の閉塞感を生んでいるよう思うんです。

「遺骨」を捨てる人も、「一族の墓」は維持困難:日経ビジネスオンライン さらにもう一つの傾向は、さきほども話題に上がりました、墓の“無形化”。「墓は作らない」という選択です。散骨については、つい20、30年ほど前までは「葬送の方法として好ましくない」(注*5)と忌避する人が主流でしたが、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)や高倉健さん主演の映画「あなたへ」(2012年)で散骨が描かれたこともあり、特殊な葬送な方法と考える人は減りました。今では当たり前の選択肢になりましたね。私が8年ほど前の2009年の時点で実施した調査でも、死んだら散骨してほしいという人が3割近くもいました。

iPS細胞で新しい薬が発見できるのは、なぜ?:日経ビジネスオンライン とはいえ、一口にスクリーニングといっても簡単な作業ではありません。患者から細胞を採取してiPS細胞をつくり、その細胞を分化誘導させて、「病気の細胞」をつくるのにも技術や時間を要します。できた細胞に、膨大な量の化合物をスクリーニングする作業を段階的に繰り返し、さらに有効性と安全性の実験を経て、ようやく治験にたどり着くのです。今回も7000種類近い化合物をスクリーニングして、ひとつの薬にたどり着きましたが、もちろん、新薬として認められるかどうかは治験の結果次第です。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  アルコール摂取の適量は?、リスクは?、血糖低下作用は?

なぜ、アメリカは銃を廃止できないのか? アメリカ文化の「盲点」から学ぶこと驚くかもしれないが、近年大半のアメリカ人は銃規制強化を支持している。

スマホの最も生産的な入力方法はフリックではなく「ひと筆書き」だ 一方、Swypeは、1つの単語を「一筆書き」のようにして一気に書いてしまう!  QWERTYのソフトキーボードの上で指をなぞるようにするとそのまま文字が入ってしまう。ちょうど、日本人にはなじみやすいカナ漢字変換的に候補が出てくる。図2や私が入力している動画を見ていただくのがはやいのだが、なんとなく書道の達人が流れるような書体で書いたものが、実はこんな意味の言葉でしたみたいな不思議な楽しさかある。

子どもの体力は親の収入で決まる? 23区で最も低いのは〇〇区だった一見して、両者が相関していることがお分かりいただけるだろう。体力評価1位の千代田区は所得水準2位、体力評価2位の港区は所得水準1位。逆に体力評価最下位の荒川区は所得水準19位、体力評価22位の足立区は所得水準最下位。「所得水準が高いほど体力も高くなる」という傾向がハッキリと現れている。

教育格差を考える~親心と格差の悩ましい関係:エコノミストの眼クラークは日本についても姓を使った調査をしており、旧士族や旧華族の珍しい姓が、医学研究者や法律家、学者などで異常に高い頻度で見つかることを発見した。明治維新や第二次世界大戦後の改革で、日本は比較的社会階層間の移動は活発だとされてきたが、従来考えられていたよりも移動は少ないと述べている。

コメントを残す