今日のリンク

外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる | 江部 康二 | 美容・ダイエット | Kindleストア | Amazon伊藤忠商事の岡藤正広社長をはじめ、今や企業のエグゼクティブ層までが大きな関心を寄せている「糖質制限」。これを病気治療の現場に取り入れているのが、京都・高雄病院の江部康二医師である。2002年に自身の糖尿病に気づき、糖質制限食を実践。見事に肥満と糖尿病を克服したという自身の経験に基づき、現在も糖質制限食の研究を続けるかたわら、糖質制限食をテーマにしたダイエットや病気予防に関する著書を多数出版。糖質制限食の第一人者である江部医師が、外食中心のビジネスパーソン向けに、外食やコンビニ飯をうまく活用して健康でスリムな体を手に入れる方法を伝授する。


五輪、都が国に支出要望…開会式など20項目 (読売新聞) – Yahoo!ニュース東京大会の経費は最大1兆8000億円と試算されており、このうち、大会運営費を中心に、約7500億円の費用に関し、負担者が決まっていない。大会関係者によると、負担未定分の経費について、都は4月中旬の協議で、〈1〉聖火リレーや開閉会式の開催費〈2〉大会期間中の公共交通機関の無償化費用〈3〉暑さ対策費〈4〉自治体の常設施設の改修費――などの負担を国に肩代わりするよう打診した。都側は約20項目の具体的な経費を提示しなかったが、大会関係者は「すべて含めれば、1000億円以上になるだろう」と見積もっている。
五輪仮設、追い込まれた小池知事 官邸や他知事が包囲網 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 財源も決まっていない。11日の都議会委員会で、都外施設の財源について都幹部は「具体的にはこれから検討」と話した。都は五輪開催のために約3700億円の基金を積んでいるが、使途は条例で定められており、都外の仮設整備費に使えるかは精査が必要という。都議からは、突然の負担表明に「知事の独断だ」との批判も出た。

迷惑ウニ、廃棄野菜で美味に変身? 商品化へ実証実験 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース ウニの身は成熟すると、全体重の20%ほどの重さになるが、実験前は2~3%だった身が、最大で17%に育った。うまみ成分も市販のウニと同等との分析結果が出たという。

秋田「人食いグマ」、3頭残存か (読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース 米田理事長がその後、関係者の聞き取り調査などを続けた結果、人を食べた可能性のあるクマは計5頭で、このうち「スーパーK」とみられる雄グマが昨年9月に捕獲・駆除(殺処分)されていたことがわかった。秋田県では2016年度に、前年度の4倍以上にのぼる476頭のクマを捕獲・駆除したが、「人食いグマ」は3頭生き残ったと米田理事長は推測。目撃者の証言などから、生き残ったのは、「額の左側に古傷のある」若い雄グマと、12歳と推定される高齢の「赤毛の大きな」雌グマ、気性が荒いもう1頭の別の雌グマの3頭だとみている。

カラオケ動画投稿ダメ…メーカーの権利侵害判決 (読売新聞) – Yahoo!ニュース 自分がカラオケで歌う様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した東京都内の男性(45)に対し、東京地裁が、カラオケ機器メーカーの著作隣接権を侵害するとして公開禁止を命じる判決を言い渡していたことが分かった。

北朝鮮、サイバー攻撃で外銀から窃取か  :日本経済新聞 【ワシントン=永沢毅、北京=永井央紀】北朝鮮が世界各地の銀行に組織的なサイバー攻撃をしかけ、多額の現金を奪った疑いが浮上している。事実だとすれば、核・ミサイル開発の新たな資金源となりうる。米国の呼びかけで各国は北朝鮮の資金源を断つための制裁強化に乗り出しているが、サイバー攻撃による資金獲得が続けば制裁効果が薄れる懸念が強まりそうだ。

マイクロソフトがLinuxのOpenSUSEとFedoraをストア配布。「Windowsで動くLinux」ことWSLに追加 – Engadget 日本版各ディストリビューションの導入は非常に簡単で、Windows 10を開発者モードに切り替えてから、Windows Storeを開き、各ディストリビューションをインストールするだけ。

中国人の「スマホ依存」が極限まで進んでいる理由 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン 望む、望まないにかかわらず、中国社会は「スマホありき」の前提で動き始めている。中国に住む限り、もはやスマホから逃れることはできない。そのことを私は今回の上海取材で思い知った。

美空ひばり生誕80年 息子・加藤和也が語る「パジャマ姿の母」 – 「文藝春秋」編集部「当時は、いわゆる裏社会の方たちとのお付き合いなくして、興行を打つことはできなかった。(略)現在ならば黒い交際として問題となりますが、美空ひばりの歴史に嘘はつけません。そういうお付き合いを隠蔽しようとすると、美空ひばり像がとても歪なものになってしまう」

「誰でも」入れる公園やトイレは危険?プロが教える安全な景色とは 千葉県で小学生の女児を殺害したなどとして元保護者会長が逮捕された事件を受け、子どもの安全をどう守るか関心が高まっている。そのような中、犯罪学を研究してきた立正大学の小宮信夫教授(61)が、7年かけ、世界92か国を回って撮影した、世界初の防犯写真集「写真でわかる世界の防犯」(小学館)を刊行した。写真家や、ジャーナリストではなく、研究者の視点で、防犯に効果的な街の風景を切り取った約200枚の風景写真が収められている。
写真でわかる世界の防犯 遺跡・デザイン・まちづくり (教育単行本) | 小宮 信夫 |本 | 通販 | Amazon世界92か国の遺跡や街並みを徹底分析した、世界初のオールカラー「防犯写真集」。「地域安全マップづくり運動」で日本人の防犯力アップを進める立正大学 小宮信夫教授。犯罪学者の著者が提唱する世界標準の「犯罪機会論」は、「犯罪は犯行の動機があるだけでは起こらず、動機を抱えた人が犯罪の機会(チャンス)に出合ったときに初めて起こる」というもの。そこで、機会をうかがう犯罪者が「心理的・物理的に犯罪をやりにくい条件とは」という目線で、世界遺産、住宅や道路、学校や公園、駅やトイレなどを調査。著者自らカメラ片手に、7年間世界を駆け巡り撮影した「安全な景色」の美しい写真とともに、「被害を防ぐ具体的方法」を徹底解説します。はるか昔、「敵から身を守るには、城や都市をどう築くべきか」という決死の思いで絞り出された知恵と工夫には、思わずハッとさせられます。現代建築や地域安全のテキストとしてはもちろん、行き先々で安全に過ごすための「旅の友」としてもお勧めの一冊。また、歴史やアート、映画や小説の「もう一つの楽しみ方」も教えてくれます。さらに、社会安全の向上に尽くしてきた、国松孝次・元警察庁長官の推薦文も必読です。

あなたのパスポートは大丈夫? 「〇〇と一緒に保管しないで」外務省が注意喚起旅行中は「生命の次に大切なもの」と言われるパスポートは、日本政府が外国に渡航する人の日本国籍、身分を証明し、渡航先の外国政府に保護を依頼する大切な証明書です。折しも衣替えの季節、パスポートと防虫剤を一緒にしまわないよう気をつけましょう。

クールビズの室温設定 28度は「何となくスタート」環境省によりますと、労働安全衛生法で定められた「17度以上、28度以下」の上限をクールビズの目安にしたということです。環境省は見直す予定はないとしています。

コメントを残す