今日のリンク

2014FIFAワールドカップ – Yahoo!ニュース 南米、北中米カリブ海地域のチームは、敗退がそれぞれ1チームにとどまり、好調さが際立った一方、欧州は約半数が姿を消した。アジアの4チームはすべて敗退した。
「W杯は開幕前から負けていた!?」日本サッカー協会が犯した重大なミスとは…… – ライブドアニュース コロンビア戦を終えて、グループリーグを1分2敗の勝ち点1で敗退したザックJAPAN。現在、敗退した理由について、本田圭佑を中心に据えたことへの疑問、交代策、戦術のブレなど、日本中で討論されているが、中でも“運動量の少なさ”は誰もが納得できる理由の一つだろう。
アジア枠ピンチ…1勝もできず“全滅”で今後、減枠論浮上も(スポニチアネックス) – ブラジルワールドカップ特集 – スポーツナビ ブラジル大会でアジア勢は厳しい現実を突き付けられた。C組の日本は1分け2敗、勝ち点1にとどまり最下位で終戦。オーストラリアも3戦全敗の勝ち点0でB組最下位。イランも1分け2敗の勝ち点1でF組最下位。そして韓国も勝てなかった。
ブラジル代表、思いのほか苦戦 W杯1次リーグ  :日本経済新聞

WordPressに公開承認ワークフロー管理機能を追加する Peter’s Collaboration E-mails | ネット日和
[WP] 公開前の投稿やページを他者が確認できるプラグイン Public Post Preview を日本語化しました – @mekemoke
[WP] Post Expirator の日本語化ファイルを作ってみました – @mekemoke
WordPressで記事公開時と更新時のフックを使い分ける方法 | モンキーレンチ

Post Status Transitions

WordPressには「下書き」「公開」「レビュー待ち」などいくつかの投稿ステータスがあり、そのステータスの遷移に応じて稼働させることができるフックが用意されている。書式は次の通り。
1
2
3
4

// 書式
{$old_status}_to_{$new_status}
// 例)下書き状態から公開状態になったとき
add_action( ‘draft_to_publish’, ‘my_function’ );

上記のフックで利用できる投稿ステータスは以下のとおり。
ステータス名 内容
new 前のステータスがないとき
publish 公開された投稿やページ
pending レビュー待ちの投稿
draft 下書き状態の投稿
auto-draft 新しく作成された内容がない投稿
future 公開予約された投稿
private ログインしていないユーザーには表示されない投稿
inherit リビジョンまたは添付ファイル
trash ゴミ箱に入っている投稿

従って、例えば「新規公開時に限って処理を実行したい」という場合は、{$old_status}_to_publishの形式で全てのフックを指定すれば良い。

ドラッグアンドドロップで簡単に並び順を変更できるWordPressプラグインまとめ | モンキーレンチ

インターネットコム [IT・テクノロジーニュース]~SIMフリースマートフォン「freetel」 2014年・秋モデル~ 「freetel nico」予定スペックを大幅引き上げ!
プラスワン・マーケティング株式会社

公明代表、集団的自衛権行使を容認 「歯止めきく」  :日本経済新聞 安全保障法制整備の与党協議会で自民党の高村正彦副総裁が示した案について、山口代表は「日本を守るための武力行使に限られるとはっきり書いてある」と指摘。自衛権に関する1972年の政府見解の維持を明記していることを挙げ「二重三重の歯止めがきく。拡大解釈の恐れはない」と評価した。

W杯の荒海に沈む:日経ビジネスオンライン

 日本のメディアは、基本的に、協会や日本人選手を批判しない。
 苦言を呈することはあっても、罵るようなことはしない。

 テレビは、戦前の段階では、楽観論しか言わない。
 というよりも、番組の視聴率を煽るために悲観的な論評はつぶしにかかる。
 NHKだって似たようなものだ。
 彼らもまた、放映権料のモトを取るために、大会開幕前から、お祭り気分を煽るタイプの情報をヘビーローテーションで垂れ流しにかかっている。

中国の富豪の8割は3年で没落:日経ビジネスオンライン百万富豪76万人に急増も「旧態依然」で大崩壊か
富豪が急増、その実は格差拡大の裏返し
精神的貧困が富の維持を危うくする
悪質ブローカーに始まり、仕手、密輸へ
バブルの実態は公民一体の欺瞞、すでに壊れている
提言実現は絶望的、それは「3年後」か?

歯科治療で始まるコペルニクス的転換:日経ビジネスオンラインチョコレート歯科医院の挑戦(下)
スウェーデンやタイに学べ
加藤:他国について言うと、日本のように治療が中心の国もありますが、多くは予防を中心に据えています。例えばスウェーデンは子供の頃からしっかり予防の習慣を身につけさせようとしています。そして子供のうちは歯科医療は無料ですが、大人になったら私費負担です。
加藤:東南アジアでもタイでは、予防は無料です。それから、総入れ歯も無料です。あとは全部、自費です。
虫歯になってからの公的支援では遅い
パラジウム合金で良いのか
予防は弱者切り捨てか?
治療中心の仕組みを残しつつ、予防重視に踏み出す
歯科衛生士の増強を
歯を残した方が医師も働ける
保険制度を変える
歯のメンテをファッション化する
口腔バイオフィルム産業?

セブンイレブン「コンビニの商品は、災害時の救援物資ではありません!」:日経ビジネスオンライン

 「まずは誰もが感じていることだろうけれども、この大都市・東京、首都圏と、東日本大震災で被災した東北地方では、大きな違いがある。それは、『東京の地域コミュニティが、東北地方と比べて、まったくと言っていいほど機能していない』という問題だよ。

 だからこそ、彼らコンビニの側が真の実力を出すためには、私たち一般市民の側にも、“近くて便利、何でもあって頼れる”というコンビニのイメージに甘え過ぎない、節度ある向きあい方が求められることを忘れてはならない。今回のぶら防では、このことを強く訴えておかなければならないね。繰り返すけど『災害時コンビニ店舗内にある商品は、救援物資ではない』ことを肝に銘じておいて欲しい」

ムーアの法則を救うのは真空管かもしれない | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア

トランジスタは現在生産技術の限界から行き詰まりを見せている。しかし、NASAの研究者たちは、再びトランジスタを加速させる手法を発見したという。それはなんとコンピューターの初期に使われていた「真空管」技術を使ったものらしい(HOTHARDWARE、IEEE Spectrum、Slashdot)。

NASAのAmes Research Centerで開発されているのは、真空チャネルトランジスタ(vacuum-channel transistor)というもの。伝統的な真空管技術と最新の半導体製造技術を組み合わせたもので、小型かつ安価な装置として製造することができるという。まだ初期の研究段階にあるが、460GHzのクロックで動作するシリコンの作成に成功。また真空管と同じく熱や放射線に対しても強いとされる。

IEEE Spectrumの記事によると、真空チャネルトランジスタは、半導体電界効果トランジスタもしくはMOSFETに類似した構造であるようだ。また長年課題となっている赤外電磁スペクトルで谷間になっているテラヘルツギャップを埋めることができる技術に繋がるかもしれないとのこと。

C MAGAZINEのバックナンバーの電子版、1冊80円で提供開始 | スラッシュドット・ジャパン デベロッパー価格は1冊80円。さすがに今となっては古くなっている情報が多いとは思うが、プログラミングに関する歴史的資料が手軽に入手できる点で意義深い。あとは全号の特集一覧などがあれば購入しやすいのだが……。
Amazon.co.jp: c magazine: Kindleストア
C Magazineが電子書籍で復刻! – WWW.SBCR.JP トピックス■ご注意
1)この電子書籍は紙の印刷物をスキャンしたデータを格納した『まるまるC MAGAZINE COMPLETE for DVD』(2006年発売)を元に制作されております。発行年度によっては汚れ、カスレ、カスミ、ズレ、黄ばみなどがあります。必ず公開中のサンプルPDFをご覧いただいてからご購入ください。

中国の権力、正統性は「文」の力 – 石井孝明

政治が締め付けても、まとまらない中国。政治の締め付けがなくても、まとまってしまう日本。蒋介石が固執した宝物を見ながら、平和ボケでも、うまくまとまる日本のありがたさをしみじみと感じてしまった。

ちなみに中国の理想の政治は、古代から、政治の力が人々に及ばず、天下太平で人々が豊かに暮らすこととされる。「鼓腹撃壌」という言葉が使われ、その伝説を反映した宝物も展覧会にあった。

日本は文明の先生である中国よりも、理想の国(?)をいち早くつくってしまったことは興味深い。

【サッカー】W杯終戦の先に見える未来は… (2/2)

 メキシコは身長的には日本と大差はないのだが、線が細いということはない。見た目でいえば、おそらく筋肉量の違いだ。ここぞというときの、瞬発力を出すための筋肉がある。日本人選手は、総じて華奢に見えるんだ。

 もっと筋肉をつける……端的にいえば、「もっと肉を食え!」かな(笑)。

 お米大好きの選手は多いそうだが、お米じゃ筋肉はつかないよ。

糖質制限の自転車選手が250kcalで150kmを走った結果一概には言えないが、徐々に体が脂肪をはやく燃焼してくれる体にしてくれているのかもしれない。私は先日の土日である程度糖質制限でもパワーを維持できる事を確認できたから今後も糖質制限を続けていく。
激走100マイル 世界一過酷なトレイルランを衝動買いした理由糖質制限をスポーツで活かす場合、やって良いこと、悪いこと、そして費やす時間と様々な改良を重ねていくことが重要だと考えさせられます。一章「地獄のハンガーノック」というタイトルから始まる本書を、サイクリストのみならず読んでおいて損はない(むしろ有益)な本であると言えます。
Amazon.co.jp: アルプスを越えろ! 激走100マイル―世界一過酷なトレイルラン― 電子書籍: 鏑木 毅: Kindleストア

コメントを残す