今日のリンク

2014FIFAワールドカップ – Yahoo!ニュース 南米、北中米カリブ海地域のチームは、敗退がそれぞれ1チームにとどまり、好調さが際立った一方、欧州は約半数が姿を消した。アジアの4チームはすべて敗退した。
「W杯は開幕前から負けていた!?」日本サッカー協会が犯した重大なミスとは…… – ライブドアニュース コロンビア戦を終えて、グループリーグを1分2敗の勝ち点1で敗退したザックJAPAN。現在、敗退した理由について、本田圭佑を中心に据えたことへの疑問、交代策、戦術のブレなど、日本中で討論されているが、中でも“運動量の少なさ”は誰もが納得できる理由の一つだろう。
アジア枠ピンチ…1勝もできず“全滅”で今後、減枠論浮上も(スポニチアネックス) – ブラジルワールドカップ特集 – スポーツナビ ブラジル大会でアジア勢は厳しい現実を突き付けられた。C組の日本は1分け2敗、勝ち点1にとどまり最下位で終戦。オーストラリアも3戦全敗の勝ち点0でB組最下位。イランも1分け2敗の勝ち点1でF組最下位。そして韓国も勝てなかった。
ブラジル代表、思いのほか苦戦 W杯1次リーグ  :日本経済新聞

WordPressに公開承認ワークフロー管理機能を追加する Peter’s Collaboration E-mails | ネット日和
[WP] 公開前の投稿やページを他者が確認できるプラグイン Public Post Preview を日本語化しました – @mekemoke
[WP] Post Expirator の日本語化ファイルを作ってみました – @mekemoke
WordPressで記事公開時と更新時のフックを使い分ける方法 | モンキーレンチ

Post Status Transitions

WordPressには「下書き」「公開」「レビュー待ち」などいくつかの投稿ステータスがあり、そのステータスの遷移に応じて稼働させることができるフックが用意されている。書式は次の通り。
1
2
3
4

// 書式
{$old_status}_to_{$new_status}
// 例)下書き状態から公開状態になったとき
add_action( ‘draft_to_publish’, ‘my_function’ );

上記のフックで利用できる投稿ステータスは以下のとおり。
ステータス名 内容
new 前のステータスがないとき
publish 公開された投稿やページ
pending レビュー待ちの投稿
draft 下書き状態の投稿
auto-draft 新しく作成された内容がない投稿
future 公開予約された投稿
private ログインしていないユーザーには表示されない投稿
inherit リビジョンまたは添付ファイル
trash ゴミ箱に入っている投稿

従って、例えば「新規公開時に限って処理を実行したい」という場合は、{$old_status}_to_publishの形式で全てのフックを指定すれば良い。

ドラッグアンドドロップで簡単に並び順を変更できるWordPressプラグインまとめ | モンキーレンチ

続きを読む 今日のリンク