今日のリンク

国際的なボットネットのテイクダウン作戦 インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使用されているとみられる不正プログラム「Game Over Zeus」が世界的に蔓延していることから、今般、米国連邦捜査局(FBI)及び欧州刑事警察機構(ユーロポール)が中心となり、我が国警察を含む協力国の法執行機関が連携し、当該不正プログラムのネットワークを崩壊させる(ボットネットのテイクダウン)作戦を決行している。
本作戦は、関連サーバを押収し、当該ネットワークの管理者を起訴するとともに、より多くの感染端末を特定し、プロバイダ等を通じて感染端末の利用者に対して不正プログラムの駆除を促すことにより、感染端末を減少させることとしている。
GameOver Zeusボットネット摘発作戦、発動せり – FBI、ユーロポール、警察庁、多数の民間企業が参加 (マイナビニュース) – Yahoo!ニュースこの作戦は、米国連邦捜査局(FBI)や欧州刑事警察機構(ユーロポール)、日本の警察庁も加わる国際的なものだ。民間企業からも、マイクロソフト、シマンテック、トレンドマイクロなど、複数の企業が協力している。

WordPress 直感的に投稿記事の並び順を変更するプラグインを公開しました Intuitive Custom Post Order | hijiriworld Web
WordPressのカスタム投稿タイプの使い方が初心者でも超わかる記事10選 | ネタワン
カスタム投稿タイプとカスタムフィールドを一元管理したいなら「Types」プラグインが便利(1)カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー

新しい創傷治療:更新履歴

 「日本サッカー選手の食事」というメールです。
 昨夕偶然TVで、日本サッカー選手の栄養士が出ていました。ナント炭水化物を60%と言うメニューのコメントに思わず反応してしまいました。まあ~オリンピックの沙羅ちゃんと同じと感じました。矢張り後半動けない~凹
 炭水化物60%では勝てません。多くの糖質OFF食のアスリート達の投稿には納得です。
 私の知り合いのスポーツ・エアロビをしている女性(全国大会レベルらしい)は糖質ほぼゼロ生活をしていますが,糖質を食べていた頃よりスタミナ切れにならなくなったそうで,試合の合間にアーモンドを数粒食べるだけだそうです。「米の飯なんぞ食っていたら,スタミナが持たん! 米の飯食うてるスポーツ選手はアホや」と関西弁でまくしたててくれます。

サッカーの食事|選手・指導者向け情報|メディカルインフォメーション|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会

1)食事の基本は『栄養フルコース型』

「栄養フルコース型」の基本メニュー例 バランスのよい食事とは、図のような『栄養フルコース型』の食事のことです。これは食卓に、①主食、②おかず、③野菜、④果物、⑤乳製品の5つを毎食そろえることがポイントになります。小学校時代の給食を思い出してみましょう。給食はとてもバランスがよいメニューだったのです。

『栄養フルコース型』の基本メニュー例①主食には栄養素として糖質が多く含まれるので、脳と筋肉のエネルギー源が確保できます。毎日の勉強のためにもしっかり食べましょう。②おかずと⑤乳製品にはタンパク質、カルシウム、鉄が豊富に含まれていますので、筋肉、骨格、血液などのカラダづくりに役立ちます。育ち盛りには特に重要です。そして、③野菜と④果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれ、コンディションを整えるのに役立ちます。これらが不足すると、疲労が蓄積してオーバートレーニングのようになることもありますから、好き嫌いせずに食べるようにしましょう。

犯人はこれか?

日本、黒星発進 「魔の4分間」はなぜ起きた  :日本経済新聞 ブラジル特有の高温多湿、そして雨……。いろんな条件があったからだろうが、日本代表はコンディションがあまりフィットしていなかった感じだ。みんな体が重そうで、Y・トゥーレら世界的なプレーヤーのそろった強豪国に対し、スピードや運動量で勝負しなければいけなかったのに、そういった面のフィジカルの強みを発揮できなかった。

アレルギーの原因は糖質にあり – たがしゅうブログ

年齢別に食物アレルギーの有病率を見た時に,

1歳が最も有病率が高いピークとなって,その後徐々に減少していく様子がわかります.

「アレルギーの原因は糖質頻回過剰摂取」という仮説で考えれば,

1歳にピークが来る理由は離乳食ではないかという考えに及びます.

要するに,もともとケトン体質であった人体に,「離乳食という糖質頻回過剰摂取の食習慣」を無理に強いてしまうために,

それに適応しきれずトラブルを起こしてしまう,

そのピークが離乳食が始まるであろう1歳前後なのではないかと思うのです.

続きを読む 今日のリンク