今日のリンク

日本 コロンビア戦勝利が絶対条件 コートジが勝てば敗退(スポニチアネックス) – ブラジルワールドカップ特集 – スポーツナビ
数的優位活かせずギリシャとドロー 最終戦にGL突破懸ける/日本代表W杯速報(ISM) – ブラジルワールドカップ特集 – スポーツナビ

改正児童売春・ポルノ禁止法成立 | スラッシュドット・ジャパン YRO

http://store.shopping.yahoo.co.jp/onedollar8/a01436-.html



日本オーニング協会
<建物やキャンピングカーの窓や軒先などに取り付けられる可動式の日除け・雨除けをオーニングという。 おもに布張りで、手動または電動によってせり出させ、日射の調整や雨除けを行う。日本オーニング協会はオーニングを設置することによって日本における夏季の冷房稼働率を約1/3に抑えることができるといい、二酸化炭素排出量抑制も可能としている[1]。/a>

「あなたのサイト、管理できていないなら閉鎖の検討を」IPA が呼びかけ– CMS のぜい弱性懸念 – インターネットコム

特に、Web Diary Professional(WDP)や Movable Type といった CMS については攻撃が活発化しているという。同社は2013年にも両 CMS に関して注意喚起をしている。

なお、WordPress や Joomla! など利用者の多い CMS にも、サイトの改竄が可能な深刻な脆弱性は多数見つかっていると、IPA は指摘している。いずれの CMS にせよセキュリティ対策は重要だ。

管理できていないウェブサイトは閉鎖の検討を:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

対策

以下のいずれかを実施してください。
1. 脆弱性の解消 – 修正プログラムの適用

CMS の利用有無と CMS のバージョンを確認し、最新バージョンが存在すればアップデートしてください。
2. サポートが継続している製品に移行

数年間バージョンアップされないなど、製品の開発やサポートが停止している CMS を使用している場合は、別の製品へ移行してください。
3. ウェブページの公開停止

上記の対策ができない場合やウェブサイト担当者がいない場合、契約しているレンタルウェブサーバー業者やウェブサイト作成委託業者に相談して、ウェブサイトの公開を停止してください。

空母、原潜、核兵器の保有は“割に合う”か――軍事評論家・岡部いさく氏に聞く 週刊ダイヤモンド6月21日号特集「自衛隊と軍事ビジネスの秘密」より特別公開|『週刊ダイヤモンド』特別レポート|ダイヤモンド・オンライン軍事といえども、経済合理性を抜きにしては成り立たない。逆に、戦略や兵器の特質を無視して、経済合理性だけから軍事を語るのも無意味だ。空母や原子力潜水艦、核兵器の保有は日本にとって“割に合う”のか。防衛装備の“選択と集中”を考える上で、重要なのは何か。武器輸出三原則の見直しは何をもたらすのか。軍事の専門家に聞いた。(聞き手/週刊ダイヤモンド編集部 河野拓郎)

製薬会社が「病」をつくり出し治療薬を売りさばく-論文捏造問題の背景にある肥大化したクスリ産業の闇–[橘玲の世界投資見聞録]|橘玲の世界投資見聞録 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

 だが薬の特許には期限があり、それが切れたものは他の製薬会社が同じ成分の薬を製造・販売できる。これが後発医薬品(ジェネリック医薬品)で、ノバルティスのような研究開発型の大手製薬会社は常に新製品を市場に投入していかないと利益を維持できないのだ。

 このようにして製薬会社は、開発できない新薬を無理矢理開発するという歪んだインセンティブを持つようになる。こうした弊害がきわめて大きいのが精神病(心の病)の治療薬だ。ここでは精神医学の実態を取材したアメリカ人ジャーナリスト、イーサン・ウォッターズの『クレイジー・ライク・アメリカ』(紀伊国屋書店)に拠りながら、なぜ日本でうつ病が急増したのかを見ていこう。

 こうした啓発戦略はマスコミの目の引き、雑誌や新聞・テレビなどでビジネスマンや女性の軽うつが「病気」として取り上げられることが増えてきた。90年代の日本で急速にうつについての「グローバルな理解」が広まったのは、長引く不況によって個人も国家も自信を失っているという背景があった。そしてなにより、日本人に「うつ」という病気の存在を知らしめたのは皇太子妃をめぐる報道だった。

 かつて日本にはアメリカのようなうつ病はなく、抗うつ病の市場もないとされていた。ところがGSKがパキシルを売り出してわずか数年で、忽然とメガマーケットが出現したのだ。

 その結果、日本で「うつ病」と診断されるひとが急増する。しかしこれは、日本だけの現象ではない。

 世界でもっともうつ病の多い国は北欧のスウェーデンで、長く厳しい冬のせいだとされていたが、実はスウェーデンはアメリカ以上に抗うつ剤の処方量の多い国だ。抗うつ剤が普及するとうつ病が増える現象は、イギリスやカナダ、オーストラリアでも確認されており、逆に治験の厳しさでSSRIの承認が遅れたドイツやイタリアではうつ病の罹患率も低い(冨高辰一郎『なぜうつ病の人が増えたのか』幻冬舎ルネッサンス新書)。

 製薬会社はまず「こころの病」をつくりだし、それから病気を治療する薬を大々的に販売するのだ。

 うつ病がセロトニン不足によるものだという学説は、自殺者の脳やうつ病患者の髄液中にセロトニンレベルの低下が見られた、という1950年代の発見に依拠している。ところがその後、より感度の高い装置と測定法を使った追試では逆の結果が示され、1970年頃には発見者自身がセロトニンの減少とうつ病に関連性はないと認めてしまった。いまではアメリカ精神医学協会が出版した『臨床精神医学』にも、セロトニン仮説は裏づけられていないと記されている。

 このようにSSRIは「奇跡の薬」でもなんでもなく、その効果は贔屓目に見ても、従来の三環系抗うつ剤と同じようなものだ。ただSSRIには、ひとつだけ大きな魅力がある。既存の抗うつ剤に比べて薬価がとんでもなく高いのだ。

 近代医学が人類の幸福や社会の厚生に大きな貢献をしたことは間違いない。しかしいまやクスリのマーケットはあまりにも巨大になりすぎて、製薬会社も研究者もコントロールすることが難しくなっている。

 日本における昨今の論文捏造問題は、こうした現状の氷山の一角ということなのだろう。

虫歯は治せば治すほど老後がつらい:日経ビジネスオンライン加藤:そこが日本の歯科医療の問題なんです。歯科医師は削って詰めて、患者さんはお金を払う。「ドリル、フィル、ビル(Drill, Fill, Bill)」という構造が出来上がっています。
加藤:バイオフィルムは、歯石の表面に固着するものです。歯科医の言う「定期的にクリーニングしましょう」というのは、「バイオフィルムを除去しましょう」という意味です。

コメントを残す