今日のリンク

WordPressをカスタマイズするなら絶対覚えておきたい条件分岐やカスタム投稿タイプなどいろいろ
WordPressテーマの作り方
WordPressのカスタム投稿タイプを企業サイトに使う場合の(超個人的)決定版 – エクスト スタッフブログ
WordPressのカスタム投稿(ポスト)タイプを作成するまでの手順リスト – かちびと.net
WordPress3.0のカスタム投稿タイプを、実案件を想定して実践してみる | カテゴリー: WordPress | 作業メモ
カスタム投稿タイプを固定ページとして利用する | Cat Speak

ビットコインが「終了」の危機に瀕している ひとりの山師のハッシュレートが51%を超えたため今回、問題にされているジー・ハッシュ・アイオーは「うちはそんなイカサマはやらない」と言っていますが、こればっかりは後にならないと不純なニセ通貨が混入されたかどうかはわからないと思います。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  妊娠糖尿病と糖質制限食。宗田先生からコメント。江部先生のブログを見て、来院される方がたくさんおられます。糖尿病妊娠で中絶をすすめられたり、分食でうまくいかないことやインスリンが増える一方だったりとかひどい現状なのですが、糖質をやめたら何も起こらず、しかも、みなさんが、なんのことなく順調にお産の日を迎えています。】

「日本らしくない」初戦はメンタルも一因?崖っぷちの日本代表は残り2戦で輝きを取り戻せるか|SPORTS セカンド・オピニオン|ダイヤモンド・オンライン

 屈強な相手の守りを崩すには、DFラインの裏への飛び出しが有効だが、それもできなかった。試みてはいたもののボールの出し手がパスミスを連発。ボールを奪われ逆襲を食らうことが多かった。DFもそれが怖いのか、本来は高い位置に置くラインが下がり、決定的なシーンを何度もつくられた。前半は本田のゴールでリードして折り返したが、優位性はまったく感じられず、ハラハラし通しだったのもそのせいだ。加えて選手は体が重そうで動きにキレがなかったし表情にも鋭さが感じられず、逆転された後もなんとかして取り返そうという闘志が伝わってこなかった。

 そして日本代表がやろうとしたスタイルを封じたコートジボワールも見事だったといえる。アフリカの選手は身体能力はあっても戦術面がアバウトというイメージがあったが、この試合のコートジボワールは意思統一され、日本代表のストロングポイントを消す戦い方をしていた。ビデオを見て対策を考えたのだろう。中盤でプレッシャーをかけられボールを奪われるのを防ぐため、後方にボールを預ける選手を置くといった対処をしていた。また、欧州で活躍する岡崎と香川をマークしていたらしく、彼らを守備で働かせることで攻撃に専念できないようにしていた。戦術的にも一枚上手だったのだ。

 コートジボワール戦では固く行こうという意識がチームの歯車を狂わせた。ギリシャに勝つにはこれまでやってきたスタイルを貫くことで、短時間で切り替えるには開き直るしかないだろう。失点しても、それ以上の得点を取ればいいという気持ちを持つことだ。

コメントを残す