今日のリンク

国際的なボットネットのテイクダウン作戦 インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使用されているとみられる不正プログラム「Game Over Zeus」が世界的に蔓延していることから、今般、米国連邦捜査局(FBI)及び欧州刑事警察機構(ユーロポール)が中心となり、我が国警察を含む協力国の法執行機関が連携し、当該不正プログラムのネットワークを崩壊させる(ボットネットのテイクダウン)作戦を決行している。
本作戦は、関連サーバを押収し、当該ネットワークの管理者を起訴するとともに、より多くの感染端末を特定し、プロバイダ等を通じて感染端末の利用者に対して不正プログラムの駆除を促すことにより、感染端末を減少させることとしている。
GameOver Zeusボットネット摘発作戦、発動せり – FBI、ユーロポール、警察庁、多数の民間企業が参加 (マイナビニュース) – Yahoo!ニュースこの作戦は、米国連邦捜査局(FBI)や欧州刑事警察機構(ユーロポール)、日本の警察庁も加わる国際的なものだ。民間企業からも、マイクロソフト、シマンテック、トレンドマイクロなど、複数の企業が協力している。

WordPress 直感的に投稿記事の並び順を変更するプラグインを公開しました Intuitive Custom Post Order | hijiriworld Web
WordPressのカスタム投稿タイプの使い方が初心者でも超わかる記事10選 | ネタワン
カスタム投稿タイプとカスタムフィールドを一元管理したいなら「Types」プラグインが便利(1)カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー

新しい創傷治療:更新履歴

 「日本サッカー選手の食事」というメールです。
 昨夕偶然TVで、日本サッカー選手の栄養士が出ていました。ナント炭水化物を60%と言うメニューのコメントに思わず反応してしまいました。まあ~オリンピックの沙羅ちゃんと同じと感じました。矢張り後半動けない~凹
 炭水化物60%では勝てません。多くの糖質OFF食のアスリート達の投稿には納得です。
 私の知り合いのスポーツ・エアロビをしている女性(全国大会レベルらしい)は糖質ほぼゼロ生活をしていますが,糖質を食べていた頃よりスタミナ切れにならなくなったそうで,試合の合間にアーモンドを数粒食べるだけだそうです。「米の飯なんぞ食っていたら,スタミナが持たん! 米の飯食うてるスポーツ選手はアホや」と関西弁でまくしたててくれます。

サッカーの食事|選手・指導者向け情報|メディカルインフォメーション|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会

1)食事の基本は『栄養フルコース型』

「栄養フルコース型」の基本メニュー例 バランスのよい食事とは、図のような『栄養フルコース型』の食事のことです。これは食卓に、①主食、②おかず、③野菜、④果物、⑤乳製品の5つを毎食そろえることがポイントになります。小学校時代の給食を思い出してみましょう。給食はとてもバランスがよいメニューだったのです。

『栄養フルコース型』の基本メニュー例①主食には栄養素として糖質が多く含まれるので、脳と筋肉のエネルギー源が確保できます。毎日の勉強のためにもしっかり食べましょう。②おかずと⑤乳製品にはタンパク質、カルシウム、鉄が豊富に含まれていますので、筋肉、骨格、血液などのカラダづくりに役立ちます。育ち盛りには特に重要です。そして、③野菜と④果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれ、コンディションを整えるのに役立ちます。これらが不足すると、疲労が蓄積してオーバートレーニングのようになることもありますから、好き嫌いせずに食べるようにしましょう。

犯人はこれか?

日本、黒星発進 「魔の4分間」はなぜ起きた  :日本経済新聞 ブラジル特有の高温多湿、そして雨……。いろんな条件があったからだろうが、日本代表はコンディションがあまりフィットしていなかった感じだ。みんな体が重そうで、Y・トゥーレら世界的なプレーヤーのそろった強豪国に対し、スピードや運動量で勝負しなければいけなかったのに、そういった面のフィジカルの強みを発揮できなかった。

アレルギーの原因は糖質にあり – たがしゅうブログ

年齢別に食物アレルギーの有病率を見た時に,

1歳が最も有病率が高いピークとなって,その後徐々に減少していく様子がわかります.

「アレルギーの原因は糖質頻回過剰摂取」という仮説で考えれば,

1歳にピークが来る理由は離乳食ではないかという考えに及びます.

要するに,もともとケトン体質であった人体に,「離乳食という糖質頻回過剰摂取の食習慣」を無理に強いてしまうために,

それに適応しきれずトラブルを起こしてしまう,

そのピークが離乳食が始まるであろう1歳前後なのではないかと思うのです.

売りに出された音楽プレーヤー販売の韓国アイリバー、SKテレコムと日本企業が買収に興味《趙 章恩「Korea on the Web」》

割高なキャリアプランに対して2台目スマートフォンを賢く使う方法《伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」》 インフラが整い、通信環境が良くなり、スマートフォンやタブレットの種類も充実するなか、料金面の通信各社の施策は、ユーザーに厳しいものとなっています。ただ、料金面を考慮するのであれば、ユーザーにも自衛の手段はあります。スマートフォンを2台で運用して、2台目をMVNOサービスの月額料金の安いプランを選択しネット専用の端末にすることです。通信速度など、制限は多くなりますが、月額料金の負担を大幅に減らすことができます。
Xperia Zに、MVNOサービスのSIMを挿すと、テザリングができません。ドコモ端末の多くは、ドコモ以外のSIMカードでテザリングができないようにロックがかかっています。ちなみに、このXperia Zは、ドコモショップで、ロック解除してSIMフリーになっていますが、テザリングのロックは外れませんでした。
MVNOサービスでテザリングを利用するには、SIMフリー端末がお薦めです。ここでは、SIMフリー版のiPhone 4を使ってみます。SIMフリー版のiPhone 4に「楽天ブロードバンドエントリープラン」を挿してみます。
 端末2台の確保、通信設定、MVNOサービスの契約と手間はかかりますが、1台で維持費が8000円近くかかるより、2台で2000円以下に収まるメリットは大きいと思われます。通信会社のお仕着せのプランではなく、ユーザーが自分の環境に合った利用をできるのが、スマートフォン活用のメリットです。是非、工夫してくださいね。

将棋電王戦はソフトが圧勝、人間が勝つには?:人間に配慮したルールでもプロ棋士は1勝止まり《ニューストレンド》 第2回電王戦で負け越していたので、第3回はプロ棋士が勝ち越さなくてはならないと思っていました。勝率の高い若手を抜擢するなど、勝てる人選をしたつもりでしたが、1年で将棋ソフトの方も想像以上に強くなっていました。

ウーバーとグーグルが生み出す「ロボ・タクシー」、思いもよらない利用方法も《瀧口範子「シリコンバレー通信」》

 グーグル・ベンチャーズは、ウーバーに投資するベンチャー・キャピタル会社の1つ。いずれ量産されることになれば、ウーバーに多数のグーグル自走車をリースすることだろう。ウーバーの最高経営責任者(CEO)のトラビス・カラニック氏も、「自走車が出てくれば、ウーバーのサービスはもっと安くなって、自家用車なんて不要になるはず」とツイートしている。自家用車ばかりか、ウーバーのタクシーのドライバーも不要になって職を失うということだ。

 ウーバーによって職を失うことになるかもしれないのは、配送サービスのドライバーたちも同様だ。既にウーバーは、個人タクシーを呼ぶ仕組みを利用して自転車で荷物を配送するサービスを提供している。現在はニューヨークだけに限定しているものの、この「UberRUSH」というサービスが世界の都市に広まって、バイクや自動車を使うサービスに進化してもおかしくはない。急に必要になった書類、今すぐ届けたい商品見本などを、UberRUSHで送ることが可能だ。

 それが、いずれロボ・タクシーになる可能性もあるだろう。スマートフォンで呼び出し、やってきたロボ・タクシーのドアを開けて小包を載せ、再びスマホで出発ボタンを押す。ロボ・タクシーは目的地へ向かい、到着すると相手のスマートフォンに音を出して知らせたりするのだろう。

 ところで、こういう時代になると危惧すべきことも出てくる。

 例えば、ロボ・タクシーによる爆発物の運搬をどう防ぐかだ。今でも突入してくる自動車爆弾を防ぐために、政府の施設などにはバリケードが設けられている。しかし、ロボ・タクシーの時代になると、まるでオンラインショッピングで購入ボタンをクリックするかのように、簡単に相手にモノを届けることができる。その“お届けもの”が爆弾で、相手先に到着するやいなや爆発するようプログラムされることも十分あり得る。けっこう怖いことだ。

 また、不正アクセスによってロボ・タクシーが乗っ取られることはないのだろうか。自走車とはいえ、頭脳はコンピュータだ。ロボ・タクシーに乗ってくつろいで読書していたら、到着したのはまったく知らない場所だった、などということもあるかもしれない。誘拐に利用されたら大変なことになる。

 シリコンバレーは、「そんなバカな」と笑っていたことが、数年後には普通のことになっていたりする場所。ロボ・タクシーも、あっという間に日常的な風景になっているかもしれない。そして、思いもよらない様々な利用方法が出てくる。だが、課題はまだまだ山積みだ。

警察官襲い無線機強奪…車の窓越しにわし掴み、男女が逃走 東大阪 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 15日午前9時5分ごろ、大阪府東大阪市吉田の府道で、路上に止めてあった乗用車を調べていた府警河内署の男性巡査(26)が、車に乗り込んだ男女に無線機を奪われた。巡査にけがはなかった。男女はそのまま車で逃走。同署は強盗と公務執行妨害容疑で捜査している。無線機は遠隔操作で使用できないようになっており、悪用されるおそれはないとしている。

 同署によると、後部座席に乗りこんだ男が職務質問しようした巡査の腰にあった無線機をドア越しにつかみ取ると、運転席の女に「車を出せ」と指示。無線機は巡査のベルトとひもでつながっていたが、車が発進して引きちぎられた。

巧妙化する標的型攻撃メール、事例で知るその手口 – 第1回 分析が暴いた標的型攻撃メールの特性:ITpro 一方で、Fromメールアドレスに着目してみると、差出人表示や件名、本文内の署名などで詐称している組織とは関係のないドメインを使用している例が多数であった(図2)。この結果から、次のような点に留意することで、一般利用者でも標的型攻撃メールに気付きやすくなると思われる。
 実行ファイルは、たとえ脆弱性対策がなされていても、ウイルス感染を引き起こすものであり、実行ファイルを誤って開かないよう、慎重を期すべきである。

元ホワイトハウスのセキュリティ責任者が明かすサイバーアタック最前線の攻防と苦悩|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン

「ハッカーに侵入された企業は、侵入されたことすら分かっていない」。昨年、世界を騒がせたスノーデン事件や、今年、米国司法省によって米国企業をサイバーアタックしたとして中国軍関係者5人が起訴された事件など、サイバーセキュリティがらみの大事件が後を絶たない。日々新しいハッキング手口が誕生し、侵入されていることすら気づかない被害者たち。ホワイトハウスでサイバーセキュリティを担当してきたハワード・A・シュミット氏に、なんとも悩ましいサイバーアタック最前線の攻防を聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集部 原英次郎、津本朋子)

 犯罪者たちの活動の温床はたくさんある。たとえば、アクセスを許可するために使われているユーザーIDとパスワード。あんなものは何年も前に使用するのを止めているべきものだが、いまだに代わりになるものがないために世界中で使い続けてられており、ハッカーたちの格好のターゲットとなっている。

 また、ソフトウェアの開発者側の問題もある。2000年頃から後は、技術者がよりセキュアなコードで開発しようと努力はしているものの、中には急いで発売することを優先し、セキュリティ対策がおざなりな会社もある。また、エンドユーザー側の問題も大きい。古典的だが、メールに添付されるマルウェア(侵入や攻撃をする、悪意のあるソフトウェア)が、いまだに猛威を振るっているのだ。「クリックしてはいけない」ということはもはや常識だが、それでも相変わらず、クリックする人が後を絶たない。

 ある国の銀行がサイバーアタックを受けたとして、信頼できる国には情報を開示するけれど、そうでない国には黙っている、といったことだ。また、最近起きた、中国軍関係者5人を米国が起訴した事件では、国が支援しているハッカーという大問題を浮き彫りにした。現在、27~29ヵ国がサイバーコマンド、つまりサイバー戦を担当する軍組織を持っていると言われている。こうなれば、もはや軍vs軍の争いということになる。こうした事件は、逮捕することも難しい。今後、次々と似たような事件が起きる可能性があるだろう。

 その通りだが、そもそも10年前と今とでは、「セキュリティ」の定義が様変わりしている。かつては「スパイウェア対策」「アンチウイルス」などの商品が出回っていたが、今では、それらはITインフラの一部として認識されるようになった。顧客情報の保護についても、もはやビジネスプロセスの一部として捉えられる時代で、セキュリティの領域ではなくなった。

 そして何より、企業のトップがしっかりとした意識を持つべきだ。サイバーセキュリティは、IT部門だけが取り組むべき問題ではないのだ。全従業員のすべき仕事であって、会社のデータを守るために全社を挙げた、包括的な取り組みをしない限りは防げないものだ。

ノートPCの充電も安心、クラス最大級の大容量バッテリー「MobilePowerBank 31200」「MobilePowerBank 52800」

wordpressで非公開コミュニティサイトを作る(2)ユーザーレベルで表示内容を変更+plugin“Category Access” – atl*weblog

コメントを残す