今日のリンク

軍事用ドローンに対する数々の誤解。世界中のテロ、ゲリラ戦の本質を見抜くには(BUSINESS INSIDER JAPAN) – Yahoo!ニュース軍事用ドローンの進化はもともと「操縦者が死なない」ための無人化が出発点だったが、将来はさらに進んで、「人が介在しない戦争」になっていく可能性を秘めている。実現すれば、まさに戦争の世界のゲームチェンジャーとなるだろう。


異例の法案可決、英で12月総選挙 最大野党が一転賛成(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 英国の議会下院(定数650)は29日夜(日本時間30日朝)、12月12日に総選挙を実施する法案を可決した。28日に欧州連合(EU)からの離脱を実現するためとジョンソン政権が出した解散総選挙を求める動議を否決したばかりだったが、総選挙に反対してきた最大野党の労働党が実施法案に一転、賛成に回った。

緒方貞子さん死去 元国連難民高等弁務官、92歳(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 国連難民高等弁務官や国際協力機構(JICA)理事長として活躍した緒方貞子(おがた・さだこ)さんが死去したことが分かった。92歳だった。葬儀は29日午後、東京都内の教会で営まれた。
(追悼)緒方貞子さんに見る「文系博士人材」の可能性 (1/2)1●「プロが必要だ、キャッチフレーズは役にたたない」と緒方さんは言った
2●緒方さんの博士論文は満州事変の政治分析
3●イデオロギーの対立は、多面的に多面的に現実を描くことでしか乗り越えられない
4●単に戦前の日本に単に「反省しろ」という視座からは、米中対立も北朝鮮問題も解決できない

「彼女は、チェ・ゲバラよりすごい」――コスタリカの法律を変えた車いすの女性と日本人 – Yahoo!ニュースこれは、海を越えて一国の法制度を変えた人たちの物語である。3年前、中米コスタリカにできた「障がい者自立促進法(自立法)」。制定を主導したのは、車いすを手放せないウェンディ・バランテスさん(45)たちだ。そして、ひょんなことからコスタリカに関わるようになった日本人の障がい当事者や支援者たちが後押しした。「障がい者は家族と暮らすのが一番安全」と考えていたウェンディさんは10年前に来日した際、同じ筋ジストロフィーの患者らが家を出て、一人で暮らしているのを見て、衝撃を受けたのだという。(文・写真:柴田大輔/Yahoo!ニュース 特集編集部)

ドコモ、「FOMA」「iモード」を2026年3月末に終了(Impress Watch) – Yahoo!ニュース NTTドコモの第3世代(3G)通信方式の「FOMA」と、フィーチャーフォン向けの通信サービス「iモード」が、2026年3月31日にサービスを終了する。

「緑のダム」はムダ? それとも……最新科学から考える森林の治水機能(田中淳夫) – 個人 – Yahoo!ニュース 結論としては、「緑のダム」を軽んじてはいけないが、同時に万能でもないし、また人が手を加えて機能を強化することなど無理だということだろう。ただし「緑のダム」を壊すのは、ある意味たやすい。人は、長い年月をかけて築き上げてきた森林と土壌の相互作用をなるべく壊さないようにするべきだろう。

フェイスブック、動画加工で顔認証を騙すAI技術を開発 – Engadget 日本版このシステムでは撮影済みの動画だけでなくライブ動画でも、AI学習による対立的自動エンコーダーで人の顔をわずかに歪ませます。これにより、自然な見た目を保ちながら顔認証システムを騙すことができるのです。

ワールドシリーズで如実に表れた米国の"野球離れ"。メディアも非情の無視…国民の興味が希薄になるワケ | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)「長すぎる」試合時間。「ワールドシリーズ」の名称にも疑問符

「人類の起源は20万年前のアフリカ南部に広がる湿地にあった」という研究報告 – GIGAZINE「人類共通の祖先である『ミトコンドリア・イブ』は12~20万年前のアフリカ大陸に住んでいた」というアフリカ単一起源説が、現代の人類学における主流学説となっています。そんな人類の起源を、ゲノムの解析と現地調査によってより具体的な地域に絞り、「現代人の祖先はアフリカ南部にかつて存在していた広大な湿地に住んでいた」と主張する研究論文が発表されました。

「お酒で脳が萎縮する」のではなく「脳が小さいとお酒を飲む」という可能性が示される – GIGAZINEお酒を飲むことと脳の萎縮との間に関係があることは、過去の研究でたびたび示されてきました。しかし、新たな研究では、「お酒を飲むから脳が萎縮する」のではなく、「脳のある部位が小さいからお酒を飲むようになる」という、これまでとは逆の因果関係が示唆されています。

コメントを残す