今日のリンク

浸水想定区域外で被害 避難所や市役所、死者も(共同通信) – Yahoo!ニュース 台風21号と低気圧の影響で関東から東北にかけて降った記録的な大雨による河川の氾濫で、自治体が作成したハザードマップの浸水想定区域外で被害が起きていたことが28日、各自治体への取材で分かった。避難所となっていた公民館や市役所庁舎が浸水しただけでなく、道路で死者も出た。専門家は「ハザードマップは安全確保の最低限の手掛かりにすぎない」として注意を呼び掛けている。


ヘイトに刑事罰、国内初の条例案はどうなる? 専門家が要請書を提出(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース日本には2016年に成立した「ヘイトスピーチ対策法」があるものの、理念法であるために罰則規定はない。そのため、川崎市の条例が成立すると、全国で初めての事例となる。

脱税にやらせ…芸能事務所やテレビ局が抱えるモラル・ハザード (1/2)さすがに「番組の信用を傷つける行為」とテレビ朝日の塚原浩常務も御立腹だったが、番組のチェック体制が一体どうなっていたのか今後、大きな問題になっていきそうだ。

「入場料を取る書店」がまさかの大流行した理由 | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準今まで販売活動のためにタダで提供していたものの価値を高めたうえで、価格を付けることで、本当にその価値を必要とする顧客が集まってくるのだ。

数百万人の子どもの目と命を救ったはずの遺伝子組み換え作物「ゴールデンライス」は規制が原因で広まっていない – GIGAZINEカルタヘナ議定書は、2003年より発効された、生物多様性に悪影響を及ぼすおそれのある遺伝子組み換え生物の管理・輸出入・使用に関する国際条約です。レジス氏によると、カルタヘナ議定書には、「バイオテクノロジーによる製品が人間の健康や環境に危険をもたらす『可能性がある』場合、規制を講じるべき」という内容があるとのこと。レジス氏は、ゴールデンライスがカルタヘナ議定書によって「無罪だと証明されるまでは有罪」と扱われるようになったと語っています。

コメントを残す