今日のリンク

韓国で「反日は迷信だ」と訴える韓国人学者の本が売れている「反日一色」に染まったかに見える韓国で、話題になっている一冊の書籍があるという。『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)の著書がある韓国人作家・崔碩栄氏が解説する。
「本の題名は『反日種族主義』といいます。反日種族主義とは、反日を掲げなければ生きて行けない今の韓国社会を批判的に表現したものです。徴用工や慰安婦などの歴史問題で、これまで韓国で常識とされてきたことを全部ひっくり返すような内容で、非常に面白い。この本で、著者の李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学名誉教授らは、史料などを実証的に用い、韓国における『反日』を迷信や神話の類だと指摘したのです」(崔氏、以下同)


— 浴槽用浮き輪による溺水|子供の安全研究グループ上記事例以外にもいくつかの死亡事故があり、国民生活センターで詳細調査が行なわれ、その結果として2007年11月に同センターよりインタネットにより詳細な報告がなされました。(http://www.kokusen.go.jp/kiken/pdf/280dl_kiken.pdf)
この報告では、浴槽用浮き輪を使うことの危険性を指摘し、その上で「目を離さないで」という呼びかけを行い、また関連業界に対して安全対策に関する要望がなされています。
 しかしながらその後も浴槽で浮き輪による傷害事故が発生しており、また同種の浮き輪が「浴槽では使わないで下さい」と表示した上で今も販売されています(ネットを“足を入れるタイプの浮き輪”で検索した結果、2018年5月5日)。

フィッチとS&Pがアルゼンチンを相次ぎ格下げ-デフォルト懸念(Bloomberg) – Yahoo!ニュース(ブルームバーグ): 大手格付け会社3社のうち2社が16日、既にジャンク級(投機的水準)にあったアルゼンチンの信用格付けをさらに引き下げた。11日に実施された同国大統領選挙予備選でポピュリスト政策を掲げる野党候補が地滑り的勝利を収めたのを受け、市場は同国のデフォルト(債務不履行)の可能性に備えている。

19年上半期 冷凍野菜輸入 最多ペース 53万トン 業務、家庭向けで定着(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース 2019年上半期(1~6月)の冷凍野菜の輸入量が52万6178トンとなり、過去最多だった前年の同時期を3%上回ったことが財務省の貿易統計で分かった。国産の生鮮原料野菜は、品薄高だった前年より価格が下がったものの、安定供給に強みのある輸入の冷凍品の増加が続いている。業界関係者は「業務向け、家庭向けともに輸入品の需要が定着している」とみる。国内産地にとって冷凍加工向けの原料供給を強めることが急務で、生産基盤の強化に向けた政策支援も重要になる。

夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース設備の老朽化で稼働率低下、原料調達厳しく
 夏本番となり液化炭酸ガスやドライアイスの需要期を迎えた。液炭は石油精製やアンモニア製造工程の副生ガスとして発生する二酸化炭素(CO2)を原料とするが、近年、老朽化による設備トラブルや製油所の稼働率減少で需給逼迫(ひっぱく)が慢性化している。今年は特に西日本を中心に4月から顕著になっており、液炭を一番多く使用する溶接や飲料用の影響が懸念されている。コスト高などを嫌気する需要家からは、早期解消を望む声が多い。

男子走り幅跳びで“珍事” 27年ぶり日本記録更新…も30分後にさらに更新(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 「陸上・アスリートナイトゲームズ・イン福井」(17日、福井県営陸上競技場)
 新設大会が開催され、男子走り幅跳びで城山正太郎(24)=ゼンリン=が8メートル40の日本記録を樹立した。これまでの自己記録である8メートル01を39センチ更新し、今季世界ランク2位の大記録となった。直前に日本選手権3連覇中の橋岡優輝(20)=日大=が8メートル32で指導を受ける森長正樹コーチが、1992年に出した日本記録8メートル25を27年ぶりに更新していたが、その約30分後に塗り替えられた。

政府、アフリカ諸国と「2国間委員会」 ケニアなど10カ国と 民間投資増促す(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 政府は、横浜市で28~30日に開く第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせ、ケニアやナイジェリアなど約10カ国と個別に、日系企業の進出を後押しする「2国間委員会」を初めて設立する方針だ。人口増加が著しいアフリカは「最後の巨大市場」とされるが、日系企業は中国や欧米の企業に比べて、進出が遅れている。政府主導による環境整備で、アフリカへの民間投資増を促す。

アフガン首都の結婚式場でテロか 多数が負傷、死者情報も(共同通信) – Yahoo!ニュース 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブールにある結婚式場で17日夜、爆発があり、AP通信によると多数が負傷した。式には千人以上が招かれていたとされ、複数の死者が出ているとの情報もある。大統領の報道官はツイッターで自爆テロだとの見方を示した。

【特集】1日20時間、2年間外出せず…『ゲーム依存症』患者の現実(関西テレビ) – Yahoo!ニュース

衝撃…ゴキブリ対策のカン違い。一番効く方法をプロに聞いた(女子SPA!) – Yahoo!ニュース①くん煙タイプは、現在いるものには効果があるけれど…
②粘着シートは根本的解決にならない
③超音波・電磁波は効果不明
④ハッカ ・ ハーブは置いても出てくることも
⑤毒エサ系の駆除剤がベスト
 なので、一般家庭レベルでできる対策として、まずは毒エサを、部屋・収納の四隅・家具などの隙間のほか、ゴキブリの好む電化製品のモーター部分などの暖かい場所への設置がオススメです。
ペットを飼っている人は要注意
誤解その①ゴキブリ対策グッズが、逆にGを呼び込む
誤解その②ゴキブリは大きな音に敏感
誤解その③ゴキブリは冬眠する
誤解その④エアコンから出てきた
誤解その⑤お風呂場や洗濯機などの排水口から出てきた
誤解その⑥ゴキブリが自分に向かって来た

飢餓、自殺強要、私的制裁--戦闘どころではなかった旧日本軍:日経ビジネス電子版 一方、アジア・太平洋戦争中の、戦地における兵士の実態を、数字に基づき客観的に描写したのが、吉田裕・一橋大学大学院特任教授の著書『日本軍兵士』だ。「戦闘」の場面はほとんど登場しない。描くのは、重い荷物を背負っての行軍、食料不足による栄養失調、私的制裁という暴力、兵士の逃亡・自殺・奔敵、戦争神経症に苦しむ様子--。同書の記述からは、軍が兵士をヒトとして遇そうとした跡を感じることはできない。加えて、第1次世界大戦から主流となった「総力戦」*を戦う態勢ができていなかった事実が随所に垣間見られる。
米中ソ3国と同時に戦う! また裂き状態だった旧日本軍の意思決定:日経ビジネス電子版 日本は産業力が伴わないにもかかわらず、対中戦争を戦いつつ、対米戦争に突入していった。それどころではない、ソ連を加えた3カ国と同時に戦う方針を二度までも立てようとした。その背景には、政府と陸海軍が統一戦略を立てるのを妨げる明治憲法の仕組みがあった。高橋是清はこれを是正すべく、参謀本部の 廃止を主張したが……。引き続き、吉田裕・一橋大学大学院特任教授に話を聞く
前編では、アジア・太平洋戦争中の日本軍が、その兵士をヒトとして扱っていなかった点について、伺いました。今回は、日本軍が総力戦*態勢を整えていなかった点についてお聞きします。
 食糧の調達が十分でなく、多くの餓死者が出ました。そこから容易に想像がつくように、他の軍需工業品についても、供給力が伴っていませんでした。産業に、総力戦を支える力がなかった。例として、吉田さんは軍靴に注目されています。

お台場・トライスロン会場の水質汚染。抜本的課題は、東京都の下水道システム(合流式下水道)にあるこれは一つの下水道管を設置・管理するため安価で住むというメリットがある反面、今回の事態を引き起こした大きなデメリットもあります。
通常時はもちろん、下水道管を流れてくる水は水再生センターを経由して、処理された後に海や河に放流されます。
しかしながら、豪雨の際など雨水の量が非常に大きくなり、再生センターのキャパシティを超えそうになった時は、未処理の汚水・雨水がごちゃまぜの状態で放流されてしまうということです。

メモるべきはインプットではなくアウトプット (1/2)ちなみに先ほど書いた、「取材や講演など、誰かの話を聞いている時に、相手の言ったこと=インプットではなく、それを聞いて自分が考えたこと=アウトプットを、その場でメモる」というのは、けっこう高度なビジネススキルで、このスキルもってる人は多めに見積もっても1割強しかいないっぽい。

田中角栄、宇野宗佑ほか歴代首相が頼った「最強ヤクザ」 政界の最大実力者だった田中角栄ですら、柳川を頼ったというわけだ。ちなみに、宇野にせよ、角栄にせよ、これらの工作の際には、柳川はヤクザから足を洗っていた。己のルーツたる朝鮮半島の発展に尽力していた時期である。

コメントを残す