今日のリンク

電波妨害に特殊部隊…トランプ大統領の車列34台を完全解説(1) | Smart FLASH[光文社週刊誌] 大統領専用機のエアフォースワンにちなんで、大統領専用車をキャデラックワンと呼ぶこともあるようだ。
 今回の来日の移動の際して使用した大統領専用車は、トランプビーストと呼ばれる最新の大統領専用車になる。車両の見た目はキャディラックだが、実態はトラックシャーシに分厚い特殊鋼板で架装した装甲車。
(9)米国・電子戦対応車
 ルーフに取り付けられた2個の厚いアンテナが、広帯域で電波妨害を行い、即席爆発装置(IED)による攻撃やミサイル攻撃を無力化するためのアンテナになる。
 車両後部には約1000ワットを放出できるジェネレータが搭載されているほか、ルーフのドーム状の物体は、空中目標を特定するための赤外線カメラや、狙撃兵を検出するシステムも搭載している。
 この車両が通過する際には携帯電話の電波が一時的に遮断され、ワイヤレスマイクなどの電波も使えなくなってしまう。

「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~ (光文社新書) | 清水 泰行 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazon肥満や糖尿病は、糖質が原因と認知されつつあるが、その他の多くの疾患も、元をたどれば一つの原因につながる―糖質の過剰摂取である。医療の現場ではまだ少数派の考え方だが、研究成果は世界中で報告され始めている。著者は七千を超える論文を参照しつつ、「糖質過剰症候群」という新しい概念を提唱。裏付けのある形で様々な疾患と糖質過剰摂取との関係を説く。

「がんは予防可能」を裏付ける3つの状況証拠:最新エビデンスに基づく「日本人のがん予防法」:日経Gooday(グッデイ) 実際に、私たちの研究グループが、全体の何%のがんが「喫煙」「飲酒」といった生活習慣や「ピロリ菌感染」など、現段階で原因として確立している要因によって起こったのかを明らかにした研究があります。その報告では、「男性で53%、女性で28%のがんが、生活習慣や感染などの避けられるリスクが原因で起こっていた。つまり、男性のがんの約5割、女性の約3割のがんが予防可能である」というデータが出ています(Ann Oncol.2012;23(5):1362-9.)。

価格.com – NEC LAVIE Note Standard NS150/KA 2018年夏モデル スペック・仕様

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK | 弓場 徹 |本 | 通販 | Amazon
3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド | AKIRA |本 | 通販 | Amazon
プログラムCD付き ミックスボイストレーニングで必ず歌がうまくなる本 | 弓場 徹 |本 | 通販 | Amazon
ボーカリストのための 高い声の出し方 ~ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!~ (レッスンCD付) | DAISAKU |本 | 通販 | Amazon
続きを読む 今日のリンク