今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  「世界一受けたい授業 」という番組の内容。糖新生に対する誤解あり。糖質制限食をすると糖尿病になるなんて、ありえませんよね?!
今まで見た糖質制限食批判の中で一番酷いと思いました
ゴールデンの時間帯に放送していたので
誤解される方がとっても増えたと思います。
なにか、米業界や砂糖業界からの陰謀?を感じてしまいました、、、


「初詣客、3割減覚悟」=書き入れ時に商店主ら悲鳴―惨事の影響深刻・富岡八幡宮 (時事通信) – Yahoo!ニュース 富岡八幡宮の結婚式でヘアセットや着付けを手掛ける美容室によると、事件3日後に予定通り挙式したカップルがいる一方、2月に予定していた式はキャンセルとなった。都内の結婚式場運営会社が仲介した式は事件翌日に予定されていたが、直前で中止になった。事件後は別の神社を紹介しているという。 

引っ越し解約金、大幅値上げへ…当日最大5割に (読売新聞) – Yahoo!ニュース 引っ越し当日に解約すると、現状では引っ越し料金の2割を上限としている解約金が最大5割に引き上げられる。直前に解約する人が増えており、人手不足で人件費が上昇している引っ越し業界が、解約に伴う損失を減らす狙いがある。

現金をレジで引き出せるサービス導入へ イオン(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース このサービスは「キャッシュアウト」と呼ばれ、顧客が銀行のキャッシュカードを使い、レジから引き出したお金は口座から引き落とされる仕組みです。国内で導入されるのは初めてで、来年4月にスーパー100店舗ほどでサービスを開始し、来年度中には約400の全店舗に拡大する予定です。現金引き出しの際の手数料については検討中だということです。このサービスはクレジットカードを使わない若年層や高齢者、ATMが近くにない地方在住者などに需要が高いとされ、イオンはスーパーの利便性を高めることで、売り上げにつなげたい考えです。

増税で1箱500円時代に=20年前の倍、愛煙家に痛手―たばこ (時事通信) – Yahoo!ニュース しかし、世界的に見れば日本のたばこの税や値段は高いとは言えない。EY税理士法人(同)によれば、16年に最も売れた銘柄を国際比較すると、日本は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も安い。税額もOECD平均の半分以下だ。

就活の「お祈りメール」っていつから存在してるの? 学生から人事担当者まで徹底調査してきた (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース 「お祈りメール」や「祈られた」という言葉は、不採用通知や不採用を言い表すスラングです。不採用通知の多くが、最後に「貴殿の就職活動の成功をお祈りしています」「ますますのご活躍をお祈りいたします」のような、「お祈り文」が付加されていることに由来しています。

内閣支持率3割台に下落 NNN世論調査(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュースまた森友学園への国有地売却問題をめぐり、値引きの経緯について再調査をしないなど、政府の姿勢について「納得していない」が80.7%と8割を超えた。納得しているは7.3%だった。

死早める「飲食拒否」の終末期患者、専門医の3割が診察 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 「自発的に飲食をやめる」という英語(voluntarily stopping eating and drinking)の略から「VSED」と呼ばれる。欧米では安楽死と並んで法的、倫理的な側面を含めて議論されてきた。安楽死や医師による自殺幇助(ほうじょ)が合法化されているオランダでは、2014年に王立医師会などがVSEDの患者に対するケアの指針を策定。米国看護師協会は今年、死を早める手段としてVSEDの権利があるなどとする声明を出した。一方、国内では実態がほとんどわかっておらず、同学会役員らが参加するグループが初めて調べた。

北、ネット銀利用者を攻撃 ハッカー集団、個人財産狙う (産経新聞) – Yahoo!ニュース 北朝鮮のハッカー集団が今秋ごろから、スマートフォンを使ったインターネットバンキング利用者の暗証番号などを盗む攻撃を開始したことが分かった。国際社会の対北経済制裁が一段と強化される中、金銭の窃取が目的とみられ、アジア・太平洋地域での攻撃が確認されている。欧米の捜査機関は情報を共有し、調査に乗り出した。

内戦から麻薬抗争へ、出口の見えないコロンビア (AFP=時事) – Yahoo!ニュース 麻薬カルテルにとって、トゥマコは密輸のための戦略的ルートというだけではない。この地域には、コロンビア最大のコカの栽培地があり、世界最大のコカイン生産地となっているのだ。麻薬密売経路におけるすべてのネットワークは、この場所に集中している。

最近顔が覚えられない…それ認知症のサインかも (産経新聞) – Yahoo!ニュース アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる治療薬はすでに4種類が発売されている。また、認知症予防は、薬物だけでなく、運動などライフスタイルの改善でも行える。国立長寿医療研究センター(愛知県)では、適正な強度での運動に認知機能を使う「頭の体操」を組み合わせた「コグニサイズ」という運動を提唱している。「認知(コグニション)」と「運動(エクササイズ)」を組み合わせた造語だ。
コグニサイズとは? | 国立長寿医療研究センターcogni.pdf
[パンフレット]認知症予防に向けた運動コグニサイズ

CASEC(キャセック) – TOEICスコア・英検級の目安がすぐわかる英語テスト

電子たばこで禁煙「成功率低い」 国立がん研究センターの調査で判明電子たばこを使用した人は使わなかった人と比べて、禁煙成功率が約4割低かった。

大前研一氏 日本人は「もう○歳だから」は禁句にすべき そもそも日本人は年齢についてもメンタルブロックがあり、中高年になると新しい仕事にチャレンジしない傾向が極めて強い。しかし、「もう○歳だから」は禁句にすべきだと思う。このメンタルブロックを外せば、第二、第三の仕事に挑戦できるはずだからである。

"独創的すぎる証明"「ABC予想」をその主張だけでも理解する – アジマティクスABC予想を証明した望月氏は「結果としてのABC予想の証明よりも、それに使った宇宙際タイヒミュラー理論の創始のほうが重要」ということをおっしゃているそうです。これが証明されたことにより数学はどう変わっていくのでしょうか。数学の行く末が注目されます。

ケトン食ががんを消す (光文社新書) | 古川 健司 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonがん細胞が主な栄養源としているのは、炭水化物から合成されるブドウ糖(グルコース)です。
それも、正常細胞よりも3~8倍ものブドウ糖を取り入れなければ、生命活動を維持することができません。
一方、正常細胞のほうはと言えば、ブドウ糖の供給が途絶えても、
緊急用のエネルギーを皮下脂肪から作りだすことができます。
このブドウ糖に代わる緊急用のエネルギーが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という物質です。
実は、私がタンパク質とEPAを強化した糖質制限食をがん治療の支持的療法に据えているのも、
患者さんのエネルギー産生システムを、短期的に「解糖系エンジン」から「ケトン体エンジン」へと変えるために他なりません。
それこそが、がん治療の成否を左右する重要な支持的療法になると考えたからです。

コメントを残す