今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  外食産業も、食品メーカーも、糖質制限は勢いづいています 。

ベースライン調査 重要なのは、スタート時点での現状をある程度把握し、それを第三者にも提示できる形で取りまとめておくことである。そうした整理を行っておくことにより、活動評価の恣意性や、自己満足を排除することも可能になってくる。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「糖質オフ」の波、牛丼チェーンにも!(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース 発表会では血糖値の変化を調べる実験も行われました。すき家のスタッフがおにぎり2個と野菜ジュースを食べた場合、血糖値は「107」から「194」に。一方、新商品を食べた記者の血糖値は「99」から「90」とわずかですが下がる結果に。

Amazon | シュピューラーSP170 携帯おしり洗浄器 | 排泄介助用消臭・洗浄剤ストア |介護用品・シニアサポート通販
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

他人のiPS細胞、初の移植実施 目の難病で理研など  :日本経済新聞神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市)は28日、理化学研究所と京都大学iPS細胞研究所、大阪大学と、あらかじめ他人から作って備蓄したiPS細胞を使う患者への移植を世界で初めて実施したと発表した。様々な細胞に育つiPS細胞を網膜の細胞に育て、加齢で視力が低下する難病「加齢黄斑変性」に悩む兵庫県在住の60代の男性へ同病院で移植した。備蓄細胞を使うことで治療費や治療にかかる期間を大幅に抑えられ、iPS細胞を使う再生医療の本命とされている。

【楽天市場】サラヤ ラカントS顆粒 800g:オオサキ楽天市場店
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

東証10時 下げ幅300円超、1万9000円下回る リスク回避強まる  :日本経済新聞 27日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段安。下げ幅は300円を超え、心理的な節目の1万9000円を下回っている。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台前半まで上昇しており、歩調を合わせて株式市場では主力株を中心に売り圧力が強まった。トランプ米大統領の政策の先行き不透明感などを意識して、幅広い投資家がリスク回避目的の売りを急いでいる。23日に付けた取引時間中の直近安値(1万8973円)を下回り、手じまい売りに拍車がかかった面もある。

乳製品好きは痩せている!?積極的に摂るべき高脂肪食品10 (@DIME) – Yahoo!ニュース どうして乳製品を多く消費するグループが痩せているのかについて詳しくはまだわかっておらず、今後の研究に委ねられているものの、これまで肥満の有力な“容疑者”であったバターやチーズなどの乳製品の嫌疑はひとまず晴れたといっても良さそうだ。もちろん食べ過ぎれば肥満に繋がるのは当然のこととして、今回の研究では「太るから」という理由で乳製品を断ったり控えたりする必要はないということになる。
続きを読む 今日のリンク

NP防災訓練

事前準備・新東京フォーラム炊き出し準備


棟別避難開始 ガーデンテラス集合

班編成

地震体験車

消火訓練

通報訓練

ビデオと講話

新東京フォーラム炊き出し

江東区からの記念品

今日のリンク


英語村、日常会話で実践力 五輪ボランティア活動も想定 都が概要公表 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 2020年東京五輪・パラリンピック開催を控え子供の英語力を高めようと、都が江東区での開設を計画する施設「英語村」の概要が23日、公表された。レストランなどを舞台にした日常会話や、ビジネスなどをテーマにした英語の議論を体験するプログラムを組み、子供の実践的な力を伸ばしていく。年間20万人の受け入れが可能で、平成30(2018)年9月の開業を目指す。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

豊洲移転中止は絶対あり得ない!地下水「基準」問題の真相 | 高橋洋一の俗論を撃つ! | ダイヤモンド・オンラインそれは、マスコミが報道している「基準」とは、あくまでも「環境基準」であって、「安全基準」ではないのだ。
 筆者は、この表をラジオ番組で紹介したが、一緒に出ていたアナウンサーの自宅の近くにも環境基準に適合しない汚染場所があったと驚いていた。筆者の自宅近くで開発された場所も載っており、多くの人が、身近の場所が指定されていると思う。いうまでもないが、通常は何もしなくてもいいが、問題があっても適切な対策をすれば、安全基準を満たしその地上では安全に生活もできる。
 このため、専門家が「環境基準を満たさなくても、安全基準を満たせば安全性に問題ない」と言うわけだ。
 これに対して、小池都知事は、豊洲市場は「安全」であるといいながら、「安心」でないという理由で、豊洲移転にストップをかけている。科学的な見地から「安全」であることが確保されたら、都民から「安心」を得るように努めるのは政治家の役目だろう。また、それはマスコミの責務でもあるだろう。
 もっとも、今の時点で豊洲市場はほぼ完成しているので、これ以上、コストをかける必要はない。その便益は、一定の安全基準を満たせば、少なくとも4000億円以上、普通は6000億円以上であろう。有害物質の出たとしても、コンクリートで遮蔽するなどにより、安全面で問題なくすることは今の技術で可能である。安全対策費用で6000億円を超えない限りは、サンクコスト論から、豊洲を利用するという結論である。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

東証10時 軟調 下げ幅300円超、全体の9割下落  :日本経済新聞 22日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調な展開が続いている。前日終値から320~330円安い1万9100円台前半で推移している。下値では国内投資家などの押し目買いが入るものの、東証1部全体の約9割が下げており海外投資家を中心に運用リスクを避ける売りが優勢となった。

全国の人々に問いたい。本当に豊洲市場では"不安"ですか? (1/2)しかし、これらの一つ一つの丁寧な仕事を見ても、本当に豊洲市場は信頼できないのでしょうか、安全が守られないと判断されてしまうのでしょうか。

続きを読む 今日のリンク