今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  炭水化物摂取比率が減少し、糖尿病の増加が縮小し、糖尿病予備軍は減少。こうなると、あくまでも仮説ですが、炭水化物摂取が減って脂質摂取が増えて、
糖尿病の激増に歯止めがかかったのは、
糖質制限食の影響の可能性がありえますね。(^^) 


再び不正アクセス、ポイント被害も=情報流出106件―東京ガス (時事通信) – Yahoo!ニュース 東京ガスは22日、使用料金などをインターネットで照会できるサービス「myTOKYOGAS」が不正アクセスを受け、顧客情報106件が流出した疑いがあると発表した。

ワンボックスで銃弾撃退 今どきヤクザはベンツに乗らない (日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース 乗り降りが簡単ということは危険に身をさらす時間が短くて済む。万一、襲撃を受けたときも素早くクルマに乗って身を守ることができるのだ。また、最近のヤクザは当局の締め付けでクルマを買い替えるのも一苦労。そのため故障の少ない国産車に長く乗るようになった。
 鹿島氏によると、織田代表のワンボックスカーはダイナマイトや銃弾の攻撃を警戒して防弾ガラスを使用。床と後ろのドアに鉄板を張っているという。

米大統領、水爆実験なら「大惨事」=高官も「前例ない侵略」と警告 (時事通信) – Yahoo!ニュース 一方、ソーントン米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)も22日、ニューヨークで記者会見し、水爆実験について「(実行すれば)北朝鮮による前例のない侵略行為になる」と強調。その上で、国際社会による報復を招くとけん制した。ただ、米国がどのような措置を取るかは明らかにしなかった。 

噴火可能性で9400人避難=インドネシア、警戒レベル最高に―バリ島 (時事通信) – Yahoo!ニュース【ジャカルタ時事】インドネシア国家防災庁は22日、バリ島東部アグン山(3031メートル)に噴火の可能性があるとして、これまでに付近の住民約9400人が自主避難したことを明らかにした。

メキシコ地震 もろいビル、二重欠陥 建築基準無視と行政の怠慢 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 【メキシコ市=加納宏幸】メキシコ中部の地震では首都メキシコ市を中心に老朽化した建物が多く倒壊した。地震の発生が決して少なくない土地にもかかわらず、いともたやすく崩れてしまった背景には、建築基準を無視した建て増しや行政の怠慢という二重の欠陥があったとみられる。

大規模計算、効率良く=新方式の光量子コンピューター―東大 (時事通信) – Yahoo!ニュース 光のパルスを操作して大規模な計算を効率良く高速で行う光量子コンピューター方式を考案したと、東京大の古沢明教授と武田俊太郎助教が22日、米物理学誌フィジカル・レビュー・レターズ電子版に発表した。現在の装置は大き過ぎて多数をつないで計算するのが難しいが、計算の種類を瞬時に変えて光パルスを次々に周回させることで、多数の装置に匹敵する性能を生み出すという。

<茨城女子学生殺害>周辺捜査3年 かすかな情報たどり特定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 13年前に起きた茨城大生殺害事件で、殺人などの罪で22日起訴されたランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)の周辺を、茨城県警は3年ほど前から秘密裏に捜査していた。きっかけは「関与をほのめかす外国人がいた」というかすかな情報だった。細い糸をたどるように捜査を続け、遺体に残された微物のDNAが決め手となって容疑者を特定した。【加藤栄、安味伸一】

高速バス運転手意識失い、乗客2人が停車させる (読売新聞) – Yahoo!ニュース 県警高速隊の発表によると、高速バスの運転手佐藤順さん(46)が意識を失っていたため、異変に気付いた最前列の乗客2人がバスを操作して左側の路肩に止め、「運転手が意識を失っている」と通報した。佐藤さんは心肺停止で病院に搬送され、死亡が確認された。乗客21人にけがはなかった。

BOSE、初の左右分離型イヤホン SoundSport Free発表。5時間バッテリーにIPX4の防水、10月上旬発売 – Engadget 日本版バッテリー持続時間は単体で5時間。バッテリー内蔵の専用ケースに収納することで2回分の満充電(10時間分)が行えます。

囲碁AIにも「個性」があった!プロ棋士が対局して発見 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンラインアルファ碁とDeepZenGoの3つの個性

Amazon | 炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】 植物VS.ヒトの全人類史 (光文社新書) | 夏井 睦 通販ベストセラー『炭水化物が人類を滅ぼす』の刊行から4年。
この間、糖質制限を取り巻く社会の状況は大きく変化した。
批判的な記事は数を減らし、代わってスーパーや外食チェーンには
糖質オフ商品が続々登場。今や糖質制限市場ともいうべき
巨大マーケットが形成されている。
それは何より消費者の側が、健康への効果を体感しているからだろう。
続編となる本書では、前作で未解決だったいくつかの問題を解決し、
実践者からの大規模アンケートの結果を公開。
さらに糖質セイゲニストの立場から、全生命史、全人類史を
読み直すという新たな試みに挑む。
「糖質まみれの近・現代人」による研究は、
初期人類(糖質ゼロ)の姿を見誤っている。
19世紀的知識の呪縛、シアノバクテリアの呪いから我々の脳を解き放ち、
糖質に操られ支配される生活から人生を取り戻すべく
縦横無尽に新説・仮説を展開しながら語る。

税金、食費、交際費? カロリーが消費される仕組み|食の安全|JBpress

ノンシュガー・シュガーレスとは一味違う「糖質90%オフのど飴」発売 : J-CASTトレンド 森永製菓は「糖質 90%オフのど飴」を2017年9月26日に発売する。
糖質オフ・ゼロ商品に関心が高まる中、同社では「飴」の主原料である砂糖や水あめ、糖アルコールを、水溶性食物繊維に置き換える独自技術を発明。特許技術により、糖質90%オフのハードキャンディが誕生した。

長友佑都の食事革命 | 長友佑都 |本 | 通販 | Amazonカラダが劇的に変わる! 10の食事革命
革命1 白い砂糖を断つ。
革命2 食材の数に注目する。
革命3 タンパク質補給術を考える。
革命4 油について考えてみた。
革命5 野菜の摂取量とベジブロス。
革命6 朝のスムージーで体内に活力を!
革命7-1 糖質制限食を実験してみる。
革命7-2 セミケトン食にシフトする。
革命8 主食を玄米に替える
革命9 食べる順番を考える。
革命10 ミネラルをチャージする。
さらに工夫を! カラダが快適になる、7つの食事改革
改革1 間食で摂りにくい栄養素を補給。
改革2 マヌカハニーで免疫力アップ。
改革3 油と食材選びでケガに対処。
改革4 1日1 杯の赤ワインを飲む。
改革5 心身を満足させるカレー。
改革6 味噌汁について再考する。
改革7 時差ボケに対処する食べ方。

コメントを残す